人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

日本風のパン!?ナコン・イン通りの【Kita Artisanal Yeast Bun】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Kita Artisanal Yeast Bun】

です!

妻からの事前情報によると、なんでも日本風のパンが食べられるベーカリーだとのこと。
日本風のパン?カレーパンとか玉子サンドとかあったりするのかな?

そんな感じで楽しみに行ってみたのですが、思っていたのとは全く違う感じのお店でした。
昨日に続きアクセスが良くないお店なんですけど、最後までお付き合いくださいませ。



【Kita Artisanal Yeast Bun】への行き方

お店の場所なんですけど、Nakhon In通りという通りにあります。

特に最寄り駅はないです。敢えていうならMRTパープルラインの
「Bang Rak Noi Tha It」です。といっても11kmほどありますけど。

そんなお店の外観はこんな感じです。

お店の名前が外壁に書いてあります。

店の前にはメニューも出てます。この時点で
『え?これは日本風のパン?』
と、頭の上にクエスチョンマークが出ました。

ドリンクメニューの看板も出てます。

地図も載せておきますね。

店内の様子

こちら店内の様子。新しいお店のようで、確かにそんな雰囲気でした。きれいでしたし。

まずはこちらのカウンターで注文とお会計を済ませましょう。

改めてこちらがメニューです。
どうやら具を挟んだこちらのパンがウリのようです。
というよりメニューはこちらのみです。

具材によって値段が異なり、安いもので18バーツ(約63円)、一番高くても38バーツ(約133円)と
結構リーズナブルなお値段です。

カウンター脇に注文用紙があるので、こちらを記入しレジカウンターへ出します。
その際店内で食べるか持ち帰りなのか聞かれます。

お会計を済ませると、レシートを渡されます。
レシートの上部に番号が書いてあり、出来上がるとカウンター上のモニターにて知らせてくれます。

こちらがそのモニターです。

呼ばれるのを待っていたら、店員さんが注文したドリンクとパンを持ってきてくれました。
あら、肩透かし。

僕はアイスコーヒーを注文しました。

そしてこちらがお目当て!?のパンです。今回は全部で4種類頼んでみました。
こうやって袋に入って出てきます。袋に具材の名前が書いてあるので間違える心配もありません。

こちらは僕が選んだ厚焼き玉子が挟んである玉子サンド。

そして左がタイミルクティーのクリームパン、右がカスタードクリームパン。

タイミルクティーのクリームパンはこんな感じです。
ちなみにもう1つはほぐしたチキンをクリームソースで和えたものが挟んであるパンでした。
写真を撮る前に義母が食べてしまい、写真はありません。ちなみにそれが一番美味しそうでした。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味い!

まずパンですが、これがフワフワと柔らかく、面白い食感です。味もなかなか。
そしてタイティーのクリームもカスタードクリームも美味しかったですよ。

厚焼き玉子のサンドウィッチはまあまあでした。ちょっと玉子焼きが甘かったかな。
あと今回唯一食べていないチキンのサンドウィッチは義母曰く美味しかったそうです。

くそ、そっちが正解だったか。

この店に来る前にお昼ご飯をガッツリ食べてしまったのですが、それでもしっかり完食です。



最後に・・・。

この前に食べたお昼ご飯がめちゃくちゃ美味しく、且つお腹いっぱい食べてしまったのと、僕が勝手な想像をしたせいでテンションがイマイチ上がりませんでしたが、元々こういうパンだと知った上で店を訪れていたら、また違った感想だったかもしれません。

これは完全に僕のミスです。パン自体は美味しかったですよ。

とはいえ、かなりバンコク市街からも離れているし、交通の便も良くないので、わざわざ遠くから駆けつける必要はないかなと。
何かの用事でこの辺りに来た時にはついでに寄ってみてもいいかなと思います。持ち帰りもできますし。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Kita Artisanal Yeast Bun
場所:Nakhon In Frontage Rd, Bang Khun Kong, Bang Kruai District, Nonthaburi 11130
電話番号:092-735-1166
営業時間:8:30-18:00
定休日:なし
URL:
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です