バンコクに一生住む?

タイでの生活やタイ旅行がより楽しくなるための情報を!

タイで生活しているのに、まだ日本人の彼女探しで消耗してるの?

time 2016/05/28

タイで生活しているのに、まだ日本人の彼女探しで消耗してるの?

こんばんは。きーきあっです。
今日はちょっといつもと違う感じでお届けしたいと思います。

まず、タイトルですけれども、ご存知の方も多いかもしれませんが、 超人気ブロガーである、イケダハヤト氏のテンプレを、使わせていただいております。
イケダハヤト氏のブログはこちらです。

イケダハヤト氏のブログ「まだ東京で消耗してるの?」

さて、それでは本題に入りますか。

【恋活】というイベントが大盛況らしい・・・

僕は現地採用として約3年半前にタイのバンコクにやってきました。その時点では独身、そして彼女もいませんでした。独り身だったからこそ、タイで生活することに障害もなかったですし、1人でタイに住むことについても、何の問題も障害もありませんでした。

今はというと、タイ人の彼女がいます。付き合って1年半くらいになりますが、彼女と初めて会ったのは僕が18年前に初めてタイに来た時なので、かなり昔からの知り合いです。なぜ、そんな彼女と急に付き合うようになったかは、いつか話したいと思います。

彼女は自分で旅行代理店をやっています。言わば女社長です。現地採用の僕よりも、断然稼いでいますし、とにかく素晴らしい女性です。このままいけば逆タマ確定です。(おい!)

まあ、そんな僕の話はさておき、現地採用の人がタイで生活を始める時点で、僕と同じく、パートナーがいないという人が、割と多いようです。

タイに来た時には1人で、1人の生活を満喫していても、だんだんとタイの生活に慣れていき、生活が落ち着いてくると、今度は彼氏、彼女が欲しいと思うのでしょうか。

そんな人たちに向けてのイベントとして、日本人同士の合コンというのが、近頃バンコクでは頻繁に行われているようです。

【恋活】というタイトルで、今までに4回も開催されている人気のイベントです。日本のテレビでも紹介されたようで、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

要はバンコクに住む、日本人同士の出会いの場です。
このイベント、結構好評&盛況のようで、毎回何組かカップルが成立するのだとか。
しかも驚くことに、タイに住む人だけでなく、日本からもわざわざ参加する人がいるようで更にビックリ!もっと驚くことに、カップルの成功率が他のイベントと比べて格段に高いということです。皆、積極的なのか、やっぱり外国に住む寂しさがそうさせているのか・・・。

【恋活】について、こちらで詳しく紹介しています。

タイで開催の日本人向け合コン『恋活』の成功率がスゴい!

もちろん、彼氏彼女がほしいという気持ちもわかりますし、寂しいと思う気持ちも十分わかります。そんな気持ちを分かり合える日本人のパートナーを見つけたい、そんな思いも理解できます。
ただ、僕は敢えてこんな提案をしたいのです。

タイで生活するのであれば、タイ人彼女がおすすめですよ!と。

あ、それから、ここで言う彼女というのは、夜のお店に行って、交渉をして、結果として金銭のやり取りが発生する相手とは違いますから、誤解のないように。

タイ人の彼女がいると、どんなにタイ生活が楽しく、また快適になるのか。 これからそのメリットを書き綴っていきます。

タイ人彼女がいるメリットとは

メリット1 行動範囲、交友範囲が広がる!

いくらタイ生活が慣れてきたといっても、所詮日本人向けの情報しか入ってきません。タイ人の彼女だったら、もっとたくさんいろいろなレストラン、イベント、セールなどの情報を持っています。
また彼女の友達や職場の同僚なんかとも知り合う機会もできたり、交友範囲も広がります。何かあった時に、そういう人たちが助けてくれたり、協力してくれたりします。

せっかくタイに来て、生活しているのですから、わざわざ日本人だけで固まる必要はないと思うのですが・・・。

メリット2 最高の現地ガイド&通訳になる!

