注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

バンコク旧市街のレストラン【59 ÌM Modern Bistro @ IM En Ville】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【59 ÌM Modern Bistro @ IM En Ville】

です!

こちらはバンコクの旧市街にあるレストラン。何故に妻、義母、叔父さんと4人で行ったのかって思ってしまうくらい、オシャレなお店でした。

ということでさっそく紹介しちゃいます!

【59 ÌM Modern Bistro @ IM En Ville】への行き方

場所はバンコク旧市街、サオシンチャー(巨大ブランコ)から比較的近いところにあります。

MRTサムヨット駅から歩いて8~9分と、余裕の徒歩圏内です。

お店の外観はこんな感じです。まずはこちらの壁に描かれた絵を目指してきてください。

1階にもお店があるのですが、こちらは同じ系列のカフェ。今回紹介するお店とは違うので注意を!
ただ、こちらのカフェも良さげでした。

そして今回のお目当てのお店は2階にあります。

こちらの階段を使って、2階へと上がりましょう。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。やっぱりこのメンツで訪れるにはちょっと場違い感溢れるオシャレな雰囲気。

こちらがメニュー。

メニューは英語表記で写真付き。

前菜、サラダからパスタやステーキまで幅広くあります。

こちらドリンクメニューの一部。ちなみにテーブルごとに大きなボトルの水がサービスで置かれていたので、今回ドリンクは注文しませんでした。

注文を済ませ待つこと数分、まずやってきたのがこちら。

ルッコラとパルメザンチーズのサラダ。値段は290バーツです。

続いてはこちら。レモンとガーリック、ペコリーノチーズのパスタ。値段は299バーツでした。

更に続々と注文した料理が運ばれてきます。

こちらは海老とトマトソースのリングイネ。値段は429バーツです。
シェフおすすめのマークが付いていたので注文してみました。

こちらはトリュフマヨのコロッケ。値段は195バーツ。

ロブスタービスクのリゾット。値段は529バーツです。

そしてメイン系の料理から。ポークチョップです。値段は519バーツでした。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

例えばパスタは味付けも茹で加減もちょうど良かったですし、メインのポークチョップの肉質も良かったですし、どれも美味しかったですよ。

妻や僕とは違って、料理の評価には非常に厳しい義母や叔父さんが美味しいと言いながら食べていたのが何よりの証拠。

ということで以上の料理を4人でしっかりと完食です。

そして義母がデザートが食べたいと(義母は70歳を過ぎているのにめっちゃ元気で食欲旺盛なんです)いうことで、デザートメニューをチェックし選んだのがこちら。

「Sticky tofee pudding」です。値段は269バーツでした。

下はサクサク、真ん中はモチっとしていて、そして上のアイスは冷たい(当たり前)というスイーツでした。

僕も一口いただきましたが、美味しかったですよ。

デザートまでしっかりと食べたところでお会計。

税・サービス料がそれぞれ加算され、2,783バーツでした。

最後に・・・。

お店の雰囲気も良かったし料理も美味しかったしで、素敵なお店でした。

間違いなく言えるのは、今回のような組み合わせじゃなく、デートとか友人との食事に向いているお店だということ。
何故この店に行くにあたって、妻とは義母や叔父さんを誘ったのか?まあ、義母も叔父さんも満足していたので良かったんですけど。

今回僕達は日曜日の昼間に訪れましたが、夜はまた雰囲気が変わって、良さげな予感。

ということで、気になる方はぜひ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:59 ÌM Modern Bistro @ IM En Ville
場所:59 Fueang Nakhon Rd, Wat Ratchabophit, Phra Nakhon, Bangkok 10200
電話番号:065-612-6688
営業時間:木~火 11:30-21:30
定休日:水
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/imenvillebangkok/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です