人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

HARALな日本食レストラン!?ソイチュラの【Aya】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

ちゃんとした日本食レストランレストランが好きなのは当たり前なのですが、バンコクにある微妙な日本食レストランも嫌いじゃなかったりします。

そんな訳で今回紹介するのは、

【Aya】

です!

もう色々とツッコミどころが多く、個人的には結構ツボでした。



【Aya】への行き方

場所はソイ・チュラ12。スパチャラサイスタジアムの裏手にあります。
BTSナショナルスタジアム駅やMRTサムヤーン駅から10分ちょっとで行けます。

こちらがそのお店です。

こちらの看板が目印です。しかしアヤというカタカナで店名はわかるとして、その上に書いてあるのは漢字?
さっそくこの辺がツッコミポイントだったりします。

地図も載せておきますね。

店内の様子

店内の様子。新しくオープンしたばかりなので綺麗です。

店の看板はアレでしたけど、店の中は至って普通。

なんて、そんな訳はなく、なんか意味深な文字が。

こちらがメニューです。

メニューは刺身や寿司をはじめ、一般的な日本料理が並んでいます。
看板や店内の文字はともかく、メニューは普通っぽいですね。

でもメニューを見ていくうちに、なんかおかしいなあという事に気づきます。

こちらカレー。ここでも何かがおかしいなあと。

ラーメンのメニューを見て確信しました。

そう、このお店、ムスリム向けの日本料理店なのです。
その証拠にかつ丼はチキンカツだけだし、カツカレーのカツもチキンだけだし、ラーメンは豚骨味がないんです。
牛肉や鶏肉を使ったメニューはあっても、豚肉を使ったメニューが全くありません。

さらに決め手はこちら。ラマダンセットって・・・。しかもどんだけ食べるのよ。

 

ラマダンセットの前には、こんなざるそばフェアも霞んでしまいます。

とりあえず注文を済ませ、しばし待ちます。店内のテレビでは日本の旅番組。
こちらでもハラル認証されているお店を紹介したりしていました。

飲み物は水を注文。20バーツ(約70円)です。

そして待つこと数分、注文した料理が運ばれてきました。
今回注文したのは、ハンバーグ丼です。値段は220バーツ(約770円)です。

ハンバーグ丼との事でしたが、どちらかというとミートボールと呼んだほうがいい大きさでした。
そしてその上には謎の白いソースがかかっています。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

うーん、まあまあかな。

ハンバーグは焼いたというか揚げたというか、微妙な火の通し方。
そして謎の白いソースは謎が解けない味。マヨネーズとサワークリーム的な味でした。

そしてご飯にかかっているタレはどう考えても鰻丼と兼用していると思われる味。
もう全てがミステリアスです。

いや、決して不味いわけじゃないですが、褒めちぎるほど美味しくもない。
この料理を作ったシェフが、今まで日本料理を食べたことがなく想像で作ったのなら、いい想像力しているねと褒めてあげたいけど、日本料理を食べたことがあったとしたら、一体どこで何を食べたんだよって問い詰めたい。
そんな料理でした。

とっても不思議な気分になりながらも、しっかりと完食です。
お会計は税・サービス料がそれぞれ加算され、257バーツ(約899.5円)でした。
え?サービス料も取るんかい。



まとめ

このお店の半径5km以内に、他に日本食レストランがなかったら月イチくらいで通うかもしれませんが、そうでなければ何度も足を運ぶお店ではないかなあというのが正直なところ。

ただ、逆にカレーとかラーメンとか食べてみたい気がするので、もう1回くらいチャレンジしてみようかなとも思っています。
あ、どなたかが行かれて感想を教えてくれれば行かないかもしれませんけど。

ただちょっと値段は高めかなあ。ハンバーグ丼もあの値段を取るなら味噌汁とかサラダくらいは付けてもよいと思いますけど。

と、色々書きましたけど、個人的に嫌いではないです、こういうお店。
他の人はそんなにおすすめしないですけれども。

という事で、それでも気になる方はぜひ。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:aya
場所:ソイ・チュラ12
電話番号:091-737-0537
営業時間:11:00-21:00
定休日:なし
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/ayahararu

<広告>









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です