例えば、タイ国内で旅行をする時には、地元の人に目的地の場所を聞いたり、お勧めのレストランを聞いたりしてくれます。そしてタイ人と一緒だと、ぼられる事もほぼありません。

また旅行に限らず普段の生活でも、タイ人の彼女がいることで、何かトラブルがあった時など、どうすればよいかを教えてくれたり、助けてくれます。

実は先日、旅行中に突然体の調子が悪くなり、病院に運ばれることがあったのですが(これは今度また改めて書きますね)、その時も彼女が病院の場所を聞いて連れて行ってくれたり、病院でも症状を通訳してくれたりしました。

これがもし1人だったり、タイ語が満足に話せない人と一緒だったら、僕はどうなっていたか・・・。
まあ、この例に限らず、タイで生活していく上で、色々と教わることが多いです。また助かることがたくさんあります。

メリット3 最高のタイ語の先生になる

当たり前のことですが、タイ語を教えてくれます。タイ語学校に通う必要もありませんし、いわば無料の個人レッスンがもれなくついてきます。

もしあなたも相手もあまり英語が得意でない、だから会話が弾まないなんて場合も、タイ語で何と言うかをひたすら質問すれば、とりあえず会話が弾み!?ます。

とにかく自分の知りたい言葉や言い回しを、タイ語でなんて言うのか教えてくれますので、間違いなくタイ語が上達します。それに、こちらも熱心に覚えれば彼女も喜びますよ。

まあ、そういいながらも、僕は全然上達しませんが・・・。

メリット4 世話を焼いてくれる

タイ人女性は基本的に尽くしてくれます。優しく世話を焼いてくれます。僕の彼女も、僕が仕事が忙しい時なんかは、わざわざ僕の家に寄って、ご飯やおかずを買っておいてくれたり、部屋の掃除をしてくれたりします。
洗濯してくれたときは、パンツや靴下にまでアイロンをかけてくれビックリしたことがあります。何でもアイロンをかけることに関しては、タイ人にとって割と当たり前みたいですけどね。

メリット5 情熱的になる

日本語では「愛してる」とか「恋しい」なんて、頻繁には言えませんが(言える人もいるでしょうけど)、タイ語や英語なら、それほど照れることなく言えます。要は感情表現が豊かになるということです。
僕が実際言っているかどうかは内緒ですけどね(笑) 

メリット6 よほどのことがない限り、離れ離れになる心配がない。

例えば、日本人の彼女が出来たとします。その彼女が、タイの生活が嫌になった、日本に帰りたいと言ったらどうしますか?彼女のことが好きだったら、そして将来のことを考えるなら、きっとあなたも日本に帰るという選択をするでしょう。

タイに住みたくてやってきたのに、自分がタイが嫌になったわけではないのに、日本に帰らなくてはなりません。もちろん割り切って帰ることが出来るのであれば、全然問題ありませんけどね。

また、結婚し子供ができた時も、タイで産み育てるという覚悟が出来ればよいですが、子供が出来たら、やはり日本で育てたい、そんな風になるかもしれません。また本人たちがそう思っても、あなたや彼女の両親から反対に遭うかもしれません。

今挙げた例は、いずれも僕の周りいた人が起こったことです。タイにはまだいたいなという未練がありつつ、日本に帰ることにもなります。

一方タイ人の彼女であれば、そんな事はありません。彼女がタイは嫌だ、外国に住みたいなんて言わない限りは、タイにいられるでしょう。まああまりそんな事を言うタイ人はいないと思いますけどね。

どうですか?あなたがタイで生活する上では、メリットばかりなはずです。

と、ここまで書いていて、本当にメリットだけか?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。もちろん、よいことばかりではないでしょう。乗り越えなければならない壁もあります。

そちらもまとめてみたのでご覧ください。

付き合う上で、乗り越えなければならない壁

試練1 言葉の壁

まあ、当然ながらそうですよね。タイ語ペラペラだよとかって言う方なら問題ないと思いますが、多くの方はこの壁にぶつかると思います。

僕の場合は彼女が英語を話せるので、主に英語でやり取りしています。なんて言っても、別に僕も英語にそんなに自信があるわけではありません。

でも、彼女と付き合ってからは間違いなく英語力は上がっていると思います。彼女が英語を話せるなら、英語力もアップするというメリットがありますね。

まあ、だからその分タイ語が上達しないのかもしれませんが。

でも日本人と付き合う、付き合おうというタイ人だったら、日本語も話せるかもよなんて、淡い期待もありますけどね。

試練2 趣味嗜好の壁

具体的に言うと、食べ物の好みです。日本人とタイ人、やはり味覚も好みも違います。 

僕の例を挙げます。僕はタイ料理は大好きです。だからタイ料理を食べる機会が多いですが、全く問題ないです。一方彼女も日本料理が好きです。だから日本料理を食べるのも問題ないです。じゃあ、全く問題ないじゃないかと思うかもしれません。

