人気記事:コロナに負けず今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2021-2022

スリウォンの居酒屋【ふく 居酒屋(Fuku Isakaya)】でランチを食べてきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【ふく 居酒屋(Fuku Isakaya)】

です!

たまにはランチの新規開拓をと思いスリウォン通り周辺を彷徨い見つけたお店です。

ということでさっそく紹介しちゃいます!

【ふく 居酒屋(Fuku Isakaya)】への行き方

場所はナラティワート通りソイ1、もっと簡単に言うと、もっこりラーメンや笹弥といった飲食店が並ぶ通りです。
でもこのあたりの日系の飲食店は営業をやめてしまったところも多いんですよねー。本当飲食店は厳しい。

で、このお店も以前【すえひろ】というお店だったところです。

お店の外観はこんな感じです。

こちらの階段を上がった2階にお店があります。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。カウンターとテーブル席があり、僕はカウンター席に案内されました。
ちなみに【すえひろ】をそのまま居抜きで使っている感じ。

こちらがメニューです。

メニューは日本語表記で写真付き。
結構いろいろ種類がありました。

 

  

メニューの後半は英語表記があり、何故かこちらの方が種類が多かったりします。

一応定食以外の単品も紹介しておきます。値段は全体的にそれほど高くないです。

 

ドリンクメニュー。というよりアルコールメニュー。

  

とりあえず注文を済ませしばし待ちます。ドリンクは冷たいお茶か温かいお茶を選べます。こちらは無料です。

そして待つこと数分、注文した料理が運ばれてきました。

今回僕が選んだのは、まぐろ漬丼定食です。値段は200バーツ(約700円)です。
ちなみに単品のまぐろ漬丼もあったのですが、そちらと値段が同じなのは何故なんでしょうか。

丼の大きさが違ったりするのかな?

こちらマグロの漬け。

定食には味噌汁とあとは玉子焼きと冷奴が付きました。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味い・・・かな?

まず、まぐろ漬丼なんですけど、僕が座っていた目の前で漬けを作り始めたわけですよ。

まぐろの柵を薄く切って、醤油が入ったボウルの中に入れる。そして軽く混ぜてご飯の上に。

って、随分あっさりだなおい。これを鉄火丼として出てくるなら分かるけど、これを漬け丼と呼んでいいものか。
軽く醤油にくぐらせただけって感じがしないでもないけど。

そんな感じなので、そこまでまぐろに味が染みてもなく、それでいてまぐろも美味しい!ってテンションが上がるほどでもなく。
見た目からして筋張ってるなあって思っていたのですが、実際食べてみてもそんな感じで。

そんな気持ちで食べていた僕のテンションを上げたのは味噌汁、そして玉子焼きでした。

味噌汁は思っていたよりもちゃんとしていて、そして玉子焼きはニラ入りというところがちょっとニクい。

というわけであっという間に完食です。

お会計は200バーツ(約700円)でした。税・サービス料込の料金でした。

最後に・・・。

まぐろ漬丼は正直それほど好みではなかったですが、味噌汁とか玉子焼きとかが普通に美味しかったので、もしかしたら他のメニューだったら結果は違ったのかもしれません。

焼き魚系のラインナップは結構魅力的だったりするので、次回はそちらでリベンジかな。

ということで、まぐろ漬丼を食べただけで評価するのは早計かもしれないので、日を改めてチャレンジしてきます。

最初にも書いたようにこの辺りは閉店してしまっているところが多いので、シーロム&スリウォンエリアで働く人がランチ難民にならないよう、何とか頑張ってほしいです。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:ふく 居酒屋(Fuku Isakaya)
場所:Pornphiwat Blog 149/27-28 1FL Naradhiwas Rajanagarindra Rd, Suriya Wong, Bang Rak, Bangkok 10500
電話番号:063-873-2612
営業時間:月~土 11:30-14:30/17:00-22:00
定休日:日
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/Fukuizakaya/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です