注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

結婚5周年を迎えて思うこと

どうも、きーきあっです。

先日、5回目の結婚記念日を迎えまして。

一応毎年記念日にはちゃんとお祝い的なことをやっているんですが、今回は5周年ということでちょっと良さげなホテルに泊まったりしてきました。

いやー、やっぱりたまに高級ホテルに泊まると、なんかいいなあって思いますよね。
本当にたまにだから余計にそう思ったりします。ビバ!バスタブ!

まあ高級ホテルといっても、少し前にサイアムパラゴンで開催されていたホテルフェアなるイベントで、非常にお得な値段でバウチャーを購入したから泊まれたようなものなんですけどね。

で、そんなホテルの話はまた改めてするとして、タイトルの通り結婚5周年を迎えたわけですよ奥さん!

自分で振り返るに、本当にあっという間の5年間だった気がします。
そしてここまで大きなトラブルもなく、また大きな喧嘩もなくやってこれたのはひとえに妻のお陰としか言いようがないです。

何故かというと、結婚してからというより付き合い始めてから今日まで、妻が声を荒げたりまた不貞腐れた態度を取ったことは一度もないんです。ただの一度もです。そりゃ平和な結婚生活ってもんですよ。

これは決して妻の性格が穏やかだというわけではなく、本来は気が強い女性だというのはよく知ってます。

例えば仕事とか家族や友人に対して多少キツい言い方をするようなことはありましたし、僕以外の人に対して怒る姿を見た事もありました。ええ、怖かったですよ。

一方僕も声を荒げたりしたことは一度もありません。

というのも付き合うことになった時に、妻から1つお願いというか約束をしてほしいと言われたんです。それは・・・

もし喧嘩とか言い合いになった時に、怒鳴ったり大きな声を出したりしないでね!

ということでした。

何でも妻の亡くなったお父さんが、お母さんと言い合いになると声が大きくなってそれがすごく嫌だったそうで。

元々僕もそんなに声を荒げたりするタイプではない(むしろ冷静に指摘するイヤなタイプ)なので、それは全然難しい約束ではありませんでした。そして実際今日に至るまで妻に対してそのような声を出したりすることはありませんでした。

ただ、不貞腐れるまではいかなくても、機嫌が悪いような素振りは見せたことがあると思います。いや、あります。
そういう時にでも妻は僕をうまくあしらうというか、放っておいてくれるので、そこは感謝と反省をしております。

ということでそんな比較的平和な5年間だったわけですが、そんな我が家は他とはちょっと違う結婚生活なのかもしれません。

まず一番変わっているのは、妻が料理を作らないことだと思います。

結婚当初こそ、妻が頑張って作ってくれたりしたこともありましたが、実質1か月も経たないうちに我が家の食卓に手料理が並ぶことはなくなりました。ガパオとか美味しかったんですけどね。

いや、いいんですよ。妻はずっと仕事をしていましたし、というか今でもしていますし、それに結婚するまで料理をしたことがないのも知ってました。
そもそも結婚する時も、いわゆる家事全般はできない(やらない)宣言を高々としていましたから。←すごく堂々と宣言してました

逆に結婚して料理を作り始めた時はマジか!?ってびっくりしましたもん。

でも残念ながら料理への情熱は早々に冷めてしまったようで、その後は外食生活になりましたけども。

まあ、僕はこんなブログをやっているくらいなので、全然外食でも構いません。
おかげでブログのネタには困らないですしね。

それに元々1人暮らしをしていた時は普通に自炊していたので、いざとなったら僕が料理を作るからいいんですけどね。

ただ、妻の手料理を食べるという機会は今後死ぬまでの間にあるんだろうかって思ったりはしますけど。

料理以外の家事についても、基本的には僕がその役目を仰せつかっております。
掃除、洗濯といった類のやつです。

と書くと妻が何もしていないように思われてしまうので、妻の名誉のためにも妻がやってくれることをちゃんと書きますね。

洗濯が終わった時に、洗濯機から鳴るアラーム音を聞いて

「洗濯終わったよ!(早く干して!)」

と僕に伝えに来てくれることです。何て優しいんでしょう。

いや、真面目に書きますと、それ以外にもちゃんと洗濯物にアイロンをかけて畳んでくれたりもします。
僕はアイロンをかけるのも、そして畳むのも好きじゃないので、これは本当助かってます。

妻もアイロンをかけるのは何故か苦じゃないようで、これだけはすすんでやってくれます。

他にも棚を取り付けたり買ってきた収納ボックスを組み立てたりとか、そういう作業は得意だったり好きだったりするようで、超絶不器用の僕からするとすごくありがたいし頼りになります。

そんな感じで、何だかんだ言いつつお互いの得意な部分と苦手な部分をうまく補完し合っているみたいです。
そしてそれが5年間平和な結婚生活を送れている理由なのかもしれません。

なんかうまくまとめた感があるな。強引な気もするけど。

最後に・・・。

妻に対しては感謝もちょっとした不満もとい要望もまだまだ書き足りないくらい色々ありますが、キリがないのでこの辺で。

当たり前ですが完璧な人なんていないですし、僕だって妻にどうこう言えるほど立派な夫かというと疑問だったりしますし。

友達と飲みに行ったりサッカー観戦に行ったり、一人旅をしたりと、自由にやらせてもらっているので、それを許してもらっているだけで感謝ですよ。

とりあえず思うことは、相手に対して1つ不満があっても2つ良いところがあれば、それでいいんじゃないかと。

それが結婚生活を長く続ける秘訣じゃないかって最近思うんですけど、どうなんでしょうか先輩夫婦の皆さん。

ということで結婚生活6年目も、そんな感じでやっていきたいと思います。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

<広告>

2 Comments

きーきあっ きーきあっ

プラパイさん
コメントありがとうございます!

元々そんなに声を荒げるタイプでもないのですが、それでもたまにイラっとした時があるので、
そんな時にはこのルールを思い出してちょっと気持ちを静めています。

ですので、意外と有効かもしれないですよ!

アバター プラパイ

ご結婚5周年おめでとうございます。
毎日更新されるHPを楽しく拝見させて頂いております。

「喧嘩になった時に怒鳴ったり、大声を出さない」と言うルールは
良いですよね。
私も実践したいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です