人気記事:コロナに負けず今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2021-2022

セントラルワールドにオープンしたタイレストラン【ขมิ้น Camin Cuisine&Cafe 】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【ขมิ้น Camin Cuisine&Cafe 】

です!

先日セントラルワールドへご飯を食べに行ったのですが、お目当てのお店が大混雑で入れず、じゃあ代わりにということで訪れたお店です。

そのお店で食べるのを楽しみにしていただけに、ちょっとテンションが下がり気味の状態でしたが、果たして回復したのでしょうか?

ということでさっそく紹介しちゃいます!

【ขมิ้น Camin Cuisine&Cafe 】への行き方

お店はセントラルワールドの6階、レストラン街の一角にあります。

セントラルワールドはBTSサイアム駅、もしくはチットロム駅からスカイウォークで繋がっているので、雨でも濡れずに行くことができます。

お店の外観はこんな感じです。

外観だけだと何の料理を出すお店なのかわからないくらいオシャレです。
ちなみにタイ南部の料理を出すお店です。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。オープンしたばかりということもあり、とてもきれいでした。

こちらがメニューです。

先ほども書きましたが、南タイ料理を出すお店です。
メニューも立派ですが、値段はそれほど高くはないかな。

一方こちらはドリンクメニューです。

元々ラップラオにお店があり、そちらは一軒家風のおしゃれカフェだそうで、なるほどドリンクも何か映えそうな感じのものばかり。

注文を済ませしばし待ちます。またこちらはウェルカムドリンクならぬウェルカムウォーターです。
バイトゥーイで香りづけしたお水でした。

カトラリーも素敵です。

そしてここからは注文した料理を紹介していきます。
まずはこちら。

小さなパパイヤを使ったヤムです。値段は160バーツ(約560円)です。

この料理に使われているマンゴーは「マムアン・バーオ(軽いマンゴー)」という名前の小ぶりの品種なのだとか。

続いてはこちら。「ルーク・ヘット」という揚げ物です。値段は150バーツ(約525円)です。

名前からしてキノコのフライかと思いきや、味付けした魚のすり身のフライでした。
中身はこんな感じです。魚のフライというよりかぼちゃのコロッケみたいですよね。

こちらは「プラームック・カイケム」です。値段は290バーツ(約1,015円)です。

プラームックはイカ、カイケムというのは塩漬け卵のことで、イカの塩漬け卵ソース炒めといったところです。
それにしても鮮やかな色です。そしてイカも大ぶりで見るからに美味しそうです。

鳥かごのようなものに入って運ばれてきたものは・・・

フライドチキンです。「ガイトード・カミン」と、店の名前が付いた唐揚げです。
値段は150バーツ(約525円)です。

通常なら美味しそう!ってテンションが上がるところなのですが、妻も僕も頭の上に「?」マークが出てました。
何故かと言いますと、注文した料理と違ったからです。

僕達が頼みたかったのは、同じ鶏肉料理でも唐揚げではなくこちらのスープだったんです。

でもお店に交換を申し出ることはしませんでした。いえ、できませんでした。何故なら・・・

『妻が言い間違えたっぽい』

からです。

メニューを見ながら何をこのスープは僕が妻に食べたいと伝えたのですが、その時も妻が

「ガイトードね」

と言い間違えたんです。違うよ、スープだよって訂正したんですけど、注文の時にも言い間違えたっぽいです。

ちなみに先ほどのスープの名前、「ガイ・トム・カミン」でした。確かに似てますから言い間違えも聞き間違えもどちらもありえる話です。

気を取り直して料理の紹介を続けます。
こちらは「カオ・ヤム」です。値段は180バーツ(約630円)です。

こちらはいわゆるタイのちらし寿司とでも言いましょうか。具や薬味をしっかりと混ぜてから食べます。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

まず特筆すべきはイカのカイケムソース炒めです。

イカがプリップリで、そしてカイケムソースも滑らかというかまろやかというか。

妻も僕も好きな料理なのであちこちのお店で食べるのですが、今まで食べた中でもトップクラスに入る美味しさでした。
カオ・ヤムを頼んでいながらも白飯を頼んでしまおうかというくらい、ご飯がすすむ味でもありました。

それ以外の料理も、マンゴーのヤムにしてもカオ・ヤムにしても、どれも美味しかったです。

食べるつもりがなかったフライドチキンも美味しかったですよ。

ということで妻と2人であっという間に完食です。

タイ南部の料理は辛いものが多いのですが、今回注文した中で辛い料理はマンゴーのヤムくらいでした。
それでもこのヤムが結構な辛さで、そうなるとやっぱり欲しくなるのは甘いデザート。

ということで注文したのがこちら。ココナッツミルクの中にココナッツミルクのプリンとヤングココナッツ、そして黒米が入ってます。
値段は84バーツ(約294円)でした。

ドリンクはオシャレで美味しそうなものが多かった割に、デザートメニューは正直惹かれるものがほとんどなく、その中で妻が選んだのがこれだったのですが、でも実際食べてみると美味しかったです。見た目は映えないけど。

デザートのおかげで口の中のヒリヒリも収まり、そして満腹になったところでお会計。

ペットボトルの水19バーツ(約66.5円)とあとは税7%が加算され、トータルで1,104バーツ(約3,864円)でした。

レシートを見ると水が18.69バーツ、先ほどのデザートが83.18バーツという表記だったのですが、何故そんな中途半端な金額なんだろう?
トータルでキリのいい金額になるためなのかと思ったら、1,104.09バーツという金額になっていて端数を切り捨ててるし。

なんかよくわからないけど、でもトータルの金額としてはそんなに高くなかったかな。

最後に・・・。

決してタイ料理に飽きたわけでも、嫌いになったわけでもなく、変わらずタイ料理は好きなんですけど、最近は食べる機会が以前より少なくなっているんですよね。

持ち帰り&デリバリー生活をしているのと、あとは平日は妻が夕飯を食べないため1人で食事することが多いのもあり、そうなると日本食とかあとは妻が好きじゃないハンバーガーとかその手の料理を食べることが多くて。

でもこうやってタイ料理を食べると、やっぱり美味しいなあ、タイ料理が好きだなあと改めて実感しました。

それは久しぶりに食べたからというだけでなく、このお店の料理が美味しいというのが一番の理由なんですけどね。

ってくらい、本当美味しかったです。

今回はスープとかカレーとか汁物系も頼めませんでしたし、その他にも美味しそうな料理が色々あったので、また改めて訪れたいと思います。

ということで、タイ料理が好きな方、南タイ料理が好きな方はぜひ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:ขมิ้น Camin Cuisine&Cafe
場所:セントラルワールド6階
電話番号:095-615-6615
営業時間:11:00-21:00
定休日:なし
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/camin.cuisineandcafe.th/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です