人気記事:彼氏&夫にするなら一人旅好きの男性が絶対的におすすめ!

バンコクで食べられる豚の生姜焼きでご飯が1番すすむのはどこか、1週間かけて調べてきた!(後編)

どうも、きーきあっです。

バンコクで食べられる豚の生姜焼きの中で、ご飯が1番すすむのはどれかを1週間かけて調べるという企画の後編です。
まだ前編をご覧になっていない方はこちらからどうぞ!

どうも、きーきあっです。ご好評いただいている、1週間食べ比べ企画!同じものを1週間食べ続けるのは胃袋的にも精神的にも楽ではないんです。でもツイッターなどで面白いとか参考になるとかコメントをいただくと、やっぱり嬉しいんです。さらにフォロワーさんがその...

 

全編では初日から4日目までの様子をお伝えしましたが、後編は5日目から最終日の7日目までです。
さて、一体どこの店の豚の生姜焼きがおすすめなのか?答えはこの後!



5日目 みずこし(スリウォン)

5日目。ここまで4日連続で豚の生姜焼きを食べてきましたが、今のところ飽きる様子はありません。
ただ、4日目はややイマイチ感があったので若干テンションは下がっておりました。

そんな中で訪れたのはスリウォン通り沿いにある【みずこし】です!
少し前にこちらの店を初めて訪れたのですが、めっちゃ美味しくて感動しました。
その時の記事はこちらからどうぞ!

どうも、きーきあっです。最近スリウォン通り沿いでランチが食べられるお店を紹介する機会が多い気がしますが、今回もそんなスリウォン通りにあるお店です。今回紹介するのは、【みずこし】です!少し前、いやだいぶ前にスリウォン通り沿いにオープンし、ずっと気に...

実はその時に豚の生姜焼きを見つけ、食べようと思ったのですがこの企画のために敢えて注文するのをやめておいたのです。

この企画を始める前に、僕自身ここが本命なのではないかと予想していたお店です。
それだけにとても楽しみにしていました。
そんなお店はこちらです。

地図も載せておきますね。

店に入り席に着くと、冷たいお茶と温かいお茶をどちらにするか聞かれました。
この日はオフィスがかなり寒く体が冷えていたので珍しく温かいお茶を注文しました。
こちらはサービスです。

いつものようにメニューを見て迷うふりをしますが、当然決まっています。豚の生姜焼きを注文します。

待つこと数分、ついにやってきました。
豚の生姜焼き定食270バーツ(約810円)です!

5日目にしてついに出ました、小間切れじゃないタイプのやつ。
通称「お上品生姜焼き」!←勝手に命名

個人的には小間切れの安い豚肉の方が美味しそうに見えるし、そもそも豚の生姜焼きは下品な食べ物(うーん言い方!)という持論があり、ちょっとオシャレな洋食屋もしくは和食の店で出てくる気取った生姜焼きはあまり得意じゃないんです。

そんな中、まさにそのイメージを具現化したような生姜焼きが出てきて、うわ、出た!と思ってしまいました。

という事でそんなにいい印象がない中で、それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

見た目通り上品な味付けだけど、でも美味しい!これは美味しい!
ご飯がすすみお替わりをお願いしたところ、2杯目にもしっかりと「ゆかり」がかかっている細やかなサービス!

食べる前から色々悪く言ってごめんよと心の中で謝りつつ、しっかりと完食です。
お会計は税・サービス料がそれぞれ加算され、318バーツ(約954円)でした。

今まで食べた中で一番値段の高い生姜焼きでしたが、美味しかったので構いません。
値段も大事ですが、やっぱり味が正義です。

6日目 キッチン新潟(プロンポン)

いよいよ6日目。ゴールが見えてきたこの日に訪れたのは、プロンポンにある【キッチン新潟】です。
プロンポンエリア在住の日本人にはすっかりお馴染みのこの店。
実は今回の企画にあたり、プロンポンエリアでいくつか行ってみようと思った店はありましたが、ここの生姜焼きがきっと美味しいんじゃないかって、勝手に思いながら訪れました。

そんなお店はこちらです。

地図も載せておきますね。

こちら店内の様子。

いつものようにメニューを見て悩むふり。

ちなみに先ほどのメニューに載っているのは単品なので、ご飯セットを別に注文します。

待つこと数分、やってきました。生姜焼き150バーツ(約450円)+ご飯セット80バーツ(約240円)です。

 

うん、美味しそうです。期待できます。

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

肉質的にはまあまあっていうところですが、味付け的にはめっちゃご飯がすすむ!
これはすすみます。という事でご飯をお替わりしようと店員さんに声をかけます。すると返ってきた答えが

「お替わりは40バーツ(約120円)です。」

あ、有料・・・。しかもご飯1杯で40バーツとはなかなかのお値段ですな。
屋台のカオマンガイと同じくらいの値段じゃん。

でもまだ豚の生姜焼きは残っているし、それでもいいやと思い注文しました。
そんな2杯目、40バーツもするご飯も合わせてしっかりと完食です。

お会計は270バーツ(約810円)でした。
お替わりご飯は高いけど、税・サービス料込の値段なのは嬉しいです。

美味しかったしご飯はすすむ味だったけど、その分値段が高くなるというジレンマが。
まあ、元が安いし仕方ないのかなあ。

最終日 イエローリボン ホームキッチン(ナラティワート通り)

ようやくやってきました最終日!
最後はどこの店で締めようかと色々と考えたのですが、そんな中で選んだのは
ナラティワート通りにある【イエローリボン ホームキッチン】です!

