お知らせ:ブログのリニューアルをしました。

Luang通りにある【Let The Boy Die】はタイの色々なクラフトビールが飲めます!

どうも、きーきあっです。

タイのクラフトビールを飲める店が結構増えてきています。
タイのクラフトビールってどうなの?っていう方もいらっしゃるかと思いますが、これが結構美味しいんです。

という事で今回紹介する、

【Let The Boy Die】

も、そんなタイのクラフトビールが飲めるバーです!

【Let The Boy Die】への行き方

場所はLuang通り沿い、と言っても聞きなれない名前だと思います。
ラマ1世通りとジャルンクルン通りの間に位置する通りですが、MRTフアランポーン駅からだと歩いて15分くらい、バスは15番、49番、53番、206番なんかが通っています。
ちなみに僕は、MRTフアランポーン駅から歩いてみました。

こちらがそのお店です。

地図も載せておきますね。

店内の様子

こちら店内の様子。

壁には大きな絵が飾られています。

こういう絵、嫌いじゃないです。

生バンドによる演奏もあったりします。

とりあえず席に着いてみたのですが、どうやら席で注文をするわけではなく、奥に見えるカウンターで注文と会計を先に済ませるようです。

という事でカウンターへ行き、ビールを注文します。

ビールのメニューはモニターに表示されています。

どれにしようかなって迷っていたら、店員さんが好みを聞いてくれました。あと味見もさせてくれますよ。

ビールを頼んだところで次はフードメニュー。壁にビーフバーガーと書いてあったので、じゃあそれ!と注文したら、ありませんと断られてしまいました。

フードメニューはこちらから選んでねとメニューを渡されました。
メニューはそれほど多くなく、ほとんどが揚げ物系でした。

とりあえずフードメニューも選びお会計。そしてこちらを渡されます。料理が出来上がるとこちらの機械がお知らせしてくれるシステムです。

ビールは店員さんに少し苦めのものをとお願いしたらこちらがでてきました。値段は190バーツ(約570円)です。
名前は聞き忘れてしまいました。

そして待つこと数分、僕の頼んだ料理が出来上がりました。
こちらフィッシュアンドチップスです。値段は160バーツ(約480円)です。
魚のフライはスティックタイプで、手で食べるやつです。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

まずビール。名前は忘れましたがこれは美味しい!味見させてもらったから美味しいのはわかっていたのですが、やっぱり美味しいなあ。

一方、フィッシュアンドチップスはまあまあといったところ。チップス(フレンチフライ)はちょっと揚げすぎ感がないでもないですが、ビールが進むことは間違いない。

実はフィッシュアンドチップスが出来上がるまでの間にほとんどビールを飲み終わってしまったので、2杯目を注文しました。

2杯目は「Golden Coins」というピルスナータイプのビールをチョイス。値段は190バーツ(約570円)です。
こちらはスッキリした味わいで飲みやすかったです。

フィッシュアンドチップスをビールで流し込み、あっという間に完食です。
お会計は既に済ませてあるので、飲み終わったら店を出ました。

そうそう、お会計はビール2杯とフィッシュアンドチップスで540バーツ(約1,620円)でした。

まとめ

クラフトビールの種類も多く、また手頃な値段で飲めるので嬉しいです。
店の雰囲気もオシャレで、なかなかいいお店でしたよ。

ただ、フードメニューはあまり種類が多くないので、食事しながらビールを飲むというより、食事をどこかで済ませてから2軒目として利用するのがベターな気がします。
ビール好きならぜひ行ってみてほしいお店ですよ。
僕は好きです、このお店!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Let The Boy Die
場所:425 Luang Rd, Khwaeng Wat Thepsirin, Khet Pom Prap Sattru Phai, Krung Thep Maha Nakhon 10100
電話番号:099-493-9909
営業時間:17:00-0:00
定休日:なし
URL:https://let-the-boy-die.business.site/
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/ltbdbar/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です