注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

ラーチャダムリのタイレストラン【Arun Thai Cuisine by SEE FAH】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Arun Thai Cuisine by SEE FAH】

です!

今回何故こちらのレストランを訪れたかというと、レストランアプリ【Hungry Hub】を利用したからなんです。

【Hungry Hub】はレストランでは通常やってない食べ放題メニューやコースなどが楽しめるお得なアプリです。
登録も利用料ももちろん無料。僕も今まで何度か利用したことがあります。詳しくはこちらをどうぞ!

https://web.hungryhub.com/?locale=en

で、今回はこちらのアプリから、料理5品を選んで2人で1,190バーツ(約4,165円)というコースを利用してみました。

さて、いったい、どんな料理が食べられるのでしょうか・・・。

【Arun Thai Cuisine by SEE FAH】への行き方

お店はラーチャダムリにあるホテル【グランデセンターポイント・ラーチャダムリ】のG階にあります。
BTSラーチャダムリ駅から歩いて6~7分と余裕の徒歩圏内です。

お店の外観はこんな感じです。

地図も載せておきますね。って、グーグルマップではちょっと店の位置がちょっとずれているので、ホテルを目印に行ってみてください。

注文しよう!

こちら店内の様子。さすがホテルのレストランという雰囲気。

で、こちらがメニューです。

注文の仕方ですが、まずグループAから1品、グループBから3品、そしてグループCから1品の計5品を選びます。
そしてドリンクも1杯無料なので同じくメニューから選びましょう。

またこちらでもお店のメニューを見ることができますので、チェックしてみてください。

https://issuu.com/seefah-menu/docs/arun_thai_cuisine_by_see_fah_menu?fr=sMTQ0NzQ0NzU5Mjc

僕達は店を訪れる前に何を頼むかの打ち合わせを綿密におこなったので、サクサク注文ししばし待ちます。

ドリンクですが僕は左のマンゴージュースを、そして妻は右のプラムジュースを選びました。

そして待つこと数分、料理が運ばれてきました!

まずはこちら。キャベツのナンプラー炒めです。こちらはグループCからの注文です。

お次はこちら。川海老載せパッタイです。こちらはグループBの料理です。

庶民の料理というかストリートフードのパッタイも、大きな川海老が載ることであっという間に高級料理に。

通常パッタイといえば唐辛子や砂糖、そしてマナオ(ライム)や細かく砕いたピーナッツや一緒に付いてくるのですが、こちらの店ではどれもなし。

店の味で食べろとばかりに予め味付けがしっかりとされていました。

続いてはこちら。イカのカイケム(塩漬け卵)ソース炒めです。こちらもグループBから。

もう1品グループBから選んだのはアヒル肉のレッドカレーです。このブログでも頻繁に登場する料理です。
カレー系は他にもグリーンカレーやマッサマンカレーもあったのですが。この料理が好きな妻が頑として譲らずこちらに。

そしてメインで選んだのは川海老のガーリックソースです。グループAからのチョイスです。
こちらはお店のシグネチャーメニューだそうで、それだったら頼まないわけにはいかないでしょってことで注文しました。

とにかく海老の大きさとたっぷりかかったガーリックソースに圧倒されます。

 

ご飯は無料で付いてきます。妻はライスベリー、僕は普通の白飯を選びました。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

まずメインの川海老のガーリックソースですが、大きな川海老の身はプリップリ。そして丸ごと揚げているので海老味噌もたっぷり詰まってます。

ガーリックソースもご飯にかけて食べてもいけるんじゃないかってくらい美味しくて、もちろん川海老との相性もバッチリです。

また川海老以外で印象に残ったのは意外にもパッタイでした。

レストランで食べるパッタイって、値段ばかり高く味はその辺の屋台とそこまで大きく変わらないんじゃないっていうものも少なくない中、久しぶりにレストランのパッタイで美味しいなって思うものに出会いました。

とはいえベースはパッタイなわけですから、特別何か味が違うとか高級食材を使っているとかではないですけど、でもしっかりと美味しいなと。

メインで川海老を選んでるんだから、ここで被る必要はなかったなと思いながらも、パッタイの脇で存在感を出していた川海老のグリルも美味しかったです。

その他アヒル肉のレッドカレーもイカのカイケムソースも、そしてキャベツのナンプラー炒めも、定番の料理ながらどれも普通に美味しかったです。

ということで妻と2人で料理5品をしっかりと完食です。

お会計は最初に書いた通り1,190バーツ(約4,165円)でした。税・サービス料込の料金でした。

普通なら税・サービス料はかかると思いますし、料理5品にご飯とドリンクが付いての値段ですからこれはお得ですよね。

最後に・・・。

多くの外国人が宿泊するホテルのレストランということで、全体的に味付けがマイルドというか外国人向けになっているなという印象がありました。

といっても美味しくないという意味ではなく、食べやすいということなので、タイ料理を普段食べてない人や日本から訪れた家族や友人を連れて行くのに適しているのではないかなと。

そして店の雰囲気や接客などはさすがホテルのレストランといったところ。

ということで、気になる人はぜひ!

あと最初に紹介した【Hungry Hub】は他にも色々なレストランで利用できるのでチェックしてみてくださいね。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Arun Thai Cuisine by SEE FAH
場所:Grande Centre Point Ratchadamri (L floor, 153/2 Mahatlek Luang 1 Alley, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
電話番号:088-979-5032
営業時間:11:00-22:00
定休日:なし
URL:
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です