バンコクに一生住む?

バンコクからエンゲル係数高めな情報をお伝えします。

ファンタジーベースボールが面白い!

time 2016/05/04

ファンタジーベースボールが面白い!

こんばんは。きーきあっです。

前にも書いたことがありますが、僕は野球が大好きです。サッカーも好きですが、同じくらい、いや野球の方が好きなくらい。でもバンコクでは野球はメジャーなスポーツではないし、日本のプロ野球中継なんてやっていないので、ふつうは観られないです。インターネットを使って、日本のテレビ番組が観られるサービスがあるそうですが、月々1,000バーツくらいします。そこまでして日本のテレビを観なくてもっていう考えがあって、そのサービスは申し込んでいません。そもそも仕事が忙しく、しょっちゅうテレビなんて観られないので。

日本の野球中継、テレビのスポーツニュース、そしてスポーツ新聞、どれもバンコクにいると観られない、読まれないものです。日本に住んでいた時は欠かさず観ていた、読んでいたのに。
じゃあ、どうやって、野球の結果を知るかというと、インターネットです。日刊スポーツのサイトは1日何度見るのかってくらい見ています。本当に日刊スポーツのサイトさまさまです。まあ別に日刊スポーツでなくてもよいのですが、日本にいた時も日刊スポーツを読んでいたのもあるし、見慣れたサイトであるというのもあるので、重宝しております。

なぜそんな頻繁に野球の結果を知りたがるかというと、FC2ブログ時代ににも書きましたが、日本にいる親友2人と、

ファンタジーベースボール】

というのをやっているからなんです。ファンタジーベースボールとは、実在する12球団のプロ野球選手を各自が指名して、チームを作り、その選手の成績にポイントをつけて、どのチームが一番ポイントが高いかを争うというゲームです。元々アメリカで生まれた遊びのようですが、それを僕たち3人で独自のルールを作って、毎年ドラフト会議を行って、チームを作って競っています。これが我ながらよくできたルールで、かなり熱くなります。3人でやるので、欲しい選手を友人に取られてしまったり、またせっかく指名した選手が不振だったり、またケガで試合に出なかったりと、なかなか思い通りにはいかないんです。

あ、言い忘れたが、お金なんて賭けてないですよ。このご時世、しかも野球ネタでそういう事は現金、あ違った厳禁ですからね(笑)

今年も2月に2人がバンコクまでわざわざ来てくれて、そしてバンコクでドラフト会議を行いました。いいおっさん3人が、早朝バンコクに着くなり、部屋にこもってドラフトをやったのです。その成果として出来上がったチームを、今回は発表したいと思います。

チーム紹介

親友Aのチーム

【先発投手】
菅野 智之(巨人)
バンデンハーク(福岡ソフトバンク)
大野 雄大(中日)
西  勇輝(オリックス)
小川 泰弘(東京ヤクルト)
石川  歩(千葉ロッテ)

【中継ぎ】
佐藤 達也(オリックス)
又吉 克樹(中日)

【抑え】
澤村 拓一(巨人)

【野手】
捕 中村 悠平(東京ヤクルト)
一 ルナ(広島)
二 浅村 栄斗(埼玉西武)
三 中村 剛也(埼玉西武)
遊 鳥谷  敬(阪神)
外 柳田 悠岐(福岡ソフトバンク)
  清田 育宏 (千葉ロッテ)
  高山  俊(阪神)
指 筒香 嘉智(横浜DeNA)

【控え】
銀次    三 (東北楽天)
梶谷 隆幸 外 (横浜DeNA)
青山 浩二 中投 (東北楽天)
岡田 明丈 先投 (広島)
高梨 裕稔 先投 (北海道日本ハム)
白村 明弘 中投 (北海道日本ハム)
阿部 慎之助 捕  (巨人)

親友Bのチーム

【先発投手】
大谷 翔平(北海道日本ハム)
藤浪 晋太郎(阪神)
ジョンソン(広島)
菊池 雄星(埼玉西武)
能見 篤史(阪神)

【中継ぎ】
森 唯斗(福岡ソフトバンク)
戸根 千明(巨人)

【抑え】
山崎 康晃(横浜DeNA))
松井 裕樹(東北楽天)

【野手】
捕 伊藤 光(オリックス)
一 中田 翔(北海道日本ハム)
二 菊池 涼介(広島)
三 松田 宣浩(福岡ソフトバンク)
遊 エルナンデス(中日)
外 平田 良介(中日)
  角中 勝也(千葉ロッテ)
  糸井 嘉男(阪神)
指 ロペス(横浜DeNA)

【控え】
スタンリッジ 先 (千葉ロッテ)
千賀 洸大 先 (福岡ソフトバンク)
オンドルセク 抑 (東京ヤクルト)
山口 鉄也 中 (巨人)
森 智哉  捕 (埼玉西武)
吉持 亮太 遊 (東北楽天)
バレンティン 外 (東京ヤクルト)