ところが、問題が2つ。まず彼女はお酒を飲みません。残念ながら僕はお酒が大好きです。でも彼女はお酒が飲めないので、いわゆるバーとかには連れて行けません。もちろん一緒にお酒も飲めません。

本当ならご飯を食べた後に、バーにでも行きたいなんて思いますが、そういう訳にも行きません。そして酔っ払ったり、夜遅くまでお酒を飲むという事に、なかなか理解を示してもらえません。いやあ、昨日は夜遅くまで(時には明け方近くまで)飲んじゃったーなんて話をすると、微妙に機嫌が悪くなります。もし結婚することになったら、門限を決めるとまで言われています。それに関しては今から憂鬱です(涙)

もう1つ、彼女は牛肉を食べません。彼女の家族も基本牛肉を食べません。中華系のタイ人は牛肉を食べないことが多いようです。一方、僕は牛肉が好きです。焼き肉が好きです。しゃぶしゃぶもステーキも好きです。 でも、彼女との食事でそういう店には行けません。 もっと言うと、基本的に西洋料理(フレンチとかイタリアン)も彼女はあまり好きではなかったりします。 ですので、ピザやパスタなんかを食べる機会はとっても少ないです。

こんなところでしょうか。例えば彼女が、日本食を全く食べられなかったら、あなたがタイ料理が苦手で、和食ばっかり食べている毎日だったら、一緒に食事をするのが辛いかもしれませんね。

試練3 嫉妬、束縛

一般的に、多くのタイ人女性は嫉妬深いです。こまめにLINEや電話で連絡を取らないと、浮気しているんじゃないか、私のこと好きじゃないのではないかと疑われます。全てのタイ人女性がそうとは言いませんが、僕の周りでタイ人女性と付き合っている人たちも、そう感じている人が多いようです。

僕はというと、幸い僕の彼女はそのあたりは寛大です。職場の女性と食事に行くのもOKですし、1人旅も許してくれます。仕事中に携帯を使えないので、メッセージを頻繁に送れない、電話にでも出られないことがあるのも了承済みです。

まあ、彼女も仕事が忙しいので、むしろ向こうからの返事の方が遅かったりします(笑)僕の彼女の例もあるので、皆がそうだとは言えませんが、そういう可能性もあるよということで。

以上です。この3つの壁は、あなた自身の状況や、相手によって高かったり低かったりすると思います。

でも実際付き合ってみると、何とかなるものですよ。それに違う文化や風習で育ってきた人と付き合うのは、新しい発見や驚きがあって、楽しかったりします。

そもそも日本人同士で付き合ったって、食べ物の好みや、習慣、考え方の違いなんてたくさん出てくるから、タイ人女性だからって訳じゃないですしね。

一番の問題点

と、ここまでデメリットも書きつつ、タイで彼女を作るなら、タイ人がお勧めですよなんて事を言っているわけですが、ただ、本当の問題点はここにあるんですよね・・・。

それは、

出会いの場がない!

こりゃあ、一番の問題だ。これを読んで、そうだ、タイ人の彼女を見つけよう!と思っても、出会う機会がなければどうしようもないですよね。こればっかりは僕も困りました。僕の出会いなんてかなり特殊なので、全くと言っていいほど参考にならないし。

でもここで、

じゃあ、頑張ってくださいね♪

なんて、終わらせるのはあまりに無責任なので、タイ人女性と出会えるかもというシチュエーションを考えてみました。

タイ人女性とはこう出会え!

