人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

T3開幕戦【チャムチュリ・ユナイテッド対ロイヤル・タイ・アーミー】を観戦してきた!【タイリーグ観戦2019】

どうも、きーきあっです!

昨シーズン、僕が観戦したサッカーの試合数は41でした。
この数が多いか少ないかはわからないですが、個人的には結構な数の試合を観てきたなあと。
しかも妻の厳しい!?視線をかいくぐっての観戦なので、かなり頑張った方だと思います。

そして今シーズン。目標の観戦数は

50試合!

1年が52週という事が考えると、ほぼ毎週サッカーを観に行っているという計算になります。
この数が達成できるのか、また達成したとして妻にブチ切れされないか、楽しみでもあり心配でもあります。

という事で50試合を観戦するとなると、いろいろなカテゴリーの試合を観に行かなくてはなりません。
ちなみに昨シーズンもT1(タイの1部リーグ)からT4(同4部リーグ)までタイの全てのカテゴリーの試合を観ました。
今年も昨年以上にマニアックな試合も観ていこうと思っています。

そんな中で今回は

【チャムチュリ・ユナイテッド対ロイヤル・タイ・アーミー】

の観戦記です。

こちらはT3の南部地区に所属する両チームの開幕戦です。
T2~T4は先日の2月9日(土)、10日(日)の両日に開幕したのですが、この試合だけなぜか翌水曜日の開催となりました。

スタジアムへGO!

チャムチュリ・ユナイテッドのホームスタジアムはチュラロンコン・スタジアム。名前の通りチュラロンコン大学の敷地内にあるスタジアムです。

恐らくバンコクで一番アクセスが良いといえるこちらのスタジアム、BTSナショナルスタジアム駅より徒歩約15分、またMRTサムヤーン駅から徒歩約13分くらいです。

地図も載せておきますね。

スタジアムの入口でチケットを購入します。


値段は50バーツ(約150円)です。安いですね。

仕事終わりで行ったので、キックオフギリギリに到着しました。

いざ観戦!

チャムチュリ・ユナイテッドには昨シーズンまで樋口選手と杉本選手という日本人プレーヤーがいました。
両選手ともチームの中心選手といっていいくらいの活躍だったのですが、なぜか今シーズンは2人とも在籍していません。

チャムチュリ・ユナイテッドが資金難で契約することができなかったなんて噂もありますが、とにかく今シーズンは日本人選手がいません。
僕はこのチーム、自宅から近いという理由と2人の日本人選手が在籍しているという理由で応援していたのでちょっとガッカリです。

こちらがそんなチャムチュリ・ユナイテッドの選手たちが試合前の円陣を組みます。

そして本日の対戦相手。ロイヤル・タイ・アーミーの選手たち。名前からいって先日観戦したT2のアーミー・ユナイテッドの下部チームなのかなあ。

さて、そんな両チームの試合が始まりました!
と、いきなりロイヤル・タイ・アーミーの選手が先制します。
コーナーキックからセンターバックの30番の選手がヘディングを決めました。

その後も前半は完全にアーミーのペース。まず体格が違います。
別に選手は元兵士ってわけじゃないけど(当たり前)体格がごつい選手が多いです。
そんな中、インパクトのあるヘアスタイルでやたら目立っていたこの30番の選手。

後半に入ると、ようやくチャムチュリ・ユナイテッドもいい攻撃を見せてきます。
この10番の選手が入ったあたりで流れが変わったかな。ちなみに昨シーズン10番を付けていたのは杉本選手。


そして交代で入った19番の選手が同点ゴールを決めました!

この1点で流れは完全にチャムチュリ・ユナイテッドに!
このまま勝ち越しちゃうのではと思う勢いでしたが、決めきれず。

すると反対にアーミーが勝ち越しゴールを挙げます。
決めたのは同じく途中交代で入った10番の選手。
両チームとも監督の采配が的中です!

結局1-2でアウェーのロイヤル・タイ・アーミーが開幕戦を飾りました。
やはり樋口選手、杉本選手がいなくなったチャムチュリは厳しいですね。
11番の選手はよかったけど、攻撃は彼頼みでこういうところでも杉本選手の不在は大きいなあと。
昨シーズンは4位と好成績を収めたチャムチュリも、今シーズンは厳しそうです。

一方、ロイヤル・タイ・アーミーはというと、これはなかなかいいチーム。
ただT3の南部地区は他にも強いチームがいくつもあるので、果たしてこれからどうなっていくのか楽しみです。

まとめ

3部の、それも特に思い入れのないチーム同士の対戦という試合でしたが、とても面白い試合でした。
むしろ思い入れがないチームの試合だからこそ、まったりとした観戦ができるので、これはこれで楽しいです。

テレビで観たらきっと別に大したことない試合内容かもしれないけど(そもそも中継なんてないだろうけど)、生で観戦した感想としてはとても満足できる内容でした。

こういう試合で満足できると、年間50試合も余裕で達成できそうです。
あとはいかに妻の機嫌を損ねずに、サッカー観戦をするかというのがポイントになります。

という事で、これから洗濯してきます!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

<広告>

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です