僕のチーム

【先発投手】
則本 昂大(東北楽天)
金子 千尋(オリックス)
メッセンジャー(阪神)
武田 翔太(福岡ソフトバンク)
今永 昇太(横浜DeNA)
原 樹理(東京ヤクルト)

【中継ぎ】
ジャクソン(広島)
大谷 智久(千葉ロッテ)

【抑え】
西野  勇士(千葉ロッテ)

【野手】
捕 嶋  基宏(東北楽天)
一 内川 聖(福岡ソフトバンク)
二 山田 哲人(東京ヤクルト)
三 レアード(北海道日本ハム)
遊 坂本 勇人(巨人)
外 秋山 翔吾(埼玉西武)
  丸 佳浩(広島)
  ボグセビック(オリックス)
指 ビジエド(中日)

【控え】
桜井 俊貴 先 (巨人)
山口 俊  先 (横浜DeNA)
C・C・リー  中投 (埼玉西武)
近藤 健介 捕 (北海道日本ハム)
ヘイグ   三 (阪神)
エルドレッド 外 (広島)
大島 洋平 外 (中日)

以上です。野球好きな方であれば、このチーム、またスタメンと控えを見て、あれ?と疑問に思うでしょう。

ルールを簡単に紹介し、疑問に答えます

Q1 なんでチームによって、先発と中継ぎ、抑えの人数が違うの?

A.投手の数は9名です。先発5、中継ぎ2、抑え1と、あとはもう1人どこの枠でもよい事にしています。先発を増やしてもいいし、中継ぎを厚くしてもいいし、Wストッパーにしてもいいんです。それぞれチームの個性を出せるようにこのルールにしました。

Q2 なんで、○○(ここには贔屓の選手名を入れてください)を誰も指名してないの?なんで▲▲(ここは今季全然ダメな選手名を入れてください)なんて指名しているの?3人の目は節穴なの?

A.節穴かどうかはさておき、ルールとして、1チーム24名、12球団から各2名ずつ指名するようにしています。またドラフト25巡目だけはどの12球団好きなチームから1人選手を指名できます。また年俸総額を35億円と設定しているため、高い年俸の選手ばかり取るわけにもいかないのです。それとこのドラフト会議を行ったのは、2016年2月27日(土)でした。その時点では、まさかその選手が大不振もしくはケガするなんて想像もしていなかったのです。ま、そういった事を考えて指名するのですけどね・・・。

Q3 なんであんなに活躍している○○(ここはバレンティンでもエルドレッドでも可)を控えにしているの?やっぱり3人の目は節穴なの?

A.スタメンは今年のプロ野球開幕前日に発表するルールにしています。また今年のオールスターゲームの前日が最終的なレギュラーメンバーの登録締め切りになっているので、その時点でまた入れ替えが可能なんです。今は活躍しているけど、何故か控えになっている選手というのは、開幕時点でケガだったりあまり活躍が見込めないと思っていたんです。

現時点での途中経過

5/2(月)の集計時点で、僕のチームが首位です!といっても他の2チームとの差はわずかです。また控えと入れ替えたり、今後の成績次第ですぐにひっくり返される可能性があります。更にシーズン終了後は個人タイトルなんかのボーナスポイントもあるので、最後までわかりません。今年は例年になく混戦が予想されるので、3人とも、まだいける!と思っているのではないでしょうか。

ファンタジーベースボールをやるとこうなる!

ファンタジーベースボールをやるようになってから、特定のチームだけを応援するのではなく、自分が指名した選手、またほかの2人が指名した選手の成績を気にするので、12球団まんべんなく結果をチェックすることになりました。そのお陰でより野球を楽しく観ることができます。そしていろんな選手を好きになりました。

反対に、自分が好きなチームが勝っても、その内容によっては喜べないという弊害!?もあります。例えば、僕は阪神ファンなのですが、今年に関しては藤浪が投げて、鳥谷が打って阪神が勝っても嬉しくないんです。むしろ藤浪が投げるときに阪神が負け、その対戦相手のヤクルトだった場合、原樹理が投げて山田が打って勝ってくれた方が嬉しいんです。阪神ファンにしてみれば、完全に裏切者です。でもそういう見方になってしまうんです。

まとめ

そんな屈折した見方にはなってしまいますが、とにかくファンタジーベースボールは面白いです。これをやると間違いなく野球、選手に詳しくなります。また選手を見る視点も変わると思います。
上に書いた以外にも、いろいろ細かいルールを作っていて、また、ドラフトの指名順位なんかも本当に頭を悩ませます。いかに他の2人よりも早い順位でよい選手を指名するかという駆け引きも必要です。
もし周りに野球好きが何人かいたら、実際にやってみてはいかがでしょうか?細かいルールも知りたいという方は、ご連絡いただければお教えします。
ファンタジーベースボールで、もっと楽しい野球観戦生活を送りましょう!

それではまたまた!

 

 

down

コメントする




きーきあっ

きーきあっ

美味しいもの、一人旅、野球、サッカー、数少ない友達、タイ人嫁、 それさえあれば生きていけます。

広告

スポンサードリンク

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031