お店の外観を撮るのを忘れてしまったので、とりあえず地図を載せておきますね。

こちら店内の様子。

以前にも来たことがありましたが、メニューが新しくそして立派になっている!

いやー、どれにしようか迷います。

って迷っていても、結局頼むのはこれです。

お茶とおしぼりはサービスです。

そして待つこと数分、やってきました!豚生姜焼きセットで値段は240バーツ(約720円)です。

うん、美味しそう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

付け合わせが千切りキャベツじゃなく、野菜炒めだったりとなかなかトリッキーではありますが、生姜焼き自体はなかなか美味しかったです。

本格的な生姜焼きというよりは、外国にある日本料理店の生姜焼きといったところですが、これはこれでありかな。
ご飯はお替わり自由でした。さらにご飯をお替わりした時に店員さんが、味噌汁もお替わりできますよと声をかけてくれました。

という事でしっかりご飯をお替わりしつつ完食です。
お会計は240バーツ(約720円)、税・サービス料込でした。

最高に美味しい!ってわけではないけど、でも十分アリな味でした!

最終日その2 うま食堂(プラカノン)

本当ならこれで終わりだったのですが、せっかくなのでもう1軒!
という事で本当に訪れたのは、プラカノンにある【うま食堂】です!

豚の生姜焼きといえば庶民の料理、そしてバンコクで庶民的な食堂といえば【うま食堂】!
という事で行ってきました。こちらがそのお店です。

地図も載せておきますね。

相変わらずリーズナブルな価格のメニュー!

お目当てはもちろんこちら。

こちらの店も冷たいお茶はサービスです。

そして待つこと数分、注文した料理が運ばれてきました。
生姜焼き定食180バーツ(約540円)です!

なかなかの見た目です!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

最初1口食べた時は、これだ!って思いました。
すごく好みの味というか、これぞ庶民の味というか、ご飯がすすむ味というか。
ただ、食べ進めるうちにちょっと違うかなって思ってしまいました。
美味しいんですが、後半飽きる味というか。
あと肉質がちょっと。タイで食べる安い豚肉特有のゴムみたいな食感と微妙な臭みが気になりました。

なんて偉そうに言ってますが、しっかりご飯はお替わりしています。もちろんお替わりは無料です!
そんなお替わりご飯も含めてしっかりと完食です。

お会計は180バーツ(約540円)、税・サービス料込でした。
色々言いましたが、やっぱり外国でこの値段で日本食が食べられるのは本当に幸せな事です。

結果発表!バンコクで食べる豚の生姜焼きでご飯が1番すすむのは・・・?

という事で、1週間で豚の生姜焼きを8店舗で食べました。
やりきりました!
いやー、辛かった!というのは嘘で、意外と楽勝でした。
よっぽど過去のミックスフライとかナポリタンの方が、後半に飽きを感じたのですが、生姜焼きに関してはまだまだいけるなあという実感がありました。やりませんけども。

さて、ここでその結果を発表したいと思います!
まずは3位から。3位に選んだのは・・・

【とん清】(スリウォン)

です!

ここの生姜焼きは、いわゆる食堂の生姜焼き。いい意味で庶民的な味です。
少し濃いめの味付けで本当にご飯がすすみます。

肉質は他の店と比べ若干チープ感は否めないものの、それでも3位に選びたくなる美味しさでした。
そんな3位の生姜焼きはこんな感じです。

続いて2位の発表です!
2位に選んだのは・・・

【みずこし】(スリウォン)

です!

お上品生姜焼きとか言ってましたが、実際食べてみたら本当に美味しい!
見た目通りの上品な味だけど、しっかりご飯がすすむという、悔しいけど凄いお店でした。
値段はちょっと高めだけど、これならお金を出す価値があるかなと思い2位に選びました。
こちらが2位に輝いた生姜焼きです!

さて、いよいよ1位の発表です!
バンコクで食べる豚の生姜焼きでご飯が1番すすむのは・・・

スリウォン通りにある【笹弥】

です!

高級感溢れる店の雰囲気。本来は豚の生姜焼きなんて頼まず他のメニューを頼むべきではないかと思ってしまうのですが、そんな中で出てくる豚の生姜焼きはもう絶品です!

豚の肉質、味付けともにこれは美味しい!と唸ってしまいます。
それでいてしっかりご飯がすすむ要素もあり、そしてご飯もお替わり無料!
さらに値段も高級店とは思えぬ価格設定で、おまけに税・サービス料込!

中途半端な店で食べ、結果的に税・サービス料がかかってしまうなら、こちらで食べた方が断然お得です。
あとお米も美味しかったのが印象的でした。
そんな1位に選んだ豚の生姜焼きはこちらです。



まとめ

という訳で1週間かけて、バンコクでご飯が1番すすむ豚の生姜焼きを探し選んでみました。
今回8店舗で食べましたが、まだまだ行きたい店、美味しいだろうなって思うお店があるのは事実です。

機会があれば今回行きそびれたお店も訪問し、ランクを更新していきたいと思っています。
もし、ここの生姜焼きが美味しいってお店がありましたら情報をお寄せください!

という事で、ミックスフライ、ナポリタンに続き豚の生姜焼きも食べ比べてみました。
またこういった体を張った企画をやっていきたいと思います。

実はもう次の企画のアイディアが浮かんでいるんです。
ただかなりハードなので、ちょっとビビりつつも、いつやろうかと考えております。
という事で次回の企画も楽しみにしていてください!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です