お知らせ:ブログのリニューアルをしました。

ナラティワート通りにある【Kinza Gyoza】で餃子を買ってみた!

どうも、きーきあっです。

僕は餃子が大好きなので、たまにガッツリ餃子を食べたくなる時があります。
ちょうどその日がそんな気分でした。

さて、そんな時にどこで食べようかと考えましたが、ふとあるお店を思い出しました。
ということで、今回紹介するのは、

【Kinza Gyoza】

です!

実はこのお店、随分前から知っていたのですが、場所がMRTのスティサン駅近くという事で僕が住んでいる場所から遠く、そしてあまり行く機会のない場所のため、行けずじまいでした。

しかし、その2号店がナラティワート通り沿いにできたという話を聞いて、それならスティサンより全然近いな、これは行かないとなと思っていました。

それでも結局なんだかんだで行けずじまいでしたが、ついにその機会がやってきたのです。

【Kinza Gyoza】への行き方

場所はナラティワート通りのソイ15とソイ17の間にあります。
最寄り駅はBRTのテクニッククルンテープ駅になります。
また、シーロム通りからだと77番バスでその近くまで行けます。

こんな感じでお店の案内が出ているので近くまで来ればすぐにわかります。

本当に飲食店?という外観ですが、ためらわずに入りましょう。

地図も載せておきますね。

店内の様子

こちら店内の様子。

一応店内でも食べられるようでテーブルもありますし、左側には飲み物も置いてあります。
とりあえず写真右にあるカウンターで注文をしましょう。

こちらがメニュー。なんといってもこちらの店が有名になったのはこの円盤状になっている餃子。
30個で260バーツ(約780円)です。

  

実際は6ピースで50バーツ(約150円)から売っていましたが、でもここまで来て円盤餃子を買わないのは意味がないなと思い、30個入りを選びました。
また、チーズ入りもありましたが今回は普通の餃子にしました。

注文と会計を済ませると、レシートを渡されそこに番号が書いてあります。

注文した餃子が焼き上がると番号を呼ばれるので、それまで座ってしばし待ちます。

そして待つこと数分、僕が注文した餃子が出来上がりました。
餃子を受け取り、急いで帰宅します。

そしてこちらがその餃子です!

箱を開けてみると、こんな感じです!おお、円盤!

思ったより1個1個が大きいです。

こちらセットで付いてくるカクテキ。なぜ餃子にカクテキ?という疑問は残りますが、その辺はまあ。

タレは2種類付いてきます。左側がちょっと辛いタレ、右側が酢醤油的なものでした。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

あれ、意外と悪くないじゃんというのが率直な感想です。
というのも、実際に食べた人の感想をネットで色々と読んでいると、かなり評価が分かれていたからです。
そして、イマイチだという人も結構少なくなかったので、正直あまり期待はしていませんでした。

でも、実際食べてみるとそんなに悪くない、というか普通に美味しいなって思いました。
もちろん、絶賛するほど美味しいわけじゃないですが、でも文句を言うほどでもないなって。
まあ、基本的に何でも美味しく食べるバカ舌の持ち主ですので、そのあたりを割り引いて感想を聞いていただけるとありがたいですが、僕的には全然OKでした!

あっという間に完食です・・・という訳にはいかず、結構苦戦しました。
なにせ30個。それでも頑張って何とか30個を平らげました。
うわ・・・本当に満腹です。

土曜日の昼間に1人餃子を30個食べる男、なんともシュールな光景です。
案の定、妻にそのことを告げたら、

『え・・・』

と絶句した後、呆れた表情で僕を見つめたのでした。

まとめ

それほど期待しなければ、意外と満足できるクオリティーだと思います。
ビジュアル的にも面白いので、子供も喜ぶのではないでしょうか。

僕は自力で買いに行きましたが、LINEなどのアプリでデリバリーサービスもやっているみたいなので、そちらを利用したほうがいいかもしれません。

ちなみに付いてきたタレより、自宅で食べるなら普通に醤油+酢とかで食べた方がいいかなって思います。
あと、柚子胡椒とかもいいですね。

さすがに1人で食べるのはおすすめしませんけどね。←しないって

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Kinza Gyoza
場所:ナラティワート通りソイ15とソイ17の間 ※MRTスティサン駅そばにも店舗あり
電話番号:095-493-8946
営業時間:9:30-20:00
定休日:なし
URL:
Facebook:https://th-th.facebook.com/KINZAGYOZA/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です