バンコクに一生住む?

タイでの生活やタイ旅行がより楽しくなるための情報を!

彼女にブログをやっていることをカミングアウトしたんですよ

time 2016/04/27

彼女にブログをやっていることをカミングアウトしたんですよ

こんばんは。昨夜は久しぶりに飲み過ぎたきーきあっです。
僕は今年の1月からブログを始めたのですが、僕がブログをやっている事は周りには話していません。自分から話したのは、日本に住んでいる親友2人と、ちょこちょここのブログにも出てくる、僕にFC2ブログからの引っ越しを勧めてくれた職場の同僚、通称ブログ大師匠の3人だけです。後は、日本の友達や今の職場の同僚には話していません。まあ言うほどのことではないと思うし、自分の文章を知っている人に読まれるのは何か恥ずかしいし。(恥ずかしがる歳でもありませんが)

という訳でひっそりとやり始めたのですが、先日ついに彼女には報告しました。何故、報告したかというと、ちょっと前にバンコク銀行という銀行で新規口座を作ったんですね。口座を作った目的は、へそくり用としてでした。まあ薄々感づいている方もいるかもしれませんが、ブログを引っ越した原因として、新しいブログでは、ちょこっと小遣い稼ぎ的なものが出来たらいいかなあって。まああくまでも「ちょこっと」なので、あまり露骨な、

「こんな商品おすすめです♪」

なんて記事ばかりとか、広告をベタベタ貼って見苦しいようなブログにするつもりはないですので、そのあたりはご安心を。

で、その口座を作った時に、うっかり彼女に話してしまったのです。へそくり用の口座なのに、何故口座の存在を明らかにしてしまったのか、自分のバカっぷりが本当に情けないです。って、別に今は一緒に生活しているわけではないので、そのへんは別に関係ないといえば関係ないのですが。

案の定、彼女は、

「なんで新しい口座なんか作ったの?あなたはタイの銀行の口座を持っているでしょ?それに2人共通名義の口座だって作ったじゃない?

と質問してきました。彼女の疑問はごもっともです。僕が勤めている会社の給料が入る口座として、カシコン銀行の口座を持っています。それに彼女と付き合い始めて少し経ってから、彼女からの提案で、2人の名前の銀行口座を作ったんです。これは2人の将来のために貯金をする口座です。とりあえずの目標は、2人が結婚するために必要な、彼女のお母さんに渡す結納金を貯めることです。
普通タイでは、男性がそのお金を彼女のお母さんに渡すのですが、それを彼女と一緒に貯めるという、この甲斐性のなさ。しかもそのお金を2人で貯めているのを知った彼女のお母さんから、

「そんなお金なんていらないから、早く2人は結婚しなさい」

と言われてしまう、この情けなさ。まあそうはいっても、いずれにしても2人の将来のために月々ちゃんと貯金をしています。そのお蔭で、今までは宵越しの銭は持たないという、気持ちだけは江戸っ子(実際はハマっ子)の僕が、現地採用の安い給料にもかかわらず、この1年ちょっとでそこそこのお金が貯まったりしています。まあ半分は彼女が貯めたお金ですが。

・・・と話はそれましたが、2つも銀行口座を持っている僕が、何故3つ目の口座を作ったのかを尋ねられました。
ここまで来たら、正直に答えるしかないと思い、

「実はインターネットを使って、副業をしようと思ってるんだ。そのための口座だよ。」

と彼女に説明しました。すると、彼女の興味は口座よりもその「副業」へ移りました。僕は拙い英語ながら、ブログの話とその仕組みについて説明しました。

彼女は、

「副業なんてすごいじゃない!とてもいい事じゃない!」

と、何故かテンションが上がってしまいました。
僕の彼女は25歳の時に独立して自分で商売をやっています。以来14年間しっかりと続けているんです。そんな彼女は仕事、商売が大好きなんです。別にお金が好きって訳ではないんです。仕事、商売が好きなんです。一緒にご飯を食べたり、また旅行に行ったりしたときに、新しい商売のアイディアなんかを思いついたりするようで、
「こういうものを売ったら、売れるかなあ?」
とか聞いてきたりします。そんな彼女に、僕がちょろっと「新しいビジネスが~」なんて言ってしまったものだから、もう大変です。

彼女はノリノリで、「私も出来ることがあったら協力するので、何でも言ってね!」
なんて言いながら、ご機嫌になっています。慌てて、そんな大きな収入なんか入らないし、そもそもすぐに収入が入るようなものじゃないんだよと説明しました。彼女は金額はどうでもよいようで、そういう事を僕が始めるというのが嬉しかったようです。

以来、事あるごとに、

「ブログはどう?準備は進んでるの?」

とか、

「こういうところに出かけたら、ブログのネタになるんじゃない?」

とか、僕のブログに興味ありありな様子でした。どうやら本当に協力する気満々のようです。つい先日も、一緒にご飯を食べたのですが、食べ終わってから、突然、

「あー!ブログに載せる写真撮り忘れたじゃない!それなのにもう食べちゃった!」

と1人落ち込んでいるんです。ちなみに食事はサイアムパラゴンというデパートのフードコートです。さほどブログのネタになるようなものは食べていませんでした。むしろこのメニューで話を膨らますほうが難しいわってくらい。

そんな彼女の全面協力のもと、このブログは成り立っております。また、彼女からは
「今日はブログ更新したの?」
と聞かれる事も多いです。そのおかげで更新頻度が下がる事もなさそうです。
ちなみに彼女は顔出しNGだそうです。そこは協力しないのね。

それではまたまた。

down

コメントする




きーきあっ

きーきあっ

美味しいもの、一人旅、野球、サッカー、数少ない友達、タイ人嫁、 それさえあれば生きていけます。

広告

スポンサードリンク

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031