バンコクに一生住む?

タイでの生活やタイ旅行がより楽しくなるための情報を!

アボカド専門店!トンローにある【THE HASS BISTRO】へ行ってきた!

time 2018/04/04

アボカド専門店!トンローにある【THE HASS BISTRO】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

そういえば最近、妻と2人だけでの外食をしていないなという事で、どこかへ食事に行こうと提案したところ、妻が面白いお店があると教えてくれました。
さっそく予約をし、日曜日の昼に行ってきました!
というわけで、今回紹介するのは

【THE HASS BISTRO】

です!

【THE HASS BISTRO】への行き方

場所はスクンビットソイ49に入ってすぐ左手にあります。BTSトンロー駅から歩いて5分くらいですかね。
こちらの看板に注目!なんだかわかりますか?

こちらがそのお店です。ドアにも同じような絵が。なんだかわかりますか?

地図も載せておきますね。

店内の様子

店内はオシャレなカフェ風。店内はほぼ満席でした。予約をしておいてよかった!

2階の席へ案内されました。

2階にはこんなソファ席もあり、大人数でも大丈夫!

僕たちはこんなちゃぶ台のような席に座りました。
最初は普通のテーブル席を用意してくれていたんですけど、ここがいいなって変えてもらいました。

2階から1階を眺めたところ。お客さんでいっぱいでした。

壁にはアボカドの絵が。記事のタイトルに書いていますが、この店はアボカド料理の専門店なんです!

こちらがメニューです。

このとおりメニューはアボカド尽くし!

日本語表記もあったりします。
色々な種類のパンがあって、アボカドバターで食べることができます。
ちなみにこちらのパンは持ち帰りも可能です。

ドリンクはコールドプレスジュースなどがありましたが、クラフトビールも色々な種類がありました。

ここからは注文した料理を紹介していきます。
まずはこちら。アボカドのミルクシェイクです。値段は155バーツ(約465円)です。
アボカドのシェイクって、もっと青臭い感じがするかと思ったら意外にもさっぱり。美味しかったですよ。

こちらは「Spicy Tuna with Betel leaf」です。値段は220バーツ(約660円)です。タイの前菜ですね。

ツナにレモングラスやライムを混ぜてあり、ナッツや唐辛子と一緒に葉にくるんで食べます。

というのがこちらの料理の食べ方ですが、それにアボカドも一緒に入れて食べるんです。

ちゃんと見本があるので、こんな感じで食べましょう!

続いてこちらはアボカドのフライです。値段は240バーツ(約720円)です。

中はこんな感じです。

続いてアボカドが入ったトルティーヤです。値段は295バーツ(約885円)です。

バルサミコ酢のソースです。

そしてこちらはアボカドバーガー。具はチキンと海老が選べます。僕たちは海老を選びました。値段は395バーツ(約1,185円)です。

普通アボカドバーガーってハンバーガーの中にアボカドが入っているものをイメージすると思いますが、こちらはバンズの部分がアボカドなんです!

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

まず、ツナの前菜ですがこれは僕がタイ料理で好きな料理の1つ。それにアボカドを入れて食べるのですが、唐辛子とかレモングラスとかパンチが効いた味なので、アボカドの淡白な味はなかなか主張できていない印象でした。
つまり、アボカドを入れなくてもいいかなって。

次にアボカドのフライですが、こちらは美味しかったです!そういえば火の通ったアボカドを食べるのは初めてです。
一緒に付いているアリオリソースも美味しかった!

そしてトルティーヤ。こちらも美味しかったけどアボカドがそんなに入っていないのでそこまでアボカドが目立たなかったです。

最後にアボカドバーガー。これはもうアボカドそのまま。これはどうやって食べるんだろうかと迷いましたが、とりあえず半分に切って2人でシェアしました。
半分に切ったものを皿に取り分けてみると、皿の上には海老、アボカド、トマトなど。
うーん、見た目は普通のアボカドサラダ。でも海老はプリプリだし美味しかったですけどね。

こんなに一度にアボカドを摂取したのは人生初だなと思いながらも、2人でしっかり完食です。
そして気になるのはスイーツ。

スイーツはアボカドチーズケーキとアボカドパンケーキがありました。僕たちはアボカドパンケーキを注文しました。

注文時に、時間がかかりますと言われたのでOKしましたが、本当に全然やってこない。
確かにお客さんが一杯だし、店員さんも注文を間違えたりしててテンパっているのが分かったので気長に待っていたのですが、それでも30分経っても料理がきません。

これはダメだなと店員さんを呼び、まだ来ないならチーズケーキに変更しますよと伝えたら、チーズケーキもパンケーキも何と売り切れだとの事。

おいおい、パンケーキもなくなったなら早く言ってくれよ。

ま、でもこんな事で怒っても仕方ないので(完全に免疫がついた)、じゃあ仕方ない、帰りましょうかということでお会計。
料理は全然やってこないのに、伝票を持ってくるスピードが速かったのには笑いました。
そうそう、この後実家に帰る妻がお土産としてパンを3つ買い、その値段も含めて1,485バーツ(約4,455円)でした。
そこそこの値段はしましたが、税・サービス料がかからないのはポイント高し。

まとめ

まだオープンしてそれほど経っていないようですが、お客さんがいっぱいで早くも人気になっているようです。
日曜の昼時ということもありましたが、席が空くのを待つお客さんが数組いたりしました。
混みあいそうな時間帯は予約をした方がいいですね。

記事に書いたとおり、他のテーブルでも料理の注文間違いがあったり、店員さんがどこのテーブルに料理を持っていけばいいかわからなくなっていたりと、かなりパニックしている様子だったので、もう少し落ち着くタイミングを見計らって来店してもよいと思います。

値段はちょっと高めかなって印象ですが、料理は美味しかったし、店の雰囲気はオシャレだし、それに何よりアボカド好きにはたまらない店だと思います。

あと持ち帰りしたパンですが、僕も1つ食べました。アボカドバターをつけて食べたのですが、パンもバターも美味しかったですよ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:THE HASS BISTRO
場所:スクンビットソイ49へ入ってすぐ左手
電話番号:099-192-9626
営業時間:8:00-22:00
定休日:なし
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/thehassbistro

<広告>

down

コメントする




きーきあっ

きーきあっ

美味しいもの、一人旅、野球、サッカー、数少ない友達、タイ人嫁、 それさえあれば生きていけます。

広告

スポンサードリンク

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30