バンコクに一生住む?

タイでの生活やタイ旅行がより楽しくなるための情報を!

フアランポーン駅近くの中華レストラン【Tung Jua Lee】で中国式刺身を食べてきた!

time 2017/12/08

フアランポーン駅近くの中華レストラン【Tung Jua Lee】で中国式刺身を食べてきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Tung Jua Lee】

です!

ジャンルで言うと、中華料理になります。

ロッブリーへのひまわり列車に乗った帰りに、どこかで夕飯を食べて帰ろうということになり、それならと嫁が連れて行ってくれたお店です。

ちなみにひまわり列車の様子はこちらからどうぞ!

ダムの上を走る!ひまわり畑も見られる!【ロッブリー行き特別専用列車】に乗ってきた!
どうも、きーきあっです。以前からずっと乗りたかった列車に、先日ようやく乗ることができました!そして期待通り、期待以上の楽しい列車でした!ということで今回紹介するのは、【ロッブリー行き特別専用列車】です!ネットでは【ひまわり列車】と呼ばれていること...

 

というわけで、さっそく紹介します!



アクセス

場所はフアランポーン駅からチャイナタウン方面へ歩いて5~6分のところにあります。

詳しくは地図をご覧くださいませ。

こちらがそのお店です。

こんな感じです。

地図はこちらです。

店内の様子

こちら店内の様子。土曜日の19時半頃に来店しましたが、ほぼ満席でした。

客層はちょっと良いところの中華系タイ人が中心でした。

嫁イチオシはオースワンとのこと。オースワンとは、牡蠣の入ったお好み焼きみたいな料理です。

それと中国式の刺身が美味しいとのことなので、それも注文します。

それ以外にもあと2品ほど注文し、しばし待ちます。

飲み物ですが、嫁がお茶でいいよねと言うので、いいよと答えましたが、そう答えた後に、そういえばビールが飲みたかったんだよなーと思い出しました。しかし手遅れ。お茶が運ばれてきました。

 

こちらがそのお茶。ちょっと甘くて何だろうこの味はと思ったら、嫁が菊茶だと教えてくれました。正直味は微妙。

やっぱりビールがよかった・・・。

とビールが恋しくなったころに、注文した料理が運ばれてきました。見た目だけではよくわからないこちらの料理。

豚の内臓を揚げたものです。値段は200バーツ(約600円)だったかな。ドロッとした甘い醤油のようなタレを付けて食べます。

そしてこちらが嫁イチオシのオースワン。小サイズで200バーツ(約600円)です。

嫁曰く、義妹(シェフ)が、ここのオースワンが一番美味しいと言っているとのこと。

そしてこちら。中国式刺身です。何の魚かは謎。小サイズでは小さいからと言われ、中サイズを注文しました。

するとご覧のとおり、かなりの量です。これなら小サイズで十分だったのでは。値段は300バーツ(約900円)です。

こちらのタレで食べます。辛いのかと思いきや、なんか甘かったです。

こちらの薬味的なものと一緒に食べるのですが、その薬味というのがキュウリだったり、パイナップルだったり、もう意味が分からないです。

そして最後にもう1品。土鍋ご飯という名前でしたが、これは土鍋ではないような。値段はこちらも小サイズで200バーツ(約600円)でした。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!※中国式刺身を除く

まず、豚の内臓(部位不明)を揚げたものは、サクッとしつつもジューシーさがある謎の食感。

これはビールに絶対合います!ってビール飲んでませんけどね。

一口食べたら、以前に食べたことがあったのを思い出しました。

前に、お粥とおかずを食べる屋台(なんかセンスないネーミングだなあ)へ嫁に連れて行ってもらったことがあり、そこで確かに食べました。

これ、好きなやつでした。

それとオースワンですが、これまた美味しい!

オースワンは店によって、サクサクしたやつと、オムレツのようなやつがあるのですが、こちらは後者。

フワフワというか、トロトロな感じがたまりません。確かに美味しいです!

あと、土鍋ご飯。これが今回頼んだ中で一番美味しかったです。

具は海老や貝柱、椎茸など色々入っていて、また味付けもあっさり目だけど決して薄味ではなく、美味しいです。

小サイズでも結構な量でしたが、チャーハンよりも脂っこくない分、ガッツリ食べられます。

そして最後に中国式刺身ですが、これは正直微妙。

刺身の上に大量に胡麻がかかっているので風味はよいですが、あまりピンときませんでした。

きゅうりやパイナップルと一緒に食べるのもアレだし、タレもなんだかなあという感じ。

日本人としては、これならワサビやショウガと一緒に醤油で食べたい気分でした。

一方嫁はこの刺身が好きだそうで、家族でこの店に来る時もよくこれを注文するそうです。

うーん、わからん。

何はともあれ、嫁と2人であっという間に完食です。

お会計はお茶も含め、940バーツ(約2,820円)でした。

4品頼んだ割には、まあまあお手頃な値段でした。



まとめ

中国式刺身は正直おすすめしないですが、他の料理は美味しかったですよ。

あと、ここは火鍋が有名らしく、魚の頭を入れた鍋がこの店のおすすめらしいです。

嫁も家族と来る時は火鍋を頼むことが多いそうです。

確かに周りを見ると、火鍋を頼んでいるグループ客が多かったですね。

ここまで書いても、中国式刺身にチャレンジしてみたい方はぜひ!

それと、オースワン好きな方もぜひ!

以上、きーきあっがお伝えしました。

それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Tung Jua Lee
場所:フアランポーン駅から徒歩5~6分
電話番号:02-236-4873
営業時間:月~金 11:00-14:00 17:00-22:00 土日 11:00-22:00
定休日:なし
URL:http://tanchualee.com/
Facebook:

<広告>









down

コメントする




きーきあっ

きーきあっ

美味しいもの、一人旅、野球、サッカー、数少ない友達、タイ人嫁、 それさえあれば生きていけます。

広告

スポンサードリンク

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031