注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

スクンビットソイ22のインド料理店【Indian Host】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

店の前はよく通っていて気にはなるんだけど、何となく入る勇気がないなってお店ありません?
このブログではそんなお店にどんどん足を運んでいきたいと思っているんです。

バンコクの人柱、もしくはバンコクの毒見役(どちらも言い方!)というキャッチフレーズでこれからもやっていきたいと思っているので、どうぞ応援よろしくお願いします。

という訳で今回紹介するのは、

【Indian Host】

です!

こちらのお店もまさにそんなお店で、バイクで店の前はよく通るのですがなかなか入るまでには至らず。

でも先日勇気を出して飛び込んできました!

【Indian Host】への行き方

お店はスクンビットソイ22、ラマ4世通り側にあります。
MRTクイーンシリキット駅から歩いて10~11分と十分徒歩圏内です。

お店の外観はこんな感じです。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。思っていたよりも店内は広くないです。かなりコンパクトな造り。

そんな中でたくさんのお酒が店内に飾られ、結構なスペースを占拠してました。

こちらがメニューです。

写真はないですが英語表記あり。値段は普通かな。

 

そして待つこと数分、注文した料理が運ばれてきました。

数あるカレーの中から選んだのはチキンカレー。値段は200バーツ(約700円)です。

骨付きの大きな鶏肉がゴロゴロ入っていて、好印象。

そしてカレーのお供に選んだのはバターロティ。値段は1枚30バーツ(約105円)でしたが、あとで伝票を見ると2枚分が請求されていました。

2枚と頼んだ覚えはないし、何枚にするか聞かれた記憶もないのですが・・・。
まあ結果的にちょうどよい量だったからいいけど、せめて聞いてほしいなあ。

インド料理店ではお馴染み、無料の生野菜。この店はきゅうりオンリーでした。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

まずチキンカレーはというと、これが辛さとトマトの酸味のバランスがよく、めちゃくちゃ美味しい!
結構辛めではありますが、辛いのは大歓迎なのでむしろ好みの味でした。

また鶏肉もパサパサ感なく、大きいものがゴロゴロ入っているのも嬉しいです。

ただパクチーが割と存在感を出してます。
僕は大丈夫なので全然気になりませんが、苦手な人はパクチー抜きにしてもらった方がいいかも。

一方バターロティも、バターの香りとサクモチの食感がよく、当たり前だけどカレーとマッチしました。

悔しいけど2枚で丁度よい量でした。だったら最初からそう言ってほしいとは今でも思っていますが。

ということで、カレー&ロティをあっという間に完食です。

お会計はペットボトルの水15バーツ(約52.5円)を含め275バーツ(約962.5円)でした。
税・サービス料込の料金でした。

最後に・・・。

というわけで、勇気を出して店に飛び込んだ結果、美味しいカレーに出会うことができました。

今回はチキンカレーを食べましたが、きっと他のカレーも美味しいんだろうなあって思うくらい、美味しかったです。
メニューを見る限り値段も全体的にそこまで高くないです。

気にはなるけどやっぱり店には入りづらいなって人はデリバリーから試してみるのもアリかと。

ということでカレー好きはお試しあれ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Indian Host
場所:314, 39 Soi Sukhumvit 22, Khlong Tan, Khlong Toei, Bangkok 10110
電話番号:02-260-1115
営業時間:10:00-23:00
定休日:なし
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/indianhost.bkk

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です