人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

サイアムにオープンした【伝説のすた丼屋】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【伝説のすた丼屋】

です!

そうです、日本でお馴染み!?の例のアレです。

バンコクにオープンするという噂を聞き、その開店日と言われていた日に行った時に、まだオープンしておらずショックを受けて帰ってきたのが少し前の話。

その後本当にオープンしたというのがわかり、満を持して行ってきました。

大食い&ジャンクフード好きな僕としては、日本で何度も行ったことがあるだけに本当に楽しみにしていたのですが、果たして・・・。

【伝説のすた丼屋】への行き方

場所はBTSサイアム駅直結の商業施設、サイアムスクエアワンの4階にあります。
こちらがそのお店です。

地図も載せておきますね。

店内の様子

こちら店内の様子。テーブル席とボックス席がありました。
当たり前ですがオープンしたばかりなのできれいです。

こちらがメニューです。

当然ながら主力メニューはすた丼。セットメニューなんかもありました。

また肉増しや飯増しもありますので、大食いの人も問題なし!?

サイドメニューも色々と。

とりあえず注文を済ませ、暫し待ちます。
テーブルの上には調味料が色々。

すた丼発祥の地、国分寺の地図がありますが、タイ人は果たしてこの意味を理解できるか?

ドリンクは水を注文。25バーツ(約87.5円)でした。

そしてついにやってきました!
今回注文したのはすた丼の肉増し&飯増しです。
値段は159バーツ(約556.5円)+60バーツ(約210円)+20バーツ(約70円)です。

「すた丼」とは、豚肉とネギをニンニク醤油ダレで炒めたものをご飯にのせたものです。
テーブルに置かれた瞬間に、ニンニクの匂いが立ちこめます。

そうそう、店員さんに勧められたので温泉卵も注文したのでした。
値段は25バーツ(約87.5円)です。

真ん中にのせようと思ったら、見事に外れ端っこに。
くぼみを作るのを忘れていました。相変わらずの不器用ぶり。

スプーンも付いてくるので、箸が苦手なタイ人も安心です。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味い!

何とも懐かしい味です。心なしかしょっぱい気がしないでもないですが、きっとそれは僕が歳を取ったからでしょう。
相変わらずのジャンクな味。ニンニクの風味がたまりません。

味自体は問題ないのですが、それより気になったのがボリューム。

すた丼のウリといえば、何といっても破壊的なそのボリューム。
普通盛りでも十分な量なのですが、これが肉増しや飯増しになると、頼んだのを後悔する、そして食べきれるのかが不安になるボリュームなんです。

今回僕は肉増し&飯増しを頼み、ちょっとドキドキしながら待っていたのですが、実際運ばれてくると本当に肉&飯増し?と思ってしまう量でした。

だったら普通盛りってどれくらいなんだろうって疑問に思いながらもあっという間に完食です。

お会計は税7%が加算され、310バーツ(約1,085円)でした。

最後に・・・。

味に関しては再現度が高く、懐かしいなあと思えるほどでした。
ただ量に関しては再現度が低いかなあ。

一般的にタイ人は日本人と比べ少食と言われていますが、それでもそこは日本のボリュームを再現してほしかったなあと。
いや、普通盛りはそれでもいいから、肉増しや飯増しはもっと頑張ってほしかったです。
いや、それよりもさらに高い料金でもいいから、メガ増しくらい作ってほしかったですね。

今やバンコクには日本食が溢れていて、他のお店と差別化しないと生き残っていけないと思うんですよ。
この店のウリはジャンクさとボリュームだと思うし、それをもっとアピールできれば、話題性も大きくもっと注目されると思うんですよね。

メニューを見ると唐揚げとかカレーとかあって、すた丼以外でも客を呼べるようにしているんですが、これだと逆に他の店と何ら変わらないなあって思われてしまわないか心配です。
確かにこれらは日本の店にもあるんですけど、それは圧倒的なボリュームという個性があってこそなんですよね。

とっても好きなお店だし、オープンが待ち遠しかっただけに何となく残念な気持ちで店を出ました。

でも間違いなく美味しかったし、バンコクでこれが食べられるのは嬉しいんですけどね。
だからこそ長く続いてほしいし、そのために頑張ってほしいなという思いで、ちょっと書いてしまいました。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:伝説のすた丼屋
場所:サイアムスクエアワン4階
電話番号:
営業時間:10:00-22:00
定休日:なし
URL:
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です