バンコクに一生住む?

タイでの生活やタイ旅行がより楽しくなるための情報を!

トンローの温泉&スパ【レッツリラックス温泉スパ】は控えめにいって最高だった!

time 2017/08/08

トンローの温泉&スパ【レッツリラックス温泉スパ】は控えめにいって最高だった!

どうも、きーきあっです。

バンコクに住んでもうすぐ5年弱になるわけですが、無性に

お風呂に入りたい!

と思うことがあります。

といっても、いかがわしいお店に行きたいというわけでもないですし、ちゃんと毎日シャワーを浴びているので不潔なわけでもないです。

今住んでいるところはバスタブはなく、シャワーのみなんです。

まあ別段それで困るわけではないのですが、湯船に浸かって「極楽極楽」とか言いたいわけですよ。

日本人だもの。←相田みつを風に

でも、そんな日本人の欲求を満たしてくれるところがバンコクにもあるんです。

というわけで今回紹介するのは、

【レッツリラックス温泉スパ】

です!

アクセス

場所はスクンビットソイ55、そう、トンローです。

トンロー駅から歩いて15分くらいですかね。ソイ8とソイ10の間にあるホテル、「グランデセンターポイント スクンビット55」の5Fにあります。

こちらがそのホテルです。

地図も載せておきますね。

館内の様子

ホテルの中に入り、ロビーを通り抜け正面奥にあるエレベーターを目指します。

そして5Fで降りましょう。

はい、到着です。

こちらが入り口です。

まずはレセプションで受付を済ませましょう。

こちらはショップと、あとは飲み物や軽食が注文できるお店もあります。

温泉の入場料(入湯料というのかな)は650バーツ(約1,950円)です。

マッサージとセットになったプランもあります。

メニューをパラパラめくっていると、なんだ日本語メニューもあるじゃないですか。

色々コースはありますが、僕は温泉だけのコースを選び、650バーツを支払いました。もちろんクレジットカードも使えますよ。

館内はWi-Fiフリーです。

支払いを済ませると、こんな鍵を渡されます。こちらがロッカーの鍵になります。

次はこちらで靴を預け、サンダルを受け取ります。

こちらがサンダルです。というより草履です。

お次はタオルセットを受け取ります。サイズが分かれているので、自分にあったサイズのものをどうぞ。

僕はLサイズを選びました。

こちらのバッグを受け取ります。中身は甚平、バスタオル、フェイスタオルです。

ここから先は男女に分かれます。

注意書き。

この奥はクールルームという部屋。そして手前は岩盤浴の部屋です。

そう、ここでは岩盤浴ができるのです!もちろん料金込み!

そしてリラックスルーム。ここで休憩することも仮眠をとることもできます。

無料のお水。

こちらリラックスルームの中です。

この座椅子みたいなやつは折り畳み式になっていて、広げることで横たわることができます。仮眠に最適!

温泉は・・・

さて、いよいよ温泉を紹介します!

と言いたいところですが、ここから先は当然ながら写真撮影NGです。スマホも原則使用禁止です。

ということで、文章のみでお伝えします。

下呂の湯という温泉から、炭酸湯、シルク湯など数種類の温泉と、サウナがあります。

ネットではお湯の温度がぬるいという書き込みもあったりしますが、それほどでもないです。僕的には適温でした。

もう久しぶりの温泉、大きいお風呂に入れて、テンション上がりました!

ちなみに訪れたのは日曜の午前中。

日曜日ということでたくさんのお客さんがいるかと思いきや、正直それほどでも。

僕が入った時には、アラブ系の2人組、欧米人、中国人、韓国人と、まあ国際色豊か。

裸の国際交流ですね。←別に変な意味ではなく

意外と外国人も温泉好きなのねと、ちょっとびっくり。

一方日本人はというと、僕以外いないという意外な結果に。

何でだろうと思ったけど、よくよく考えたら、日本からタイに来た人がわざわざ温泉なんか入らないよなあ。

でも、トンローという場所柄、在住者がいるかなあとも思ったのだけど。

バンコクにもう1つある温泉施設の【湯の森】はよく日本人は見かけるんですけどね。

まあ、たまたまでしょうけども。

ちなみに岩盤浴もやってみました。

人生初の岩盤浴体験でしたが、なんかよく勝手がわからん。

少しだけやってすぐやめてしまったので、次回はもう少しちゃんとやります。

ということで、温泉に入ってはリラックスルームでダラダラ、そしてまた温泉に入るというループを繰り返し、3時間ほどくつろぎました。

まとめ

という訳で、バンコクの貴重な温泉施設、【レッツリラックス温泉スパ】でしたが、感想はというと

もう最高!

これでマッサージとかやったら、もっと気持ちいいんだろうけど、とりあえずお風呂だけでも最高です。

まあ、これは普段バスタブがない生活をしているからこその感想かもしれませんが、それでもやっぱり大きなお風呂は気持ちがいいです。

650バーツ(約1,950円)という値段については、そりゃあ安くはないですよ。

でも、たまの贅沢としてはいいのではないでしょうか。

まだ新しいこともあって、施設も全体的にきれいですし、高級感もあります。

何よりバンコクで温泉に入れるだけでもありがたい話です。

今回は3時間ほどの滞在でしたが、Wi-Fiもフリーだし1日いられるレベルです。

あ、でも食事がもう少し充実してたらですけど。←そうなるともはやスーパー銭湯だから趣旨が違う

ということで、日頃の仕事や家事に疲れたバンコク在住者の皆さん、温泉に入ってリラックスしませんか!

以上、きーきあっがお伝えしました。それではまたまた!

【店舗情報】
店名:【レッツリラックス温泉スパ】
場所:300 Sukhumvit Soi 55, Klongton Nua, Wattana, Bangkok 10110
電話番号:02-042-8045
営業時間:10:00-24:00
定休日:なし
URL:http://www.letsrelaxspa.com/
Facebook:

<広告>









コメント

  • ご隠居さん
    はじめまして。コメントありがとうございます!
    ニュージーランド在住ですか?素敵ですね!ニュージーランドには行ったことがないですが、知人がニュージーランドのワイナリーで働いていたことがあり、
    ニュージーランドを聞いていつか行ってみたいと思っています。
    僕にもトンローの豪華銭湯は高嶺の花でしたよ。たまの贅沢です!
    タイ語での応援コメントありがとうございます!
    これからもご贔屓に!

    by bkk-issyou €2017-08-09 09:15

  • 四捨五入すると70歳のニュージーランド在住の爺いです。
    ニュージーランドも基本シャワーだけなので先日の帰国時にバンコクに立ち寄った際にKヴィレッジの湯の森で湯浴みして来ました。爺いはシニア割引でB250、貧乏人にはトンローの豪華銭湯なんか高嶺の花ですわ!サバーイ、マークマークでしたわ!
    こんなに長くブログ続けておられてちっともキーキアッツじゃないですわ、頑張ってください、スーッスーッ!

    by ご隠居 €2017-08-08 14:58

down

コメントする




きーきあっ

きーきあっ

美味しいもの、一人旅、野球、サッカー、数少ない友達、タイ人嫁、 それさえあれば生きていけます。

広告

スポンサードリンク

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930