人気記事:全てのタイ・リーグファンに捧ぐ!今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2020

【持ち帰り&デリバリーでお店を応援!】スリウォン通りにある【もっこりラーメン】の弁当が激安だった!

どうも、きーきあっです。

まだまだ続くバンコクの飲食店での店内飲食禁止。

ということで僕もまだまだ持ち帰り&デリバリー生活が続きます。

で、今回紹介するのは、

【もっこりラーメン】

です!

【もっこりラーメン】といえば、学生街の定食屋さんよろしく、とにかくボリューム満点のラーメンやご飯ものを出すラーメン屋さん。
僕も何度か利用した事がありますし、このブログでも何度か登場してます。

その時の記事はこちらからどうぞ!

ラーメンにはライスがつきものでしょ。これに餃子があれば完璧でしょ!どうも、炭水化物大好き、きーきあっです。世間では炭水化物を摂らないダイエットが流行っているようですが、僕は絶対に出来ません。炭水化物なしでは生きられない身体です。ラーメンにはライス...

 

どうも、きーきあっです。今回は少し前から始めた企画もの、そう、例のアレです。好評なのか飽きられたのかは分かりませんが、早いもので6回目になる今回は、【もっこりラーメン】のカツカレーを食べてきました。ちなみに前回は【銀竜 焼肉研究所(Ginryu Yakiniku K...

 

で、先日店の前を通った時に持ち帰り弁当を売っていたんです。
本当は別のお店でお昼ご飯を買うつもりだったのですが、なんだか気になる看板が出ていたので買ってしまいました。

そして、なかなか良かったのでさっそく紹介しちゃいます!

【もっこりラーメン】への行き方

場所はナラティワート通りソイ1、スリウォン通りとシーロム通りの間、日本食のお店がいくつか並ぶ一帯にあります。
BTSチョンノンシー駅から歩いて8~9分くらいです。

お店の外観はこんな感じです。
店内での飲食ができないため、店の前にテーブルを出してそこで弁当を売ってました。

現在の営業時間はこんな感じです。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

冒頭にあった、気になる看板とはこちら。
なんと全品100バーツ(約350円)です!

これだったら一旦は通り過ぎてもUターンして戻ってきてしまう気持ちもお分かりいただけるのではないかと。

メニューはというと、

  • 炙りチャーシュー丼
  • 味玉カレーライス
  • チャーハン
  • ソース焼きそば
  • 塩焼きそば
  • 鶏唐揚げ

の5種類です。

で、こんな感じでテーブルの上に並んでいました。

どれにしようか悩みつつも選んだのがこちらです。

まずはこちら。味玉カレーライスです。
やっぱりカレー好きとしては、100バーツで食べられるカレーがあれば買ってしまいますって。

福神漬けもちゃんと載っているのがポイント高しです。100バーツでも手を抜かない姿勢に好感が持てます。

カレーのルーはこんな感じ。

そしてもう1品は塩焼きそば。ソース焼きそばとどちらにしようか深く深く悩みました。

そしてちゃんとスープも付いてきます。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味い!

まずカレーですが、これはもう間違いないです。安定の味。安定の味です。←なぜ2回言う?

そもそも美味しくないカレーなんてなかなかないですし。
あと熱々じゃないのは弁当なので当然の話ですから、そこは持ち帰りに関しては気にしないです。

そして塩焼きそば。

もっこりラーメンの料理には割と味が濃いイメージがあったのですが、こちらは割とあっさり味でした。

味からいって、何となくお酢とかカラシがあったらいいなあと思っていたら、器の隅っこにカラシが。

分かってる!お店の人はちゃんと分かってる!と、これに関してはかなりの高評価です。

どちらも100バーツという値段にしてはボリュームもちゃんとあって嬉しいなと思いながら、しっかりと完食です。

最後に・・・。

もっこりイズムをちゃんと感じられる持ち帰りメニューでした。←そういうイズムがあるのかは分からないけど

100バーツという値段で食べられるなら、文句はないかな。というか文句を言うのは野暮かな。

今は店内で食べられないわけですから、シーロム・スリウォンエリアで働く人はお昼ご飯にも悩むのではないかと思いますが、こちらも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:もっこりラーメンシーロム店
場所:Silom-Surawonge Condo, 43/1, Soi Anumarnratchathon
電話番号:02 634 2319
営業時間:10:00-21:00(LO 20:45)
定休日:不明
URL:
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/mokkorisilom/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です