バンコクに一生住む?

タイでの生活やタイ旅行がより楽しくなるための情報を!

バンコクのディナークルーズは【ホワイトオーキッド リバークルーズ】がコスパよしでオススメです!

time 2016/08/28

バンコクのディナークルーズは【ホワイトオーキッド リバークルーズ】がコスパよしでオススメです!

どうも、きーきあっです。

皆さんはタイでディナークルーズを体験したことはありますか?

ディナークルーズとは、バンコクのチャオプラヤー川を大きな船に乗って食事を楽しむというものです。

バンコクではたくさんの種類のディナークルーズがあって、値段もマチマチです。

今回僕も久しぶりにディナークルーズへ行ってきましたので紹介します!

今回僕たちが乗ったのは

【ホワイトオーキッド リバークルーズ】

です!こちらがそのディナークルーズの紹介です。

【White orchid river cruise 】WEBサイト(英語)

その前にディナークルーズにどうやって参加するかを軽く説明しますね。

予約をしよう!

ディナークルーズに参加するためには、まず予約をしましょう。当日でも席に空きがあれば乗れる可能性はありますが、かなりの人気なので予約がベターです。

予約は旅行代理店でできます。英語やタイ語に自信がなくても、バンコクにはJTBやHISもあり、日本語が通じますのでそちらで予約をしてもよいでしょう。

また、いいホテルに宿泊している方は、ホテルのコンシェルジェに頼むこともできます。

~乗船当日~船着き場へ行こう!

ディナークルーズの殆どは、【リバーシティ】というショッピングモールがある船着き場から出ています。

乗船当日は、船着き場を目指しましょう。【リバーシティ】は当たり前ですがチャオプラヤー川沿いにあります。

【リバーシティ】へのアクセスですが、

  • タクシー
  • BTSサパーンタクシン駅から徒歩20分
  • サトーン船着き場からチャオプラヤーボート、シープラヤー船着き場
  • MRTホアランポーン駅から徒歩15分

こんな方法でしょうか。ディナークルーズが出航するのは19時、その前にチェックインをすることを考えると、18時くらいには着いておきたいところ。

一番無難なのはタクシーですが、この時間帯は道路が渋滞するので、タクシーなら時間に余裕を持って行くことをお勧めします。【リバーシティ】の中にはカフェもありますし、お店もたくさん入っているのでそちらを見て時間を潰すことも出来ますので、早めに着いても問題ないでしょう。

こちらが【リバーシティ】です。

きーきあっIMG_8104-20160823

この中にたくさんのお店が入っています。

きーきあっIMG_8105-20160823

中も綺麗です。

きーきあっIMG_8106-20160823

オシャレなショッピングモールといった感じですが、骨董品を扱う店が多いです。

きーきあっIMG_8107-20160823

旅行代理店で予約をすると、バウチャーという引換券を渡されると思うので、【CRUISE TICKET】と書いてある方向へ進みます。そうすると窓口があるので、そこで乗船券と引き換えをしましょう。

きーきあっIMG_8108-20160823

こちらがチケットです。

きーきあっIMG_8109-20160823

船に乗ろう!

チケットもゲットして、いよいよ船に乗るわけですが、最初にも書いたとおりたくさんのディナークルーズがここから出航するので、船を間違えないようにしてくださいね。

船着き場からの眺めです。

きーきあっIMG_8117-20160823

僕たちが乗る船がやってきました。

きーきあっIMG_8118-20160823

かっこいいですね!

きーきあっIMG_8119-20160823

船の上ではシェフ!?がお出迎え。

きーきあっIMG_8121-20160823

入り口にはタイの民族衣装を着た女性もお出迎えです。

きーきあっP_20160822_195501-20160824

さあ、いよいよ乗船です。

きーきあっP_20160822_195639-20160824

たくさんのお客さんがいました。

きーきあっP_20160822_200406-20160824

食事について

ディナークルーズというくらいなので、当然食事が付いています。食事はブッフェスタイルのところが多いです。

基本的に飲み物は別です。

僕たちが乗った船もブッフェスタイルでした。

乗船し、席に案内された後は料理を取りに行くのですが、最初はご覧の通りの人だかりです。

きーきあっP_20160822_200938-20160824

列を作って順番に料理を取っていきます。

きーきあっP_20160822_201430-20160824

この日の料理はタイ&インターナショナルブッフェでした。

きーきあっP_20160822_201538-20160824

こちらマッサマンカレーです。

きーきあっP_20160822_201640-20160824

スペアリブの煮込み的なやつです。

きーきあっP_20160822_201642-20160824

パッタイもあります。

きーきあっP_20160822_201710-20160824

海老のグリルです。

きーきあっP_20160822_201715-20160824

こちらはチキンのソテー。

きーきあっP_20160822_201717-20160824

イカの炒め物です。

きーきあっP_20160822_201736-20160824

もちろん、ソムタムもあります!

