人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

激辛ガパオ!【Arno Thai】の辛さMAX「Atmic Spicy」にチャレンジしてきた!

どうも、きーきあっです。

先日より続いたベトナム・ダナン旅行ネタも昨日で最後。
本日より平常運転へと戻ります。

そのダナンからバンコクに戻ってきたのが夕方。帰宅後妻が、

「お腹が空いたからどこか食べに行こう!」

と。

何が食べたいかという話になったのですが、ガパオが食べたいなあと。
そして、そんな中選んだのは、

【Arno Thai】

でした!

【Arno Thai】といえば、熟成肉のステーキで一躍人気店になった【Arno’s】グループのタイレストランです。

こちらの店は以前にもこのブログで紹介しています。
詳しくはこちらの記事をどうぞ!

どうも、きーきあっです。バンコク在住者の中で有名な【Arno's】。 元々ナラティワート通りにあった熟成肉で有名なステーキハウスが、トンローやエムクオーティエなどにどんどん支店を出し、更に人気になっています。僕のブログでも紹介したことがあります。そ...

 

そして今回食べたのは、激辛のガパオ。
なんとなく辛い料理を食べたいなという気分になって、めちゃくちゃ辛いガパオにチャレンジしてきました!



【Arno Thai】への行き方

場所はナラティワート通り沿い、BRTタノンチャン駅からすぐのところにあります。
こちらがそのお店です。

地図も載せておきますね。

店内の様子

こちら店内の様子。

こちらがメニュー。

で、ガパオですが辛さを4段階から選べます。
今までは2番目の「Spicy」を選ぶことが多かったのですが、今回は思いきって1番辛い「Atomic Spicy」を頼んでみることにしました。

辛さを表す絵が唐辛子じゃなくて爆弾ってところに一抹の不安を感じつつオーダーしました。

こちらは妻が注文した「Beef Shank」ヌードル。値段は55バーツ(約192.5円)です。

麺はセンミーという細麺を選択。

そしてこちらは妻が注文したアヒル肉のバジル炒め。ガパオ・ペットです。
辛さは2番目の「Spicy」を選んでいました。

値段は70バーツ(約245円)でした。

そして僕が注文した牛肉のガパオ。「Sliced Bucher Cut」をチョイス。
値段は120バーツ(約420円)です。

途中で書いた通り、「Atomic Spicy」という1番辛いやつを選びました。
もう唐辛子の種がいっぱい!

少しでも辛さを和らげるべく目玉焼きのトッピングも忘れずに注文しました。
妻も頼んだので2つ。1個10バーツ(約35円)です。

ご飯の上にのせてみました。

それともう1品。ルークチンという肉団子ですね。牛肉の肉団子を焼いたやつ。
値段は60バーツ(約210円)です。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

ここのガパオは何度も食べていますが、やっぱり美味しい!
牛肉は程よく柔らかく、また歯ごたえもあり肉の旨味もあり。

で、それよりも・・・

辛ーーい!

まあ辛いですよ、そりゃあ。すっごく辛いです。
でも、テレビのバラエティー番組で芸人がリアクションするような、そんな辛さじゃないです。

あ、でもやっぱり辛い。これが食べ終わった後の皿ですが、まあ唐辛子の量の凄いことといったら。

妻が、

「何でそんな辛いのを頼んだの?」

と不思議そうな、そしてアホを見るような顔をしていましたが、目を合わせないようにしつつ頑張って完食です。

お会計は税7%が加算され、345バーツ(約1,207.5円)でした。
やっぱり安いなあ。



まとめ

やっぱり安定の美味しさです。

そして「Atomic Spicy」の名前にふさわしく、破壊力抜群の辛さでした。
辛さに強い人はチャレンジしてみてほしいですが、辛さが苦手な人は絶対に手を出さないようにしてください。

でも、ブログのネタ的には食べられないくらい辛いというのを期待していたので、それを考えると思ったよりはって感じでした。

辛さはおいといて、ここのガパオは美味しいのでぜひ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Arno Thai
場所:1721/5 Chan Kao Rd. 10 Alley, Thung Maha Mek, Sathon, Bangkok 10120
電話番号:02-286-2635
営業時間:11:00-20:00
定休日:なし
URL:http://arnosgroup.com/
Facebook:

<広告>






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です