お知らせ:ブログのリニューアルをしました。

新メニューはリーズナブル!セントラルラマ3の【一風堂】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【一風堂】

なんですけどね。

一風堂といえば、わざわざ説明するまでもなく、超有名なラーメン屋さんで、バンコクにも数店舗あります。
このブログでも紹介したとばかり思っていましたが、まだのようで。

日本に住んでいた時は職場の近くにあった事もあり、よく行ってました。
だからバンコクに一風堂ができると聞いた時は、とても喜びました。

実際オープンしてすぐに行きましたし。

で、その後はどうかというと・・・ほとんど行ってません。
あんなに好きだった一風堂に行かなくなった理由はというと、

何か割高!

味は多分日本とそんなに変わらないと思うんですよ。
だけど、なんだか値段が高く感じて・・・。

タイではお馴染み!?の税・サービス料が加算される事でなんか割高感が・・・。

という事で、すっかりご無沙汰になっていました。

でも、リーズナブルな価格の新メニューができたと聞いたので、先日行ってみる事にしました!
さて、久しぶりの一風堂はどうだったのでしょうか?

【一風堂】への行き方

一風堂ですが、セントラルエンバシーや、シーロムコンプレックスなど、いくつか支店があるのでお近くのところへどうぞ。

僕たちはこの日買い物する用事があり、セントラルラマ3というショッピングモールへ行き、そこの6階にある支店へ行きました。

こちらがそのお店です。

地図も載せておきますね。

 

店内の様子

こちら店内の様子。

こちらがメニューです。

いつもはこの赤丸新味か白丸元味を頼むのですが、今回は違います。

こちらが新メニューの「かさね」。値段は140バーツ(約420円)とリーズナブル!

そしてもう1つ、こちらも新メニューの「ZERO」。値段は130バーツ(約390円)です!

またお得なセットメニューもありました。

とりあえず注文を済ませ、しばし待ちます。
こちらはセットメニューのドリンク。僕は冷たいお茶、妻は温かいお茶。どちらもおかわり自由です。

デリバリーサービスもやっているみたいです。

こちらはセットの餃子。小ぶりの餃子が3個。

そしてこちらは妻が注文した「からかラーメン」。セットで229バーツ(約687円)です。

辛いラーメンはタイ人にも受けますよね、きっと。

そして僕が注文した「かさね」のセット。値段は179バーツ(約537円)です。

麺はこんな感じ。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

うーん、まあまあかな。
決して悪くはないけど、おすすめできるほど美味しいかというと、それほどでもない気が。

これなら値段が高くてもいつものを食べた方がいいかなと思うくらいです。

また、妻の「からか麺」ですが、ちょっとびっくり。
というのも麺がインスタント麺風だったのです。

実際食べてみてもインスタント麺みたいな食感でした。
日本で食べる「からか麺」はこんな麺じゃないはず。僕も食べたことありますし。

まあ、妻は美味しいと言って食べていたからいいんですけどね。

とりあえず2人でしっかり完食です。
食後、なんかもう少し食べたいねという話になり、妻が選んだのはこちら。

抹茶ティラミスです。値段は120バーツ(約360円)です。

なんか抹茶をかけすぎじゃない?と思ったあなた、大正解!

後でマネージャーが僕たちのテーブルに来て、

「すみません、これを作ったスタッフが新人で抹茶をかけすぎてしまいました。」

と謝りにきました。

確かに抹茶が多いよねーと話していましたが、まさかのミスとは!
でも美味しかったし、問題なかったので、大丈夫ですよと答えましたけど。

そんな抹茶かけすぎの抹茶ティラミスですが、結果的にこれが一番美味しかったです。

で、お会計。税・サービス料が加算され、621.46バーツ(約1,864.38)円でした。
毎回思うけど、何この端数は。

面倒だから切り上げてくれていいんですけどね。

まとめ

お値打ち価格の新メニューを食べましたが、確かに安いけどやっぱり一風堂に来たら、「赤丸」とか「白丸」を食べればいいかなって思いました。

あ、抹茶ティラミスは美味しかったです。

という事で、やっぱりバンコクの一風堂は抹茶ティラミスがおすすめ!←なんか違う・・・

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:一風堂
場所:セントラルラマ3 6階 ※他にも支店多数あり
電話番号:02-103-1178
営業時間:月~木 10:30-21:00 金 10:30-22:00 土日 10:00-22:00
定休日:なし
URL:https://www.ippudo.co.th/en/
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です