注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

カオヤイのワイナリー【グランモンテ(GranMonte asoke valley)】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

先日タイのカオヤイというところに旅行してきまして。

カオヤイはタイで初めて認定された国立公園があったりするような、山間部のリゾート地です。

僕も前から行ってみたかったところだったのですが、車がなければ行けないところなのでずっと行けずにいました。

そして少し前にサッカー観戦仲間とブリーラムまでサッカーを観に行った時にカオヤイに少しだけ寄ったのですが、それがまた更にカオヤイ旅行をしたい思いが強まってしまいました。

で、その思いが届いたのか、妻と妻の友人とのカオヤイ旅行が叶いました。持つべきものは友達です。妻の友達だけど。

というわけで、今日からしばらくカオヤイネタが続きます。

カオヤイに行ってみたい人も、カオヤイなんて興味がないなんて人も、ぜひぜひお付き合いくださいませ。

そんなカオヤイネタの一発目は、

【グランモンテ(GranMonte asoke valley)】

です!

僕がずっとカオヤイ旅行をしたかった理由の1つ、というよりも一番の理由が、カオヤイのワイナリーに行ってみたいからだったんです。

ワイナリーを見学してワインを試飲して、そしてワインを買って帰る。そんな事をずっとやりたかったんです。

というわけで、早くも僕の中のカオヤイ旅行のメインイベントがいきなりやってきてしまったわけですが、果たして・・・。

【グランモンテ(GranMonte asoke valley)】へGO!

カオヤイにはいくつかワイナリーがあるのですが、その中で一番有名なのが【PBヴァレー】というワイナリーらしく。

それに次いで有名なのが今回訪れた【グランモンテ(GranMonte asoke valley)】らしいです。

で、行く途中に調べてくれた妻の友人からどちらのワイナリーに行きたいかを聞かれたのですが、一番有名なところに行くのはちょっとベタだなあと思い、グランモンテを選んだわけです。

そして妻の友人が電話をして確認してくれたところによると、ワイナリー見学ツアーは試飲も出来て90分で1人450バーツ(約1,575円)とのこと。

僕的には全然問題なかったのですが、ここで1つ大きな問題が。

今回一緒に旅行したメンバーで、お酒を飲めるのは僕1人。あとの3人(妻&妻の友人その1&その2)はお酒が飲めないんです。

お酒が飲めない3人にとっては何の魅力もないツアーだし、そんな興味のないツアーに90分も3人を付き合わせるのは何か申し訳ない。

実際3人はそんなに乗り気じゃないっぽいし。

ということで場の空気を読める僕は、

『いや、ワイナリー見学はいいよ。ワインだけ買えればそれで十分!』

と答えたのです。

いやー、その後の3人が醸し出すホッとしたような空気ったらなかったです。

というわけでこちらがそのワイナリー。だいたいバンコクから3時間弱で着きました。

地図も載せておきますね。

きーきあっ、ワインを買う!

駐車場に車を停め、さっそく目にするのはブドウ畑。さすがワイナリー。

こちらの車に乗ってワイナリー見学ツアーに行くみたいです。車の色もブドウ色なのね。

そうこうしているうちに、見学ツアーから帰ってきたと思われる車がやってきました。
羨ましい・・・いや、それは言うまい。←言ってる

それでもすぐ目の前にはブドウ畑があるわけで、それはそれでテンションが上がります。

さて、ブドウ畑も見たところで、一番のお目当てであるワイン購入へと向かいます。

建物の中を入って右側にあるこちらは、ワイナリー見学ツアーに参加した人がワインの飲み比べをする場所だそうです。

一方入って左手側にはワインなどを売るお店と、奥にはカフェのようなものがあります。

こちらがカフェです。奥にテーブル席があります。

さっそくワインを見てみることにしました。
正直、安いものは400~500バーツ(約1,400~1,750円)くらいで買えるだろうと思っていたのですが、思っていたよりも高くてびっくり。

一番安いものでも900バーツ(約3,150円)くらいしました。

それでも試飲させてくれるというので、せっかくだからとお値段高めのものをいただきました。

これが思ったよりも美味しくて。この味だったらタイのワインも十分いけるなと思いましたが、でも3,000バーツ(約10,500円)近い金額を出すのはちょっとなー。

ちなみに900バーツ台のワインも比較をする意味で試飲させてもらったのですが、なるほど、全然違います。
バカ舌の僕でも分かるくらい、明らかに高い方が美味しいです。

安いワインはそれなりだし、それに安いといってもそこそこするし、かといって高いワインはちょっとなあと、この時点ではワインを買うかどうかすごく迷いました。

それでもせっかくカオヤイのワイナリーまで来てワインを買わないで買えるのもどうかと思うしと、色々悩んでいたら、店員さんがお得なプロモーションもあるよと教えてくれました。

なるほど、セットだと確かにちょっと安い。ちょっとだけど。

でもこの時点でワインを買おうという決心がつき、あとはワイン以外のものを見ることにしました。

するとパスタソースとかジャムとか色々売っていて、これはこれでまたテンションが上がります。

で、結局購入したのがこちら。

赤ワイン3本にソムリエナイフが付いたセットです。値段は2,590バーツ(約9,065円)でした。

冷静に考えると、試飲して美味しかったワインの値段とそんなに変わらないんじゃないかって思ったのですが、いいんです。
あとワイナリーのロゴが入ったソムリエナイフも付いてるし。←オマケとか付録に弱いタイプ

あとワインを買って気が大きくなったついでに、こちらも買っちゃいました。

まずはこちら。グリッシーニです。スモークベーコン味というところに惹かれました。

そしてもう1つはグレープジャムです。

本当はマンゴージャムを買おうとしたのですが、妻に

「ワイナリーなんだから普通はマンゴーじゃなくてブドウを選ぶでしょ。」

と言われ、こちらを買いました。でも確かにそうだよな。

と、ガッツリ買い物し満足したところで、ワイナリーを後にしました。

最後に・・・。

本当はワイナリー見学ツアーまでいきたかったところですが、それでもずっと行きたかったワイナリーに行けたし、それにワインも買ったので満足しました。

実はまだこの記事を書いている時点では買ったワインもグリッシーニもジャムも食べてないのですが、こちらは週末にゆっくりと味わうことにします。

今回紹介したグランモンテ以外にも、いくつかワイナリーがあるので、ワイン好きはチェックしてみてくださいね。

そうそう、グランモンテの公式サイトのリンクを貼っておくので、気になる方はどうぞ。

http://www.granmonte.com/

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です