人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

スラサックの麺専門店【Bar Mee】はこだわりの店!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Bar Mee】

です!

タイ語で中華麺を意味するこのお店、なんでもこだわりの麺専門店だそうで。
さて、一体どんなこだわりを持つお店なのでしょうか?



【Bar Mee】への行き方

お店はスラサック通りの【SVL House】というビルの中にあります。
BTSスラサック駅から徒歩6~7分くらいです。

こちらがそのお店です。

地図も載せておきますね。

店内の様子

店の中に入るとすぐ左手にカウンターがあるので、まずはこちらで注文とお会計を済ませましょう。

こちらがメニューです。

メニューは英語とタイ語と中国語表記で、写真付きです。

で、こちらが店内の様子。

電源付きのカウンター席もあります。麺を食べるだけで長居するかどうかはさておき。

冷蔵庫にはドリンクと持ち帰り用の麺が入っていました。

ドリンクを注文しようかと思いましたが、無料のお茶があるのでやめました。
ちなみに温かいお茶と冷たいお茶があり、セルフサービスでどうぞ。

湯呑みはどこ?と思ったら、引き出しの中にありました。

 

注文した料理が出来上がったら番号を呼ばれるので、こちらのカウンターまで取りに行きます。

番号はレシートに書いてあるので捨てないように。

そして待つこと数分、ついに僕たちが注文した料理が出来上がりました。

まずはこちら。妻が注文したスペシャルソイソースのアヒル麺。値段は120バーツ(約420円)です。

そしてこちらは僕が注文した、ホームメイド・トムヤムヌードル。値段は150バーツ(約525円)です。
ちなみに左手に見える白い食材、イカかと思ったらココナッツの実でした。

トムヤムスープは別添えになっていて、自分で書けるタイプのやつです。

ということでスープをかけてみたところです。トムヤムというより担々麺っぽいですね。

こちらはビーフトッピングなるメニュー。煮込まれた牛肉とルークチン(肉団子)です。
値段は80バーツ(約280円)です。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

まずアヒル麺ですが、こちらは確かに美味しいけどそこまで絶賛するまではいかないかなと。
でも確かに丁寧に作られた感、良い食材を使っている感はありましたけどね。

一方トムヤムヌードルの方はというと、これがめちゃくちゃ美味しい!
特にスープが絶品!そこまで辛さや酸味は強くないけど、その分旨みが感じられます。

麺を食べる時にスープを全部飲み干すことはほとんどないのですが、これは全部飲んでしまいました。

ということであっという間に完食です。

で、気になるのはこちらの持ち帰り用麺。
妻と一緒に眺めていたら、味噌スープの麺に限りプロモーション中でBuy 1 get 1 freeとのこと。
つまり、1個買ったら1個おまけ。

ということで買って帰ってきてしまいました。
こちらは1つ150バーツ(約525円)でした。でも2つだから実質半額。

調理方法はとっても簡単。一緒に付いてくるペットボトルの水をカップに入れレンジでチンするだけ。

こちらの麺の感想ですが、妻曰く美味しかったと。
賞味期限が2日しかなく、食べるタイミングがなかったので全部妻が食べました。

美味しかったと聞くと、食べたくなるなあ。



最後に・・・。

屋台や食堂の麺と比べると値段が2~3倍しますが、正直それだけの価値はあるなと思います。
屋台とかの麺と比べるより、バンコクにある日系のラーメン屋と比べる方が正解かな。

だとすると、下手に高くてイマイチなラーメンを食べるよりはこちらの方が断然いいです。
タイの麺好きはぜひ試してみてほしいですね。

そうそう、最初に書いた「こだわりの店」について、一体どこが?と思いましたよね。
実はこのお店、タイのクイッティアオ屋さんに必ずあるものがないんです。

何だと思います?答えはこの後!

 

 

 

 

 

 

答えは、調味料がないんです!
タイの食堂に置いてある、砂糖・唐辛子・ナンプラー・輪切り唐辛子入りの酢の4種類の調味料、ほとんどの人が見たことがあると思います。

でもこちらのお店にはそれがないんです。
というのも、味に自信があってそのままの味を楽しんでほしいという願いなのだとか。

ということで、そんなこだわりの麺をお試しあれ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Bar Mee
場所:35 SVL House Bldg, Surasak Rd, Bangkok 10500
電話番号:091-723-2650
営業時間:10:00-21:00
定休日:なし
URL:https://bar-mee.business.site/
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です