注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

バンセンのホテル【エデン ブティック ホテル(Eden Boutique Hotel)】に泊まってみた!

どうも、きーきあっです。

バンセン旅行ネタもこれで最後。最後に紹介するのは、

【エデン ブティック ホテル(Eden Boutique Hotel)】

です!

こちらはバンセン旅行の際に泊まったホテルなんですが、とっても素敵だったんですよね。

というわけでさっそく紹介しちゃいます!

【エデン ブティック ホテル(Eden Boutique Hotel)】への行き方

場所ですが、バンセンビーチから北へ少し行ったところにあります。ってアバウトな説明ですが、詳しくはグーグルマップを見ていただくとして、海にも歩いてすぐのところにあり、意外にも立地は良かったりします。

ホテル自体は海沿いの通りから1本奥に入ったところにあります。外観はこんな感じです。

ホテルというよりはペンションとかそんな感じです。

地図も載せておきますね。

部屋の様子

中に入ってすぐ右手にレセプションがあります。こちらでチェックインを済ませましょう。
そうそう、入口で靴を脱ぐのを忘れないように!

こちらはロビーというかリビングというか。

こちらキッチン。朝食はこちらでいただきます。って、なんか人の家にお邪魔しているみたい。

部屋は全部で8室との事。離れにはグループで泊まれるコテージタイプの部屋もあります。

僕達の部屋は2階なので、階段を使って2階へと上がります。
2階にはこんなスペースがあります。本や漫画などが置いてあり、自由に読むことができます。タイ語オンリーでしたけどね。

そしてこちらが今回泊まった部屋です。それほど広くはないものの、清潔でなかなか素敵な部屋でした。

ソファーとかランプとか、部屋に置いてあるものがオシャレ。

そして何といってもバスタブがあるのが素晴らしい!全ての部屋にあるわけではなさそうですが、これはポイント高し!

アメニティですが、歯ブラシやシャンプー、ボディーソープなどはひと通り揃ってました。
ただ、バスローブがないので、部屋着は持って行ったほうがよいですよ。

気になる朝食は・・・

朝食も一応付いてます。1階にあるこちらのキッチンで食べられます。

朝食といっても、置いてあるのは炊飯器と鍋のみ。

ということで、朝食はこちらのカオトム(雑炊)のみです。

ご飯を丼によそって、そこに肉団子のスープをかければカオトムの出来上がり。

テーブルの上にある薬味とゆで卵も食べ放題。あとはコーヒーもです。

ということで、朝食はずいぶんシンプルですが、付いているだけ良しとしましょう。

また、カオトムなんてイヤ!って人は、歩いてすぐのところに食堂が並んでいるのでそちらでどうぞ。

最後に・・・。

ホテルというよりペンションって感じで最初見た時は、え?どうなのって思ったのですが、中はオシャレでとても快適に過ごせました。

たまにはこういうところに泊まるのもいいなあって思ってしまいました。

ちなみに僕達が泊まった時は1泊900バーツほど。この値段なら文句ないかな。

そもそもバンセンって、日帰りで行くところでわざわざ1泊しなくてもって行く前は思っていたのですが、ビーチはあるし美味しいシーフードが食べられるし、ナイトマーケットなんかも出てるし、1泊でも全然楽しめました。

ということでバンセンに行ったことがない人も、日帰りでしか行ったことがない人も、1泊してバンセンを満喫してみてはいかがでしょうか?

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

<広告>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です