人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

パンケーキのボリュームに撃沈!プルンチットのカフェ【Breakfast Story】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Breakfast Story】

です!

こちらのお店、以前プロンポンにオープンしてからずっと行ってみたいと思いつつ全然行けずにいまして。
でもこの度プルンチットにも支店ができたという情報をゲットし、さっそく行ってきました!

【Breakfast Story】への行き方

場所はBTSプルンチット駅すぐそばにある商業施設【マハトゥンプラザ】脇のビルの2階にあります。
アクセス的には非常に便利なのですが、店はわかりにくいところにあるので頑張ってたどり着いてください。

行き方なんですけれども、まずタコス屋さんの脇の階段を上ります。

2階に着いたら左に曲がり、その突き当りにお店があります。

ずいぶん奥まった場所にあるんだなあというのが率直な感想です。

あとで気づきましたが、こんな看板も出ているのでこちらも目印にどうぞ。

地図も載せておきますね。

店内の様子

こちら店内の様子。

カウンター席もあります。レジもこちらに。

こちらがメニューです。

注文やお会計はカウンターでおこないましょう。

で、注文を済ませたわけですが、ホットコーヒーを頼んだら自分で注いでくれと言われました。
こちらのマグカップから好きなものを選んでコーヒーを注ぎます。

コーヒーはお替わり自由なので、僕のように欲張って大きいマグカップを選ばなくても大丈夫です。
値段は80バーツ(約280円)です。

また、水は無料ですよ。

注文し待つこと数分、料理が運ばれてきました。
まずはこちら。妻が注文したエッグアボカドサンドウィッチです。
値段は250バーツ(約875円)です。

玉子とマヨネーズが和えてあるタイプで、アボカドもたっぷり!

そして僕が注文した「Pancakes Full Stack」。値段はこちらも250バーツ(約875円)です。

大きめのパンケーキが4枚重なっていて、運ばれてきた時に「あ、やっちまった」と思ってしまったほど。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

まず妻のエッグアボカドサンドウィッチですが、これがめちゃくちゃ美味しい!
アボカドが入った玉子サンドなので美味しくないわけがないのですが、玉子の味も絶妙です。
これは好きなやつ!

そしてパンケーキですが、これも美味しいです!
最近流行りのフワフワなやつではなく、昔ながらのパンケーキですが、このタイプも捨てがたい魅力があります。
ただ・・・

量が凄い!

食べても食べても減りません。シンプルにバターとメイプルシロップだけというのもあって、正直味に飽きがきてしまいます。

口直し的な存在でカットフルーツも付いてきたのですが、一足先に食べ終わった妻が食後のデザートとしてパクパク食べてしまい、あっという間になくなってしまいました。

なんか命綱を外されたようで絶望的な気分になりつつ、それでも頑張って食べ続けますが途中で完全に味に飽きてしまいました。

ああ、カレーをかけたい、いやミートソースでもいいんじゃない?なんて、訳の分からない妄想までし始める始末。
要はしょっぱい味に飢えていたのです。

そこであるものを見つけました。
こちらのケチャップ&マスタード!

これをかければ味も変わって、食べられるのではということでかけてみました。
普通だったらそんな事はしないですが、人間って非常時には発想もおかしくなるものですね。

ケチャップとマスタードをかけてパンケーキを食べてみた感想ですが、

ソーセージのないアメリカンドッグ!

この表現がピッタリ、いやこの表現しか当てはまらないというくらい、そのものの味でした。
美味しいか美味しくないかはともかく、味が変わったことで食欲が復活したのですが、それも一瞬。

もうパンケーキを食べるという事自体に飽きてしまい、お腹も膨れ、限界がやってきました。
コーヒーで一生懸命流し込みましたが、残り1枚というところでギブアップ。

残念ながら完食はできませんでした。
基本的に注文したものを残すという事にとても抵抗感があるのですが、ごめんなさい、本当に無理でした。

お店の人やパンケーキに心の中で謝りつつ、店を出ました。
そうそう、お会計は税・サービス料10%がそれぞれかかって678.60バーツ(約2,375.1円)でした。

まとめ

残してしまい、本当にごめんなさい。

数人でシェアする、または大食いに自信がある方以外は、パンケーキを頼むときにはハーフサイズを頼んだ方が良いと思います。

味自体は美味しかったのですが、サンドウィッチも含め全体的に料理のボリュームがあるのでご注意を。

パンケーキのリベンジはしませんが、他の料理も食べてみたいです。
あとWi-Fiもフリーだし、ホットコーヒーはお替わり自由だったりするので、ゆっくり寛げるのもポイント高いです。

ということで、ぜひ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Breakfast Story Phloen Chit
場所:888/34-35 Phloenchit Road (2nd Floor, Khwaeng Lumphini, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330
電話番号:02-494-9188
営業時間:7:00-23:00
定休日:なし
URL:https://www.breakfaststorybkk.com/
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です