人気記事:彼氏&夫にするなら一人旅好きの男性が絶対的におすすめ!

ナンリンチーにあるイサーンレストラン【Crying Tiger 】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

なかなかローカルで知名度は高くないナンリンチー通り。
でもこれがどうして、なかなかオシャレなお店、美味しいお店があるんですよ。

という訳で今回紹介するのは、

【Crying Tiger 】

です!

【Crying Tiger 】への行き方

お店の場所ですが、ナンリンチー通りの商業施設【マーケットプレイス】の1階にあります。
こちらがそのお店です。

こちらの看板が目印です。

地図も載せておきますね。

店内の様子

こちら店内の様子。なかなかオシャレです。

こちらがメニューです。

ソムタムをはじめ、イサーン料理はひと通り揃っていました。

ソムタムも色々な種類がありました。

また、もう1つメニューがありました。

こちらはすぐ隣にある【ros’niyom】という系列店のメニュー。
こちらのメニューからも注文できるとのことでした。

ガパオとかイサーン料理以外のものが食べたいときにはこちらから選びましょう。
って、そもそもイサーン料理を食べたくてこの店に来ると思うのですけど。

  

飲み物はペットボトルの水を注文しました。オシャレなグラス。

 

生野菜。お通しのようなものです。

ここからは料理を紹介していきます。
まずはソムタム・コラート。値段は85バーツ(約255円)です。
沢蟹とプラー・ラーという魚の塩漬けを使った調味料で味付けされています。
ちょっと生臭いというか魚臭いというか。
いわゆる普通のソムタム、ソムタム・タイよりもクセがあるので、好き嫌いはとっても分かれる味です。
僕は結構好きだったりします。

そしてこちらはナムトック・ムー。豚肉のサラダというか和え物です。
値段は150バーツ(約450円)です。

そしてこちらはサイ・ヤーンという豚の腸を焼いたもの。そう、モツ焼きです。
値段は100バーツ(約300円)です。

この料理、妻の大好物なんです。ですので妻と一緒だと結構な確率で注文します。
とってもビールがすすむ料理です。って僕はバイクで飲めないし、妻はお酒を飲めないんですけどね。

こちらはカオニャオ。もち米です。値段は1人前25バーツ(約75円)です。

白いもち米は今蒸かしている最中とのことで、黒米のもち米にしました。

そしてイサーン料理といえばやっぱりこれ。ガイヤーンです。Mサイズで値段は140バーツ(約420円)です。

ガイヤーン好きとしては、一目見ただけでこれが美味しいやつだとわかりました。

タレは2種類付いてきました。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

まず最初にガイヤーンから。これがとっても美味しい!
全くパサパサ感がなく、しっとりとしていてそれに少しニンニクの効いた味付けもバッチリです。
タレを付けなくてもそのままで十分美味しいです。

またサイヤーン、ソムタム、ナムトックといった料理も全て十分合格点がつけられる味です。
ちなみにソムタムですが、辛さを聞かれたので普通と答えたら、デフォルトで唐辛子が8本入れると言われかなりビビりました。
実際とっても辛かったです。ですので辛いのが苦手な人は僕みたいにイキって「普通」なんて答えず、辛さ控えめとか唐辛子の本数を指定しましょう。

辛いソムタムにヒーヒー言いながらも、2人でしっかりと完食です。
お会計はサービス料10%が加算され、ちょうど600バーツ(約1,800円)でした。

料理4品とカオニャオ2つ、そして水を注文してこの値段だから、意外とリーズナブルだったなあ。

まとめ

お店もオシャレだったし料理も美味しかったし、これが都心のショッピングモールにあったら人気になるだろうなって思いました。
とはいえ、こんなローカルな場所でもそこそこお客さんは入っていたんですけどね。

ちょっと行きづらい場所にありますが、この周辺にお住まいの方はぜひ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Crying Tiger
場所:ナンリンチー通り沿い マーケットプレイス1階
電話番号:
営業時間:
定休日:
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/cryingtigerbkk/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です