注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

ピンクラオの【Copper Noodle(เตี๋ยวคอปเปอร์)】はクイッティアオが美味しくておすすめ!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Copper Noodle(เตี๋ยวคอปเปอร์)】

です!

何でも超人気の高級ブッフェレストランで出していたクイッティアオの評判があまりに良いので、じゃあそのクイッティアオ専門店を出しちゃおうというノリ(ノリじゃないと思うけど)でオープンしたお店だそうです。

そしてブッフェレストランだけじゃなく、このお店も人気になってしまったという、うまくいくときは何をやってもうまくいくんだなっていうのを実感できるお店です。

実際食べてみたところ、なるほど確かにこれは美味しいわってことで急いでブログに書いてみました。

ということでさっそく紹介しちゃいます!



【Copper Noodle(เตี๋ยวคอปเปอร์)】への行き方

場所はというと、ピンクラオの商業施設【The Sense Pinklao】にあります。

ピンクラオって意外と栄えているのにあまり行く機会がないところっていうイメージがありますが、皆さんどうでしょう。

そんなことより行き方ですが、MRTのBang Yi Khan駅から歩いて20分と、ちょっと歩くのはキツい距離ですね。

ですのでタクシーやバイタクなどでどうぞ。

お店の外観はこんな感じです。クイッティアオ専門店というから、もっとこじんまりとしたお店かと思いきや、意外にも大きいです。

そして店の前に置いてあるたくさんの椅子。そうなんです、店内が満席になった時に、ここでお客さんが待つためのものです。
実際、この後僕達が食事している時にはこの椅子が8割方埋まってました。

こちらは受付。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。

そしてこちらがメニュー。

メニューはタイ語と英語表記で写真付きです。それにしても立派なメニュー。

何といってもこの店のウリは牛肉入りのクイッティアオです。

A5の和牛なんかを使ったメニューもありました。クイッティアオにこんないい肉を使うのはもったいない気もしますが・・・。
ちなみに一番高い高いメニューは600バーツ台のクイッティアオがありました。

また牛肉だけでなく豚肉入りのクイッティアオもあります。

こちらはトッピング。

そしてガパオライスなどのご飯ものもあります。

その他一品料理も色々。

こちらはデザートメニューやドリンクメニュー。

ドリンクはペットボトルの水を注文。値段は19バーツでした。
って、進撃の巨人のペットボトルじゃん!

コンビニでは見かけるけど、飲食店で出てくるのは初めてです。

そして待つこと数分、まずやってきたのがこちら。トリュフクリームスープです。クロワッサン付きで199バーツでした。

何故クイッティアオの店にトリュフクリームスープが!?って疑問に思いますが、こちらのメニューもブッフェレストランで人気だそうで、だったらここでも出しちゃおうということみたいです。

トリュフ好きの妻は絶対に見逃すわけはないよなって思っていたら案の定注文しました。

続いてやってきたのがこちら。妻が選んだ豚肉のクイッティアオです。値段は249バーツです。
麺はセンミー(極細麺)を選んでいます。

さすが200バーツを超えるクイッティアオだと、モヤシも高級っぽいのが出てきます。

豚肉のクイッティアオを注文すると、S-Pureの温泉卵が付いてくるというプロモーションをやっていて、僕達も温泉卵をいただきました。

続いてはこちら。牛肉のルークチンです。値段は89バーツです。

そしてこちらは僕が頼んだ牛肉入りクイッティアオ。こちらもいくつか種類がある中で329バーツのものを選びました。
さすがに600バーツ台は手が出ません。

色々な部位の牛肉がたっぷり入ってます。そしてスープは辛さが2段階あるとのことだったのですが、僕は大辛を選びました。

麺はバミー(卵麺)を選んでます。

先ほどの温泉卵は2個入りだったので、僕も1ついただきました。

牛肉が入ってご飯がすすみそうなクイッティアオだと思ったので、白飯も注文しました。
値段は19バーツでした。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

まず何といってもスープが美味しい!ナムトックという豚の血が入ったスープなのですが、これが濃厚!
そしてイキって大辛を頼んだので、結構辛めでしたが、それでも旨味は十二分に感じることができました。

それに牛肉もなかなかのお値段がするだけあって、これまた美味しいです。
そんな牛肉がたくさん入っているので、これはご飯を頼んで正解でした。おかずになるクイッティアオです。

スープ、具ときて、あとは麺ですが、これは正直普通。いや悪くないですけど、スープや牛肉に比べるとアピール度が弱いかなって感じです。

また牛肉だけじゃなく豚肉のクイッティアオも美味しかったし、牛肉のルークチンもトリュフクリームスープも美味しかったです。

ということで妻と2人でしっかりと完食です。

そしてやってきましたデザートタイム。まずはこちら。ビンス・アンダマンというの名前のビンスです。
値段は189バーツです。

鍋に入ったビンスの下にはドライアイスが入っていて、まるで熱々の鍋のよう。

そしてバタフライピーで青く色付けされた白玉団子の中にはココナッツが入っています。

そしてもう1品。クイッティアオと同じくらい楽しみにしていた、トリュフ風味のカノム・トゥアイです。
値段は1個39バーツです。

よく見ると金箔と銀箔が載ってます。

カノム・トゥアイとはココナッツミルクプリンのようなスイーツです。
それをトリュフ風味にしているというのですから、これは興味津々です。

で、実際に食べてみたところ・・・

うーん、これはデザートじゃなく前菜的な感じで食べたかったなと。

いや、美味しくないわけじゃないけど、やっぱりデザートじゃないな。

トリュフもカノム・トゥアイも好きな妻も、さすがにこれは微妙かなと言ってました。
トリュフ味なら何でも良いわけじゃないのね。

それとは対照的に、ビンスはめちゃくちゃ美味しかったです。ココナッツミルクのビンスの下にココナッツミルクプリンが敷いてあったのですが、どちらも風味が良く、質の良いココナッツミルクを使っているんだろうなあって思ってしまうくらい。

あと白玉団子の中のココナッツがサクサクとした食感で、白玉のモチっとした食感とのコントラストが面白かったです。

ということで、デザート2品までしっかりと平らげたところでお会計。

税・サービス料がそれぞれ加算され、1,379バーツでした。



最後に・・・。

クイッティアオを食べたと思うとなかなかの値段だなと思いますが、美味しい牛肉麺を食べたと思うとまあそんなもんかなって思います。

実際クイッティアオ以外にも色々食べてますしね。それに美味しかったし。

それにしても美味しいクイッティアオでした。普段クイッティアオのスープを飲み干すなんてことはまずないのですが、そんな僕がスープを飲み干したくらいですから。

クイッティアオ好き、特にナムトック好きはぜひ1度食べてみてほしいです。

そうそう、このお店がある建物の3階に、系列の高級ブッフェレストランがあるのですが、長蛇の列ができてました。
日曜の昼とはいえ、1人1,800バーツくらいするブッフェにこんなに人が並ぶのかとビックリしました。

そんなに人気なら、僕もいつか行ってみたいなあ。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Copper Noodle(เตี๋ยวคอปเปอร์)
場所:The Sense Pinklao G階
電話番号:093-159-8898
営業時間:火~日 11:30-20:30
定休日:月
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/tiewcopper/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です