注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

謎多きラーメン屋!?ウドーンターニーの【リトルパインツリー(八本松ラーメン)】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

ウドーンターニー旅行ネタもいよいよ大詰め。今回紹介するのは、

【リトルパインツリー(八本松ラーメン)】

です!

もちろんこちらも今回の旅行に向け行きたいお店リストに入れていたんですが、何かいろいろ不思議というかよく分からないお店なんですよね。

ですので、よし!行こう!という気持ちと、ここはパスしていいんじゃないかって気持ちがウドーンターニー滞在中も揺れていました。

でもビールを飲んだ勢いと、夕飯を食べたお店から近かったこともあって、よし!〆のラーメンを食べに行こうという気持ちで行ってきました。

実際行って良かったとは思うのですが、なんか色々不思議なお店でした。

ということでさっそく紹介しちゃいます!

 

【リトルパインツリー(八本松ラーメン)】への行き方

お店の場所は、ウドーンターニー市街の西側、セントラルプラザ・ウドーンターニーや鉄道駅があるエリアから20分ちょっと歩いたとこrにあります。

そうなるともはや徒歩圏内じゃないでしょって感じですが、歩くのはイヤ!という人はトゥクトゥクなどでどうぞ。

お店の外観はこんな感じです。ラーメン屋というよりは居酒屋って感じの店構えです。

ただ入口の前にある看板には「八本松ラーメン店」って書いてありますね。

いや、正確には「ラメ~ン店」ですけど。

それに何故かおすすめと思われるメニューには「食ってみろ!」という挑発的な言葉が。
何故そんな喧嘩腰なの?

この時点で色々不思議ですが、とりあえず地図も載せておきますね。

注文しよう!

ドアを開けて中に入ったところ、まさかの満席!そしてレトロな店内の雰囲気にもビックリ!
思っていたのと全然違う!

改めて店内の様子。なんか食堂っぽくもあり洋食屋っぽくもあり、レトロな雰囲気が良きです。

こちらカウンター席。

そしてこちらがメニューです。

ラーメンだけでかなりの種類がありますが、それ以外にもご飯ものなど料理の種類は多いです。

    

そしてメニューと一緒にメモ用紙を渡されます。え?紙に書いて渡すシステムなの?
と、ちょっと戸惑いつつも、言われるがまま料理名を書いてお店の人に渡しました。

お水はセルフサービスとのこと。これまた日本の古き良き食堂って感じ。

注文を済ませ待つこと数分、注文した料理が運ばれてきました。

まずはこちら。塩ラーメンです。値段は145バーツです。

麺はこんな感じです。

店の前の看板には「食ってみろ!」って書いてあるし、座ったカウンター席の目の前には「大人気のラーメン」というポップまで貼ってあったら、頼まないわけにはいきません。

そしてラーメンを食べ終わる頃にやってきた焼き餃子。値段は5個で95バーツです。

おいしそうな焼き色です。また餃子の下には千切りキャベツが敷いてあります。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

まずラーメンですが、麺の茹で加減も申し分ないし、スープだってちゃんとしてます。熱々だし。
それにチャーシューや味玉、チンゲン菜に白髪ねぎと種類も多くバランスも良いです。

ただ1つだけ。メンマがびっくりするくらい不思議な味なんです。
なんかやたら甘いなあと思ったらシナモンっぽい味もするし、今まで食べたことがない味付けでした。

何故こういう味付けにしたのか、もしかしたら何かしらの意図があるのかもしれませんが、僕は普通のメンマがいいです。

そして餃子。これが思っていた以上に美味しい!
ひき肉とニラがたっぷり入っていて、そして皮がパリっとして焼き加減も素晴らしい!

できれば、もう少し早くきてラーメンと一緒に食べたかったなあと思いつつ、あっという間に完食です。

そしてお会計をお願いしたところで、伝票よりも先に運んできたのがこちら。

サービスとのことで一口サイズのゼリーのようなものをいただきました。

へー、何のゼリーだろって思って食べたところ、これは何だろう?分かりません。
とうもろこしみたいな味でした。でもまさかここにきてとうもろこしのゼリーなんて出さないだろうし、でも店員さんには聞けないし。

結局分からないまま完食し、改めてお会計。ラーメンと餃子で240バーツでした。
税・サービス料込の料金でした。

結局あのゼリーは何だったんだろうと思いながら、店を後にしました。

最後に・・・。

あの謎の味付けのメンマは何だったんだろうか?そして最後のゼリーの正体は?

と、謎は増えるばかりでしたが、何よりも一番の謎は、

何故この店名!?

です。

【リトルパインツリー】という店名でありながら、メニューや看板には「八本松ラーメン(ラメ~ン)」と書いてあるのは一体・・・。

いや、最初は単純にリトルパインツリーだから、小松さんという日本人が経営しているお店なのかなって思ったんですよ。ブリヂストン的な。

でも看板には八本松だし、そもそも日本人経営だったらラーメンをラメ~ンなんて書かないだろうし。

それにメニューを見てもハンバク丼とか思わずツッコみたくなる名前があったりしますし。

ということはタイ人経営なんでしょうね。こっそり厨房を覗いてもタイ人男性が調理していたし。

そうなると次に気になるのは八本松という名前。どこから持ってきたんだよ。

で、調べてみました、八本松を。そうしたら広島県内に八本松という地名の町があるそうです。
って、本当にそこから取ったの?

八本松という松があるのかと思ったら、まさかの広島県の地名?

と、謎は深まるばかりですが、いくら考えても答えが出ないのでこの辺でやめておきます。

名前の意味不明さやメニューの微妙な日本語と、不安要素しかないのに、でも実際出てくるラーメンや餃子がちゃんとしていたり、そしてレトロな雰囲気の割とセンスが良い店内だったりと、意外性しかありませんでした。

訪れた時に満席だったことにもビックリしたのですが、食べてみたらなるほどな、これならお客さんが来るのも納得だなと思いました。

本当なら他のラーメンやハンバク丼はじめご飯ものにもチャレンジしたかったのですが、なにしろこの店に来る前にビール大瓶1本とステーキ450gを食べたばかりだったので。←というよりよくステーキ食べた後にラーメンと餃子を食べたな

ということで、楽しみは次回の訪問までとっておくとして、意外(あまり意外を連発するのも失礼だけど)にもちゃんとしてました。

そんなわけで、ウドーンターニーを訪れた際に、気になる人はチャレンジしてみてください!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:リトルパインツリー(八本松ラーメン)
場所:6 Saeng Cham Uthit Alley, Tambon Mak Khaeng, Mueang Udon Thani District, Udon Thani 41000
電話番号:081-975-8720
営業時間:火~土 17:00-21:00
定休日:日、月
URL:
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です