1.社内恋愛

タイに住んでいる人なら、タイで働いている人がほとんどだと思うので、ここはちょっと冷静になって、自分の職場を見渡してみませんか。今まではタイ人と付き合うなんて考えていなかったなんてあなたも、よく見てみると、素敵な女性がいることに気づくかもしれません。

2.イベント・フェアに参加する

日本に関するイベントやフェアに参加してみませんか。バンコクでは、やれJAPANフェアだの、JAPANエキスポだの、日本物産展だの、日本に関するイベントやフェアをよくやっています。

そんなイベントに来ている人たちは、少なからず日本に興味があるはずです。まずは声をかけてみてはいかがでしょう?

え?それってナンパじゃないかって?出会いは声をかけなきゃ始まりません(強引)

3.友達や知人の紹介

タイ人の友達がいれば、その友達に紹介してもらうよう頼む、もしくは知り合いでタイ人の彼女を持つ知り合いがいれば、その友達を紹介してもらうのはどうでしょう。

日本でも、友達や同僚の紹介で付き合うというケースが多いわけですから、それはタイでも同じなはずです。

ちなみに僕が紹介するとしたら、彼女の2人の妹ですかね。。もちろん2人とも独身、彼氏なしです。

1人はチェンマイで医者をやっていて、チェンマイに家&車を持っています。オーストラリアとか日本にも仕事で行くくらい、優秀な医者のようです。

もう1人、一番下の妹は、タイのグルメ本とか、新聞にも紹介されたくらいの腕を持つ、カフェ&レストランのオーナーシェフです。僕も何度も食べさせてもらっていますが、本当に美味しいです。僕的にはバンコクで一番美味しいと思うくらい、大ファンです。

どちらもとてもいい子だし、仕事はバリバリやるし、稼いでいるので、夢の逆タマですよ!(また言ってる・・・)
ただ、2人とも仕事に夢中で、彼氏とか結婚とかに興味ないみたいなんです・・・・・。だめだな、こりゃ。

というところでしょうか。でもまあ日本人同士だって、出会いの場がないから、 【恋活】とかのイベントなんかに参加するわけですから、普段の生活で出会いがないという条件は同じですよね。探そうと思えば、何とかなります。(本日2度目の適当)

まとめ

僕は、幸いにして、とてもしっかりした素晴らしい女性と知り合えたので、ただでさえ楽しいタイでの生活が、ますます楽しいものになりました。(このタイミングで惚気てどうする)

タイでの生活をより充実した楽しいものにするためにも、是非素敵な彼女を見つけてほしいと思います。せっかくタイに住んでいるんだから、日本人コミュニティの小さな輪から飛び出してみませんか?

きっと今まで以上に世界が広がると思いますよ。

それと最後に1つ書いておかないといけないことがあります。

誤解のないように書いておきますが、あくまで今回の話は、現地採用の日本人男性が 、今後タイで長く生活することを想定して書いた話です。

例えば、いつかは帰国することになる駐在員の方、また既に結婚されている、もしくは既に恋人がいる方には今回の話は全く当てはまりません。

それと、タイで日本人同士が付き合ってはダメだ、なんて言うつもりもありませんのであしからず。もちろん、【恋活】に参加されている人たちについて否定しているわけでもありません。

確かに日本人同士の方が、分かり合えたりすることも多いし、なにせ言葉が通じますからね。

こんな事言いながらも、もし僕も彼女がいなかったら、しれっと興味本位で参加していたかもしれませんし(笑)

いずれにしても、素敵な出会いがあることを、そしてタイの生活がより楽しくなることを願っています。

あ、そうそう、僕が男なので、今回は【タイ人彼女】という事で書いていましたが、日本人女性の方が【タイ人男性】の恋人を作る、というのでも、基本的には同じく賛成です。ただ、タイ人男性は、浮気者だったり、怠け者(僕の名前と一緒です)だったりが多いからなー。まあ、しっかり働いている人ならいいかな。僕の周りの女性でも、すごくマジメなタイ人もいれば、やっぱり働かずブラブラしているタイ人と付き合っている人もいるので、一概には言えないですね。ま、人それぞれでしょ!

それではまたまた。

down

コメントする




きーきあっ

きーきあっ

美味しいもの、一人旅、野球、サッカー、数少ない友達、タイ人嫁、 それさえあれば生きていけます。

広告

スポンサードリンク

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031