人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

アムパワーで宿泊したゲストハウス【Baanrak Amphawa】

どうも、きーきあっです。

先日両親がタイにやってきたのですが、滞在期間がなんと約2週間!

アテンドするにあたり、これはバンコクだけでは間がもたないと、タイ国内旅行を組み込んでみました。
一番最初に向かったのが、水上マーケットでおなじみのアムパワー。

そんな訳で今回紹介するのはそのアムパワーで宿泊したゲストハウス、

【Baanrak Amphawa】

です!

アムパワーはバンコクから1時間ちょっとで行ける水上マーケット。
その近さゆえ、日帰りで行く人がほとんどだと思いますが、実は1泊するのがおすすめ!

そして宿泊するなら水上マーケットに近い宿を取るのがおすすめなんです。

僕はアムパワーに泊まるのが今回で3回目なのですが、今回のゲストハウスが一番よかったかなと思います。
ということで紹介しちゃいます!

【Baanrak Amphawa】への行き方

ゲストハウスはアムパワー水上マーケットのすぐ近くなので、水上マーケットを目指して行きましょう。
行き方としては、ロットゥーというミニバンで行くのが一番一般的かな。

旧南バスターミナルからアムパワー行きのロットゥーが出ているので、それに乗って1時間ちょっとです。
モーチットバスターミナルからもロットゥーが出ているという情報もありますが、その辺は各自お調べくださいませ。

ただ旧南バスターミナルは行くのが面倒だったりするので、面倒くさい&金に糸目は付けないという人はタクシーで直接アムパワーまで行ってしまってもいいかと。

ちなみに僕たちはタクシーをチャーターして行きました。
バンコクからアムパワー、そしてその後にカンチャナブリへ行く予定だったので4日間タクシーを貸し切りました。
そのお値段は1万バーツ(約35,000円)。

これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれだと思いますが、ちなみにガソリン代、高速代込です。
運転手さんは自分で宿を手配してくれるので、宿代や食事代もこの料金に含まれています。

実は妻の知り合いのタクシー運転手さんで、妻の旅行代理店がよくお客さんを紹介していることから破格の値段で引き受けてくれたのでした。

大人4名だったのでこんな大きさのタクシーでした。これならタクシーの旅も快適!

で、こちらが今回宿泊したゲストハウスです。風情があります。

地図も載せておきますね。

部屋の様子

部屋を紹介する前にまずはこちらから。
ゲストハウスの敷地内に入り、奥に進んでいくとこんなスペースが。

 

目の前は水路!

ウェルカムドリンク的なお茶。

到着した時にはまだ部屋を掃除している最中だったので、こちらでしばし休憩します。
水の流れと風が気持ちよく、ついウトウトしちゃいました。

そして部屋の準備ができたというので、2階に上がります。
2階にもこんなスペースが。

これはいいなあ。

そして部屋はというと、こちらもなかなか素敵なベッド!

え、なかなか素敵じゃない!

と思ったら、こちらは両親のために取った部屋とのこと。
僕たちは別の部屋だというので、反対側の建物へと移動します。

廊下には椅子とテーブルが出ています。

こちらが僕たちの部屋でした。
まあ普通のゲストハウスですが、さっきの部屋を見た後だけにちょっと見劣りが・・・。
いや、いいんです。今回はあくまでアテンドをする側。

ということで、部屋は普通のゲストハウスといった感じでした。

夜には楽しいイベントが!

こちらのゲストハウス、水上マーケットまでは歩いて2~3分くらいと、とても便利。
日中は買い物や食事を楽しみましょう!

そしてお楽しみは夜!

なんと蛍を見るボートツアーがあるのです!
こちらのボートツアーは水上マーケットからも出発するのですが、このゲストハウスからも発着するのです。

つまりゲストハウスからそのままボートに乗ってツアーに参加し、そのままゲストハウスに帰って来れるのです。

チェックイン時に説明があり、もちろん僕たちも申し込みました。
ツアーは1時間ほどで、値段は1人60バーツ(約210円)。

ツアーは20時からということなので、20時前に集合しました。
夜の水路も趣きがあります。

 

こんな感じのボートがゲストハウスに横付けされます。

いざ、出発!

蛍を見る前に水上マーケットを通ります。陸側とは違った眺めが楽しめます。

1時間ほどのボートツアーを終え、ゲストハウスに戻ってきました。
蛍は見られたかって?もちろん!

写真に収めることはできませんでしたので、気になる方は自分の目で確かめてみてください!

そうそう、ボートツアーを申し込みした人は、ゲストハウスの夕食が付いています。
ただ、魚の辛いスープとかナムプリックというメニューなので、辛いのが苦手な方はパスしたほうがよいかも。

朝にもイベントが!

こちらのゲストハウスでは、夜のボートツアーに負けないくらい、朝にも貴重な体験ができます。
それは何かというと・・・托鉢!

托鉢というのはお坊さんが鉢を持って回り、そこにお供え物をすることをいいます。

え?托鉢なんてバンコクでもできるじゃん、全然珍しくないじゃん!と思うかもしれませんが、全然違うんです。
何が違うかは後のお楽しみとして、こちらが托鉢セット。

ゲストハウスで用意してくれます。1セット100バーツ(約350円)です。
これはチェックインの時に説明があり、希望する人だけ申込します。

何がユニークなのかというと、お坊さんがボートでやってくるんです。

ボートでやってきたお坊さんにお供え物を渡します。その際にお経を唱えてもらいます。

お経を唱え終わったお坊さんは、隣のゲストハウスへと向かうのでした・・・。

これは貴重な経験だと思うので、もし泊まった際にはぜひチャレンジしてほしいです。
ちなみに朝6時に起きなければならないですけどね。

朝食がすごい!

こちらのゲストハウスは朝食付きなのですが、これがかなり充実しています!

少しずつ料理が並べられていきます。

なんと朝からガパオやグリーンカレー、パッタイなんかが並びます。
これが全部食べ放題!しかも全部手作りです。

というわけで朝からガッツリとガパオライスを食べてしまいました。

またご飯だけじゃなく、フルーツやタイのお菓子も食べ放題です。
カオニャオマムアンなんかもありますよ。

このお菓子もめちゃくちゃたくさん種類があって、しかも美味しい!
こちらももちろん食べ放題です!

こんな眺めで食べる食事が美味しくないわけがありません。
いや、実際料理も美味しかったです。

最後に・・・。

ということで、アムパワーに1泊してきたのですが、こちらのゲストハウスはとても良かったです!
水上マーケットまで歩いてすぐという立地も魅力ですし、またゲストハウスのスタッフもすごく親切でした。

朝ご飯も美味しかったし。

今回久しぶりにアムパワーに泊まってみたのですが、やっぱり日帰りじゃなく1泊するのがいいなと思います。
ゆっくり市場も回れますし、夜の景色も素敵ですし。

そんなわけで、ぜひアムパワーに行く際には1泊してみてください!
そしてその時にはこちらのゲストハウスを宿泊先の候補に入れておいてください!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Baanrak Amphawa
場所:アムパワー水上マーケットすぐそば
電話番号:084-098-3083
営業時間:
定休日:
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/baanrakamphawahomestay/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です