バンコクに一生住む?

タイでの生活やタイ旅行がより楽しくなるための情報を!

ナンリンチー通りにある【Eats Payao Bistro & Bar】でちょっと変わったカオソーイを食べてきた!

time 2017/11/06

ナンリンチー通りにある【Eats Payao Bistro & Bar】でちょっと変わったカオソーイを食べてきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Eats Payao Bistro & Bar】

です!

この店のすぐ近くにあるマレーシア料理の店には行った時に存在を知り、ずっと行きたかったのですが、ようやく今回行くことができました。

ちなみにマレーシア料理の店の記事はこちらからどうぞ。

ナンリンチー通りにあるマレーシア料理屋【168 Malaysia】で激安麻婆麺を食べてきた!
どうも、きーきあっです。僕と嫁の日曜の朝はジョギングから始まります。本当のことを言えば、ジョギングと言う名の散歩です。またその目的は良さげな店を探すことでもあります。そんな中で、ある日の日曜も家を出てひたすら歩き続けたところ、とても良さげな、とい...

 

それでは早速紹介しますね!



アクセス

場所はバンコクのナンリンチー通り。と言ってもピンと来ない方が多いと思います。

BTSサラデーン駅からだと歩いて35分くらい。BTSチョンノンシー駅からでも同じくらいの時間がかかります。

バスだとラマ4世通りを走る62番のバスが、この通りを走ります。

地図を載せておきますね。

ちなみにお店はこちら。

店内の様子

こちら店内の様子。店自体はこじんまりとした感じです。店内に飾られている絵画は値段がついていて、購入可能なようです。

天井にはこんな傘も。

こちらがメニューです。英語とタイ語表記、写真もありです。

とりあえずということでシンハービールを注文。注文を受けてくれたのですが、店にはなかったようで、店員さんがどこかに取りに(買いに?)行ってました。

そのせいなのか、値段は大瓶で140バーツ(約420円)と、ややお高め。

こちらカオソーイ。ビーフとチキンがありましたが、チキンを選択しました。値段は90バーツ(約270円)です。

カオソーイには欠かせないこちらの薬味もしっかりとあります。

こちらは嫁が注文した「KHAO MUM EATS PAYAO」です。値段は150バーツ(約450円)です。

ご飯の上に目玉焼き、周りにはフライドチキンやナッツ、小魚を揚げたものなどが載っており、パヤオ地方の名物料理というわけではなく、どうやらこちらの店のオリジナルメニューのようです。

先ほどの料理を平らげた後、テンションが上がり、こちらも注文してしまいました。

こちらは珍しいカオソーイヘーンという汁なしカオソーイです。170バーツ(約510円)とちょっとお高め。

カレー味のパスタに近い感覚です。

ついでにもう1品。こちらはカイ・パームという料理。

バナナの葉で作った器に卵と唐辛子、玉ねぎを入れて焼いたものです。値段は70バーツ(約210円)です。

一見グラタンとか茶碗蒸しのように見えますが、オムレツに近い感じです。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

カオソーイは普通の汁ありタイプのものも、汁なしタイプのものも、どちらも美味しかったです!

辛さはそれほどでもないです。平打ちタイプの麺がたまりません!

あと、ご飯が美味しかった!具や調味料を混ぜて食べるのですが、これは嫁も僕も気に入りました。

このご飯が美味しかったのでテンションが上がり、汁なしのカオソーイやオムレツも注文したくらいです。

で、追加で頼んだ茶碗蒸し風オムレツは、見た目以上に唐辛子がガッツリ入っていて辛かったです。

こちらはそれほど美味しいってわけではなく、敢えて注文しなくてもいいかなって感じでした。

ということで、料理4品とビール大瓶をあっという間に完食です。

ちなみにビールはクラフトビールが結構揃っているようでした。

お会計は650バーツ(約1,950円)でした。税・サービス料込でしたよ。

料理1品1品の値段はそれほど安くないなあとは思ったのですが、実際お会計をしてみたら、それほどでもなかったなあというのが正直な感想です。

ちなみにカオソーイですが、チキンだと90バーツですけど、ビーフだと130バーツ(約390円)、シーフードは170バーツ(約510円)、カニだと280バーツ(約840円)もします。

前に嫁がこちらの店のシーフードカオソーイを持ち帰りで買ってきてくれたことがあったのですが、正直微妙でした・・・。

無難にチキンかビーフを頼むのがよろしいかと。



まとめ

場所はちょっと(というよりかなり)行きづらい場所にありますが、カオソーイ好きなら頑張ってたどり着いてほしいです。

おすすめは汁なしカオソーイです。

他にもタイ北部の料理が色々とありますし、中にはパヤオソーセージバーガーなんて珍しいメニューもあったりするので、興味がある方はトライしてみてください。

以上、きーきあっがお伝えしました。

それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Eats Payao Bistro & Bar
場所:ナンリンチー通りソイ3とソイ5の間
電話番号:094-303-5833 
営業時間:11:30-23:00
定休日:なし
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/eatspayao

<広告>









down

コメントする




きーきあっ

きーきあっ

美味しいもの、一人旅、野球、サッカー、数少ない友達、タイ人嫁、 それさえあれば生きていけます。

広告

スポンサードリンク

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930