きーきあっP_20160822_204109-20160824

ラープもあります。

きーきあっP_20160822_204116-20160824

デザートも並んでいます。こちらはプリンですね。

きーきあっP_20160822_210417-20160824

ケーキも並んでいました。

きーきあっP_20160822_210425-20160824

それ以外にもパスタやフライドポテト、スープなんかもありました。

最初はすごく並びましたが、並ぶのは最初だけで、途中は空き空きになるので、最初に無理に並ばなくてもいいかなあと思います。

料理の味ですが、まあ普通に美味しかったですよ。ブッフェという事でガッツリ食べちゃいました。

ディナークルーズの楽しみ!

ディナークルーズの魅力といえば、食事もそうですが、やっぱり船の上から見るチャオプラヤー川周辺の夜景です。

また、船の上にはステージがあって、歌手が歌ってくれたり、こんなタイの民族舞踊も観ることができます。

きーきあっP_20160822_200722-20160824

ぼやけていますが、この女性が歌手。しばし休憩中です。何曲も歌ってくれたのですが、途中、セリーヌ・ディオンの、

「MY HEART WILL GO ON」を歌った時はちょっと笑いました。だってタイタニックのテーマですよ。

船の上でタイタニックのテーマって!

きーきあっP_20160822_202022-20160824

こちらロイヤルオーキッドシェラトンというホテルです。

きーきあっP_20160822_202036-20160824

遠くにはシャングリラホテルが見えます。

きーきあっP_20160822_202057-20160824

中央に見えるのはシロッコというルーフトップバーがある、ステートタワーです。

きーきあっP_20160822_202218-20160824

こちら現在建設中のサイアムアイコン。ここに高島屋が入るようです。

きーきあっP_20160822_202304-20160824

途中盛り上がるのは、この橋の下を通る時です。船はギリギリのところを通過するので、甲板の上の人たちも頭がぶつからないように気をつけます。

きーきあっP_20160822_203604-20160824 

こちらライトアップされた川沿いのモールです。

 きーきあっP_20160822_203659-20160824

こちらもそうですね。

きーきあっP_20160822_213607-20160824

船から見る夜景はきれいですね。

きーきあっP_20160822_203712-20160824

今日が誕生日というお客さんが何名かいて、歌手やスタッフがお祝いしてくれます。いい思い出になりますね!

きーきあっP_20160822_204223-20160824

ライトアップされたワット・プラケオです。

きーきあっP_20160822_204508-20160824

そんな夜景の中で一番のオススメは、やっぱりラマ8世橋です!

きーきあっP_20160822_205459-20160824

こんな間近で見られるんですよ。というより、この橋の下をくぐるんですけどね。

きーきあっP_20160822_205537-20160824

こちら反対側から撮った写真です。やっぱりきれいです。

きーきあっP_20160822_205726-20160824

こんな感じで食事の後は夜景を楽しむことができます。

船の上からだといつもとは違う角度なので、また新しい魅力を発見できますよ。

ディナークルーズは約2時間。食事も夜景も、また船上でのエンターテイメントも十分楽しめます。

あと、乗船前にグループごとに写真を撮ってくれるのですが、この写真を後で売りに来ます。フレームに入れてくれて値段は200バーツ(約600円)です。ええ、買ってしまいましたとも(笑)

そんなこんなで船は元の船着き場に到着し、ディナークルーズはおしまいです。

気になる値段は?

と、ここまで書いて値段のことに全く触れていませんでした。

実は今回、彼女の職場の食事会に招かれたのでお金を払っていないんです。全部で5名だったのですが、プロモーションだかなんだかで、2名分が無料だったのです。

でもブログに書くのに値段が分からないでは困るので、後で調べてみました。

そうしたらなんと、HISで予約をすると、950バーツ(約2,850円)、JTBだと900バーツ(約2,700円)でした。

思っていたよりも安いです!船は立派だし絶対もっと高いと思っていました。これなら全然気軽に行ける値段ですよね。

バンコクで居酒屋へ行ったら、1人1,000バーツなんて余裕で超えてしまいますから、それを考えればこの値段でディナークルーズを体験できるのはお得です。

参考までにHISとJTBのサイトのリンクを貼っておきますので、興味がある方はどうぞ!

HISサイト

JTBサイト

まとめ

日本ではディナークルーズなんてなかなか体験できないですので、せっかくタイに旅行で来たなら一度は体験しておいて損はないなと思いますよ。

またタイに住んでいる方でも、一度体験してみた方がいいですよ。また日本から家族や友人が来た時に連れて行ってあげると、きっと喜ぶと思います。

僕自身も、今度は他のディナークルーズも体験してみようかなと思ってしまいました。

という訳で、きーきあっがお伝えしました。

それではまたまた!

<広告>

down

コメントする




きーきあっ

きーきあっ

美味しいもの、一人旅、野球、サッカー、数少ない友達、タイ人嫁、 それさえあれば生きていけます。

広告

スポンサードリンク

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930