人気記事:コロナに負けず今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2021-2022

プラトゥーナムのインド料理店【Everest(エベレスト)】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

定期的にやってくる、カレーが食べたい欲。カレー好きにとっては避けて通れないことなのですが、そうなるとひたすらグーグルマップなどを駆使して色々と店を調べるわけです。

正確に言うと既に行ってみたい店リストがあり、そこから選ぶことが多いんですけどね。

で、少し前から気になっていたのが今回紹介する

【Everest(エベレスト)】

です!

世界一高い山を店名につけるくらいですから、生半可な覚悟ではないでしょうし、味に自信があるだろうと勝手に想像していました。
日本で例えるなら「富士山」って名前の和食店ですからね。

あ、でもタイには「FUJI」というファミレスみたいな和食店があるから、それほどハードルは高くないか。

とにかくエベレストを名乗るからには美味しいだろうという期待を込めて、行ってきました!

【Everest(エベレスト)】への行き方

お店はラーチャプラロップ通りソイ4にあります。
なんて言うよりプラトゥーナム市場の近くといった方が分かりやすいですね。

位置的にはラーチャプラロップ通りを挟んだインドラリージェントホテルの向かい側くらいです。

お店の外観はこんな感じです。お店の前に立った時には正直不安がよぎりました。
なんか活気がないというか・・・。これでエベレストを名乗って大丈夫なのか?

ちなみに隣にあるパキスタン料理店はネットでもよく見かける有名店です。
一瞬そちらに逃げてしまおうかとも考えました。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。外観に負けず劣らず寂しげな感じ。

この段階でも不安は拭えませんでしたが、それでもメニューを見ることにします。

メニューを見るとひと通り料理は揃っているみたいだし、値段も程よく少し安心しました。

こちらドリンクメニュー。

初めてのお店だし、ターリーがあれば注文したかったのですが見当たらなかったので単品で注文しました。
そしてメニューの裏面を何気なく見たところ、そこにターリーが!残念!

そして待つこと数分、料理が運ばれてきました!

数あるカレーの中から選んだのは、バターチキン。値段は180バーツ(約630円)です。

そしてカレーのお供に選んだのはプレーンナン。メニューには30バーツ(約105円)と書いてありましたが、後で伝票を見ると20バーツ(約70円)でした。

それより注文時に1枚か2枚かを聞かれたのですが、とりあえず1枚にしてみたら普通に大きい!

そんな風に聞かれると1枚が小さいの?って不安になり危うく2枚頼んでしまうところでした。

そして付け合わせ!?の生野菜。なんか新鮮な感じがせず手を付けませんでした。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味い!

まずバターチキンカレーですが、これが意外にもスパイシー。

バターチキンは辛さよりも甘みを感じることが少なくない中、こちらは割と辛口でした。
でも味としては良かったですよ。鶏肉も程よい弾力でしたし。

ナンも普通に美味しかったです。そして1枚で十分な量でした。

ということであっという間に完食です。

お会計はペットボトルの水20バーツ(約70円)を入れ220バーツ(約770円)でした。
税・サービス料込の料金でした。

最後に・・・。

なんか入りづらい雰囲気でしたし、ドライな接客でしたし、果たしてどうなるんだろう、僕はどうなっちゃうんだろうって思いましたが、カレーの味は悪くなかったです。

このエリアにはたくさんのインド料理店がありますし、そんな中でここがおすすめ!とは言えないけど、入って後悔したとはならなかったので、悪くないですよっていうのが率直な感想かな。

ちなみにこのお店の近くにエベレストキッチンという名前の店があって、どうやらそちらの方が有名らしいので、今度はそこに行ってみようかな。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Everest
場所:Soi Ratchaprarop 4, Makkasan, Ratchathewi, Bangkok 10400
電話番号:02-650-1099
営業時間:10:00-0:00
定休日:なし
URL:
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です