人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

ラーチャティーウィーの【Baan Progressive Thai Cuisine】はおしゃれタイ料理を出すお店!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Baan Progressive Thai Cuisine】

です!

少し前にツイッターでこのお店の存在を知って、行ってみたいなーって思っていたんです。
なかなか面白いお店でしたよー。



【Baan Progressive Thai Cuisine】への行き方

場所はBTSラーチャティーウィー駅から徒歩3分ほど、非常に行きやすい場所にあります。
こちらがそのお店です。小さなお店なので見逃さないように!

こちらの看板が目印です。

地図も載せておきますね。

店内の様子

こちら店内の様子。テーブル席が数席、それほど大きくないお店です。

店内にはレトロ感溢れるものなど、色々と面白いポスターが貼られていました。

なぜか仮面ライダーまで!

こちらがメニューです。

おしゃれなメニュー。

メニューはタイ語と英語表記です。

なんか美味しそうな料理ばかりだなあと思いながらも、なんとなく気になる点が。
それは、料理名にダジャレっぽいものがあること。

例えば「I Larb You」とか、「Home Satay」とか。

とにかく色々な種類があり、何を注文しようか迷ってしまいます。

 

こちらは妻が注文したタイティー・ラテ。値段は75バーツ(約262.5円)です。

僕が注文したのはバタフライ・ラテ。インスタ女子か。値段は同じく75バーツ(約262.5円)。

続いて料理を紹介します。
僕が注文した「I Am From India」。
インドカレーテイストの牛肉入りレッドカレー。値段は150バーツ(約525円)です。

インドテイストのカレーに牛肉を入れていいのかって話ですが、そのあたりはマイペンライという事で。

ご飯はバタフライピーで青く色付けしています。まさかのドリンクとのバタフライピーかぶり。

そしてこちらは妻が注文した料理。名前を忘れてしまいましたが、豚肉を甘辛い味付けで炒めてあります。

豚肉の下にあるご飯はもち米です。

そしてもう1品。「Home Satay」。ダジャレのセンスに負けて注文しちゃいました。
いわゆる普通の豚肉のサテです。値段は120バーツ(約420円)です。

普通はソースが別添えなのですが、こちらのサテは予めソースがかかっていました。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

まずインド風味のレッドカレーですが、これがその言葉のとおり基本的にはタイのレッドカレーなんですけど、スパイスなのかどことなくインドカレーの風味もする不思議な味です。
不思議な味というとイマイチなのかって思うかもしれませんが、いえいえ、これが美味しかったです。

で、妻の注文した丼もの。これがめちゃくちゃ美味しい!
豚肉の甘辛い味付けとモチっとした食感のもち米。←シャレでなくて

食べた時に何かに似ているなーって思っていたんですけど、途中で気がつきました。

ムーピン(豚串焼き)とカオニャオを食べている時の味だ!

ムーピンとカオニャオを丼にしたと言えば、イメージが沸くと思います。←沸きますよね?

いやー、これは結構好きです!さっきのカレーより好きです。

あとサテですが、名前は面白いですが味は普通でした。出オチ感いっぱい。

1品1品のボリュームはそれほどでもないので、あっという間に完食です。
料理が美味しかったので、デザートも気になるなあということで1品だけ頼んでみました。
それがこちら。

クラトーン(ガトーン)のシャーベットです。値段は忘れてしまいました。
クラトーン(ガトーン)って何なの?って話ですが、別名サントルともいいます。

って、名前だけ言われてもわからないって!
と思いますよね。僕も初めて名前を聞きました。

何でもタイやマレーシアで獲れる果物なのだとか。
ちょうど今が旬らしいです。

気になる味なんですが、これが美味しい!ほのかな甘みと酸味。そして良い香り。
初めて食べたのに何か懐かしいような。何だろう、何の味だろう?って一生懸命考えたら、桃に近いなあと。
そうだ、桃っぽい!これは桃だ!

と、テンション上がりつつ妻に話したのですが、桃を食べたことがない妻はポカーンとしていました。
くそ、今度一時帰国したら桃を食べさせてやると思いつつ、こちらも完食です。

お会計は705バーツ(約2,467.5円)でした。多分税・サービス料込でした。
料理3品にデザート1品、ドリンク2杯での値段なので、これは安いかな。



まとめ

料理の種類がたくさんあるので、1度行ったくらいではまだこのお店について知ることができていないなあと思ってしまうほど、なんか奥が深そうなお店です。

今回食べた料理以外にも本当に気になるメニューがあったんですよ。
なんかジワジワとハマってしまいそうな予感です。

タイ料理をちょっと前衛的な感じにアレンジしたような料理なので、普通のタイ料理より食べやすいと思う人もいるかもしれません。

とはいっても、初めてタイ料理を食べるとかタイ料理にそれほど慣れてない方よりも、タイ料理を食べ慣れていて、ちょっと変化球的なタイ料理が食べたいなって人の方がハマるかもしれないなあとも思います。

とにかく面白いお店なので、興味がある方はぜひ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Baan Progressive Thai Cuisine
場所:740/6 Phetchaburi Rd, Khwaeng Thanon Phetchaburi, Khet Ratchathewi, Krung Thep Maha Nakhon 10400
電話番号:063-109-9909
営業時間:木~火 11:00-22:00
定休日:水
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/baancuisine/

<広告>






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です