人気記事:コロナに負けず今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2021-2022

激辛!激ウマ!トンローの【麵屋やまと】で激辛ラーメンを持ち帰りしてみた!【持ち帰り&デリバリーでお店を応援!】

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【麵屋やまと】

です!

こちらは「台湾まぜそば」が美味しいお店なのですが、僕も以前2度ほど食べたことがあります。これが美味しいんですよ。
その時の記事はこちらからどうぞ!

どうも、きーきあっです。今回紹介するのは、トンローにあるラーメン屋、【麵屋やまと】です!この店、オープンした時から知っていたのですが(その時は店名が【麵屋はなび】)、随分強気な値段設定だなあということで、行かずにいました。それが、店名も変わり、ま...

 

夕飯は何を食べようかなって考えた時に、ふとこちらのお店の台湾まぜそばを思い出したんです。
なんか久しぶりに食べたくなったなあと。

そうなると、行動は早いということで、さっそく行ってきました!

【麵屋やまと】への行き方

場所はBTSトンロー駅からすぐ、駅の真下といってもいいくらいの場所にあります。
もう少し細かく書くと、スクンビットソイ53と55の間くらいです。

お店の外観はこんな感じです。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

LINE MANやフードパンダからも注文できますが、僕は直接お店へ行き、持ち帰りをしました。

こちらがメニューです。
やっぱりお店のウリはこちらの台湾まぜそばです。僕もこれを注文するつもりでした。

でも、こんなものを見つけてしまったんです。「地獄ラーメン」という名の激辛ラーメンを。

激辛好きとしては見逃すわけにはいきません。

辛さは5段階から選べるとのこと。

ということで持ち帰ったのがこちらです。「地獄ラーメン」です。値段は260バーツ(約910円)です。

辛さは地獄の3丁目、もとい3辛を選びました。

麺はやや細め。メンマと味玉が一緒に入ってます。

そしてこちらがスープ。間違いなく辛いだろっていう色です。この色で辛くないわけがありません。

その他にはネギやニラ、そしてひき肉なんかが付いてきます。

また、辛さが足りないって人のためなのか、粉末の唐辛子も付いてきます。

そして完成形がこちら。もう間違いなく辛いでしょ。

改めて麺はこんな感じです。って持ち上げた麺にも唐辛子が付いてる!

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

そして

辛ーーい!

まずスープですが、当然ながら辛いです。汗がどーっと噴き出ます。

でも、辛いだけじゃないです。ちゃんとスープの旨味も感じます。辛くて美味いってやつです。

そして麺。こちらは細めでツルツルした食感で、スープに合ってるのかそうでないのか、もうこの際どうでもいいやってくらい辛くなってます。でも麺も美味しいです。

僕自身辛いのは好きだし得意な方なので、最後まで美味しく食べられました。5辛でもいけるかなって思うくらい。
でもそのくせ一緒に付いてきた唐辛子は入れなかったですけどね。

ということで、ちょっとそこらを走ってきたのかなってくらい汗を搔きつつ、しっかりと完食です。

実はこのラーメンと一緒にこんなものも食べました。

【トクチャイ亭】の「のり弁」と「明太マヨスパムにぎり」です。

底なしの食欲って感じですが、これらをまとめてしっかりと完食しました。

なお、のり弁やスパムにぎりについては、昨日の記事で紹介しています。詳しくはこちらからどうぞ。

どうも、バンコクで一番のり弁を食べている男(自称)きーきあっです。そう名乗りたくなるくらい、バンコクのお店で出しているのり弁は8割方食べている気がします。←根拠のない数値そんなのり弁マイスター(こちらも自称)としては、のり弁を出している店があると聞...

ということで、さすがに満腹です。←当たり前

最後に・・・。

台湾まぜそばを食べるつもりが予想外の展開になりました。

でも美味しかったのでオールOKです。

それにしても辛かった。そして美味しかった!

これは辛い物好きにはたまらないラーメンだと思います。もちろん辛いのが苦手な人にはおすすめしません。

ということで激辛好きはぜひチャレンジを!

そうそう、台湾まぜそばは近いうちに食べたいと思ってますので、その時はまたこのブログで紹介しますね。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:麵屋やまと
場所:1033 Sukhumvit Rd, Klongton-Nya Watthana, Bangkok 10110
電話番号:02-083-8526
営業時間:11;30-20:00 ※店内飲食禁止期間中の特別営業時間
定休日:なし
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/menyayamatobangkok/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です