人気記事:全てのタイ・リーグファンに捧ぐ!今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2020

ヤワラー通りの【Laoteng】はオシャレ点心のお店!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Laoteng】

です!

ヤワラーに新しく点心のお店ができたから行ってみたいと妻が言うので、行ってきましたよ。
これがまあオシャレなお店で。

どれだけオシャレかは、見てのお楽しみです!



【Laoteng】への行き方

場所ですが、バンコクのチャイナタウンとして有名なヤワラー通り沿いにあります。
MRTの駅が新しくできたおかげで、すっかり行きやすい場所になったヤワラー。
ちなみに最寄り駅はワット・マンコン駅なのでお忘れなきよう。

お店の外観はこんな感じです。

こんな看板も出ています。

2階が点心を食べられるお店、そして3階はクラフトビールバーとのこと。

ちなみに隣はクイジャップの超有名店【ナイエーク】です。

あと、ついでにチャイナタウンらしい風景もお届けします。

地図も載せておきますね。

店内の様子

先ほどお伝えしたとおり、店は2階にあるのでまずはこちらの階段を上りましょう。

こんなメッセージを目にした後で・・・。

店内はこんな感じです。

この上にクラフトビールバーがあるようです。

で、こちらがメニュー。
白いメニューが点心、緑のメニューが他の一品料理です。

こちら点心のメニュー。タイ語と中国語、そして英語表記で写真付きです。

こちらは一品料理のメニュー。こちらも種類が豊富です。

魅力的な料理が多くて注文するのに悩みましたが、とりあえず決めてしばし待ちます。
ドリンクですが、僕は冷たいお茶、妻は温かいお茶をそれぞれ注文しました。

冷たいお茶は45バーツ(約157.5円)です。

温かいお茶はポットでサーブされ60バーツ(約210円)です。

そしてここからは注文した料理を紹介します。
まずはこちら。蒸し鶏の紹興酒漬け。いわゆる「酔っ払い鶏」というやつです。

値段は200バーツ(約700円)です。

 

鶏に味は付いていますが、お好みでこのピリ辛タレにつけて食べるのも良し。

続いて点心もやってきました!

海老蒸し餃子!95バーツ(約332.5円)でした。

やたらきらびやかなやつ!中身は海老でした。120バーツ(約420円)でした。

黒い蒸し餃子!これも中身は海老!こちらも120バーツ(約420円)でした。

いわゆる「腸粉」というやつです。95バーツ(約332.5円)です。

センミーという細麺を使った焼きそばです。カイケム(塩漬け卵)味です。
値段は200バーツ(約700円)です。

こちらにも海老が入っていて、自分たちが注文したのに、
『もう海老ばっかじゃん』
って自分にツッコミました。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

点心も焼きそばも酔っ払い鶏も、どれも美味しかったですよ。
感激、絶賛というわけではないですが、普通に美味しいなあって思える味でした。

ということで、妻と2人でしっかりと完食です。
もっと他の点心や料理を食べてみたいなと思いましたが、意外とボリュームがあり、あとはこの後ヤワラー通りを
食べ歩きしたいと妻が言うので、このあたりでやめておくことにしました。

お会計は935バーツ(約3,272.5円)でした。
まあそれなりにするなあとは思いましたが、嬉しい税・サービス料込でした。



最後に・・・。

店の雰囲気的に餃子やシュウマイをガッツリ食べてやるぜ!っていう意気込みで行く店ではないかな。
あくまでも上品にお餃子やおシュウマイをいただく感じのお店です。←「お」を付ければよいってもんじゃない
なんかそこまでテンション高く書いてないので、イマイチなのかって思われるかもしれませんが、
そんなことないです。美味しかったですよ。

あと見た目もすごくきれいでしたし、お店もオシャレでしたし。
そういう意味ではデートなんかに使うのによいかもしれません。

個人的には3階のクラフトビールバーがとっても気になります。
3階でもこちらの店の点心が食べられるなら、間違いなくそちらの方が魅力的です。

近々確認しに行ってみたいと思います。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Laoteng
場所:438 Yaowarat Rd, Samphanthawong, Bangkok 10100
電話番号:063-162-9365
営業時間:月~木 11:00-23:00 金~日 11:00-0:00
定休日:なし
URL:
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です