人気記事:コロナに負けず今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2021-2022

マハセット通り近くのパキスタン料理店【Mashallah Restaurant】へ行ってきたけど・・・。

どうも、きーきあっです。

いきなりですが怒ってます。いや、怒るというよりもガッカリかな。

基本このブログで紹介するお店というのは、どこかしらいいところがあったりもしくはすごく楽しみにして行ったお店だったりするので、そこまで批判的な文章を書いてないと思うんですよね。

そもそも好きじゃない店は行かないし、行ってもあまりに酷かった時にはブログに書いてないですしね。

でも今回はあまりにおかしいなということで書きます。ただしかなり抑えめに。

ということで今回紹介するのは、

【Mashallah Restaurant】

です!

いや、途中までは良かったんですよ。良かったというかそこまで文句を言うほどでもなかったというところですかね。

ということで結論から言うと、正直おすすめできるお店ではなかったので、興味がない方はここでブラウザを閉じてしまって構いません。

何が起こったの?っていう人だけこの先を読んでくださいね。

【Mashallah Restaurant】への行き方

場所はマハセット通りから細い路地を入ったところにある、通称「カレー小径」です。って僕だけしか呼んでませんけども。

何故そんな名前で呼んでいるかというと、この細い路地にいくつもインド料理店やパキスタン料理店など、カレーが食べられるお店が密集しているからなんです。

例えばこんな店があります。

どうも、きーきあっです。日本のもインドのも、そしてもちろんタイのも色々ひっくるめて僕はカレーが好きなんです。なので、ツイッターのTLにカレーに関するツイートが流れてきたら食べたくなってしまうし、気になるお店は行きたくなってしまうんです。というわけで...

 

どうも、きーきあっです。今回紹介するのは、【Spice of mumbai】です!少し前にとあるお店に行った時に、そのお店の周辺にカレー屋さんがたくさんあったんですよね。もう、「カレー小径」と呼びたいくらい。←ネーミングセンスこりゃあ開拓し甲斐があるなあというこ...

 

8月ですよ、奥さん!どうも、きーきあっです。今回紹介するのは、【Khan】です!こちらはパキスタン料理店なのですが、定期的にやってくる「カレー食べたい欲」が起きた時に色々調べ見つけたお店です。というわけでさっそく紹介しちゃいます!【Khan】への行き方お店...

 

ちなみにBTSスラサック駅、サパーンタクシン駅、そしてMRTフアランポーン駅からそれぞれ16~17分くらいと、何とか徒歩圏内です。

お店の外観はこんな感じです。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。店内はそこそこ広いです。

こちらがメニューです。

メニューを開くとそこには色々な種類のカレーが並んでます。
しかも値段が安い!

またテーブルの上にはおすすめメニュー的なものも置いてありました。

注文を済ませしばし待ちます。ドリンクは水を注文。
というか特にドリンクを聞かれなかったのですが、黙って水を置かれました。

元々水を注文するつもりでいたからいいんですけどね。値段は10バーツ(約35円)です。

そして待つこと数分、注文した料理が運ばれてきました。

まずはこちら。ビーフニハリです。値段は120バーツ(約420円)とメニューには書いてありました。

ニハリとはパキスタンの煮込み料理で、どちらかというとカレーというよりもシチューに近い感じです。
って、僕も少し前に存在を知ったばかりなんですけど。

箸休め的な感じで出てきたキュウリ。

そしてもう1品。バターチキンカレーです。値段はこちらもメニューには120バーツ(約420円)と書いてありました。

そしてカレーのお供として注文したのはバターナン。値段は20バーツ(約70円)です。
ナンっぽくないけど、ナンみたいです。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味い!

まずビーフニハリですが、牛肉がよく煮込まれていて柔らかいです。ニハリ自体普通に美味しかったです。
なんかバゲットとかと食べたい感じ。ご飯でもいいけど。

次にバターチキンカレー。見た目からしてちょっと想像と違うというか、ちょっと変わっているなって思ったのですが、実際食べてみてもやっぱりちょっと変わっているなあと。

バターチキンカレー特有の甘味はほとんどなく、むしろトマトなのか酸味がやや強めです。
思っていたのと、食べたかったのとはちょっと違うけど、でもこれはこれで悪くないです。

そしてナン。こちらは正直イマイチ。ナンというよりピタパンとかパン生地っぽいピザみたいな食感でした。
あとバターナンなのにバターの風味もあんまりしなかったかな。

そんな3品をしっかりと完食です。

そしてここからが問題です。お会計を店員さんにお願いしたところ300バーツ(約1,050円)とのこと。

別に金額的にはそんなもんかなとは思いつつも、伝票を持ってきたわけでなく、テーブルの上の皿を見て計算していたから、これは税・サービス料込なんだろうなと。

でもそうなると300バーツはおかしくないかなと。

だってビーフニハリ120バーツ、バターチキンカレー120バーツ、バターナン20バーツに水が10バーツですよ。
単純に足したら270バーツなわけで。

なので店員の男の子に何で300バーツなの?って聞いたんですよ。メニューを見せながら。

そうしたらビーフニハリは130バーツ、バターチキンカレーは140バーツだと。

え?だってメニューには120バーツって書いてあるよねって言ったら、変えるのを忘れてたと。

そんなことってあります?

外のメニューにも、何ならテーブルの上のおすすめメニューにも120バーツって書いてあるわけですよ。

え?おかしくない?何で変えてないの?って聞いてもごめんなさいと。

でもまあこれ以上話をしても埒が明かないなと諦め、なんかムカつくなって思いながら店を後にしました。

最後に・・・。

いや、何ならお釣りをもらったところで10バーツか20バーツはそのままチップとして置くつもりでしたし、逆に税とかサービス料だったらもっと払っているわけですし、30バーツという金額だから別にいいんですけど。

でもそれだったらチップとか税金とかサービス料で払いたかったなと。

そうそう、そういえばLINE MANのドライバーが来てたから、LINE MANのメニューの金額を見てやろうと家に帰ってきた後に調べてみたんですよ。←微妙に性格悪い

ビーフニハリは120バーツのままだったので、ほら嘘じゃねえかと思っていたら、バターチキンカレーは140バーツでした。

ということはこれは本当なのか?え、でもビーフニハリは変わってないけど・・・。

なんだよ、値段を変えるならちゃんと変えてくれよ。それかLINE MANも金額をそのままにしておいてくれないと、結局本当なのかそうじゃないのか分からないじゃん。

そんなわけで、LINE MANを見たことで怒りが微妙におさまってしまいました・・・。

とはいえ、やっぱりメニューを見て注文するわけですから、その金額と会計が違うっていうのはやっちゃダメだと思うんですよ。
別に値上げした金額だって、十分安いわけですし堂々と値上げすればいいのに。

こんな騙し討ちみたいなやり方は良くないですって。

しかもこのエリアは他にもインド料理店やパキスタン料理店がたくさん並んでいるわけで、ただでさえ隣は人気店の【Al-Rahaman】なんですから。こんなやり方しているとますますお客さんは入らなくなりますよ。

ということで値上げは嘘じゃない気もしますが、モヤモヤした気持ちは晴れませんでした。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Mashallah Restaurant
場所:92 2-3 ซอย เจริญกรุง 45 Si Phraya, Bang Rak, Bangkok 10500
電話番号:065-919-1409
営業時間:11:00-22:30
定休日:なし
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/Mashallah-Restaurant-104305990967592/?ref=page_internal

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です