人気記事:全てのタイ・リーグファンに捧ぐ!今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2020

ヤワラーの餃子専門店【168 Gyoza】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

突然ですが、ずーっと疑問に思っていたことがあります。それは、

ヤワラーって、中華街なのに餃子専門のお店ってなくない?

ということです。

いや、正確に言うと餃子を食べられるお店はいくつかあります。
でも餃子をメインに、餃子をウリにしているお店ってないんですよね。(あったら教えてください)

でも、そんな疑問というか不満を解消してくれるお店を見つけたんです。
お店の名前は、

【168 Gyoza】

です!

このお店、少し前にヤワラーを訪れた際に見つけたのですが、その時はちょうどギン・ジェー(タイの菜食週間)で、お店も野菜の餃子だけしか扱ってなかったんです。

せっかく食べるのにそんな制限付きは嫌だなと思い、その時は諦めましたが先日ようやく行く事ができました。

さて、いったいどんな餃子が食べられるのでしょうか・・・。

【168 Gyoza】への行き方

お店はジャルンクルン通りからヤワラー通りへと抜けるプレーン・ナム通りにあります。
といっても分かりづらいと思いますが、MRTワットモンコン駅の3番出口からすぐと言えば、ほら行きやすいでしょ!

お店の外観はこんな感じです。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。中国チックな雰囲気です。ちなみにまだオープンして4カ月弱だそうです。

こちらがメニューです。

メニューはタイ語と英語、そして中国語表記です。

と思ったら英語表記は先ほどのページだけであとはタイ語オンリー。なぜ?なぜ?

でも写真付きなので、何となくどんな料理かはわかります。
また、タイ語の注文用紙での注文なので、タイ語の読み書きができない人は店員さんに口頭で告げましょう。

とりあえず注文を済ませ、卓上の調味料を眺めながら、早く餃子が来ないかなと待ってました。

そして待つこと数分、注文した料理が運ばれてきました!
まずはこちら。蒸し餃子です。値段は78バーツ(約273円)です。

胡麻がかかっているのがちょっと変わってます。

続いてはこちら。小籠包です。値段は4個でこちらも78バーツ(約273円)です。

え?小籠包だよね?って思ってしまうくらい変わった形をしています。でも小籠包です。

メニューの形とも違う気がしますが、間違いなく小籠包です。

続いてはこちら。龍のひげ的な意味の麺料理だそうです。値段は88バーツ(約308円)です。

平べったく太い麺です。龍のひげとかシャレた名前が付いてますが、僕にはどうしても焼うどんにしか思えませんでした。

そしてお待ちかねの焼き餃子。8個入りで128バーツ(約448円)です。

最後にもう1品。麻辣味の焼き餃子です。値段は78バーツ(約273円)です。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

いくつか注文しましたが、一番のお気に入りは麻辣餃子。麻辣味のタレも付いてくるのですが、そのまま食べても麻辣の風味を十分感じられます。さらにタレを付けると風味が倍増!これはいいなあ。

あと、焼き餃子も美味しかったですよ。個人的にはパリパリな焼き加減が好きなのですが、この手のタイプってどうしてもふにゃっとなるんですよね。でも味は美味しかったです。

そして気になる小籠包。テーブルの上に置かれた時は正直微妙だなあと思ったのですが、食べてみるとちゃんとスープがたくさん入ってますし、味も普通に美味しかったです。

ビジュアルでいったんハードルを下げておいて、実はちゃんと美味しいというちょっとズルいタイプの小籠包でした。

そんな中で蒸し餃子だけは他の餃子に比べるとインパクトが弱かったかな。決して味は悪くないのですが地味というかパンチに欠けるというか。

あと焼うどん。いや、焼うどんではないけど面倒なので焼うどんと呼びます。
いや、実際食べてみても醤油味の焼うどんでした。

あ、これは決してバカにしているわけじゃなく、それくらい素朴で美味しかったんです。
ジワジワとハマってしまい、最終的にはとても気に入りました。これは万人受けすると思います。

ということで、妻と2人で全5品をあっという間に完食です。
お会計はペットボトルの水15バーツ(約52.5円)、氷入りグラス3バーツ(約10.5円)を含め468バーツ(約1,638円)でした。

一皿の量はそんなに多くないものの、一品の値段は安めなので何かすごく安く感じてしまいました。

最後に・・・。

絶品!とまではいかないものの、どれも普通に美味しかったし値段もリーズナブルなので、なかなか良いお店ではないでしょうか。

先ほどは一皿の量が多くないと書きましたが、その分色々な種類の餃子を食べられるのだから、これでいいのかもしれません。

あと、メニューはほとんど餃子だけ、あとは麺類が少しと前菜的な料理だけなので、一般的な中華料理店をイメージすると、
「なんだよ、この店は餃子しかないじゃん!」
という気持ちになるので、餃子を食べに行くという目的で利用してくださいね。

ということで、餃子好きは一度お試しあれ。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:168 Gyoza
場所:5 Plaeng Nam Rd, Khwaeng Samphanthawong, Samphanthawong, Bangkok 10100
電話番号:090-499-8628
営業時間:火~木 11:00-20:30 金~日 11:00-21:30
定休日:月
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/168GYOZA-106080834509586/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です