注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

バンコクから車で行ける大坂!?バンセンの日本風カフェ【もみじ スペシャリティコーヒー】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

先日タイのバンセンというところに1泊旅行してきまして。

バンセンはバンコクから車で1時間ちょっとのところにある海沿いの町で、通常はバンコクから日帰りでも十分遊びに行けるところなんです。

それをわざわざ1泊してきたわけですが、これが意外にも楽しかったんですよね。

そんなわけで、つい最近までウドーンターニー旅行ネタが続いた中で今度はバンセン旅行ネタにお付き合いくださいませ。

で、今回紹介するのは、

【もみじ スペシャリティコーヒー】

です!

こちらは何でも日本を意識したカフェ、というよりも写真映えスポットと呼ぶべき場所なんです。

もう色々とツッコみどころが多いのですが、とにかくご覧ください!

【もみじ スペシャリティコーヒー】への行き方

場所はバンセンなのですが、海沿いではなくちょっと内陸部に入ったところです。

バンセンに行かれる方はほぼ皆さん車を利用すると思いますので、とりあえず後で載せるグーグルマップにて詳細の場所はご確認くださいませ。

お店があるエリアに着くとまず目につくのがこちら。後でゆっくり触れます。

そして車で来た場合はこの道路を突っ切ることになるのですが、こちらの横断歩道は常に信号が青なので歩行者(というより写真撮影をしている人たち)に注意しつつそのまま横切りましょう。

こんな感じです。これは信号無視ではないので通報しないように。

そうすると奥にあるのが駐車場。このようにたくさんの車が停まってます。

また駐車場の手前には、何故か駐車禁止のシールが貼られていますがこちらも無視して構いません。
あと、宅急便を頼める場所もありませんので探さないように。

ということで地図も載せておきますね。

注文しよう!

まずは今回のメインであるカフェから紹介していきます。先ほどのタコのオブジェが飾られている建物の反対側にお店があります。

そしてこちらが店内の様子。

ショーケースにはケーキを始め、団子などの和スイーツなども並んでいます。

またこちらの他にも、離れ的な感じでテーブル席があります。
こちらには庭もあったりします。

席を確保したら、こちらで注文と会計を済ませましょう。

で、こちらが今回注文したスイーツです。

まずこちらはココナッツケーキです。表面はココナッツクリーム、そして中はスポンジケーキが入っています。
またココナッツの殻はチョコレートで出来ているので食べられます。

そしてこちらは大阪チーズケーキ。どのあたりが大坂なのかは分かりませんが、チーズケーキでした。
上に載っている猫がかわいいですよね。

ドリンクは左がアイスカフェラテ、右が抹茶ラテになります。あとはホットのアメリカンも注文しました。

ちなみに値段ですが、レシートを誤って捨ててしまったので分からなくなってしまいました。
ドリンクは100バーツちょっと、ケーキが1個あたり130バーツくらいだったと思います。

そしてケーキを食べ始めたところで、妻から

「さっきたこ焼きを注文しておいたんだけど、そろそろ出来上がるから取りに行って来て。」

と言われました。せっかくケーキを食べようとしたのにと思っても、ここでは答えは

『かしこまりました。行ってまいります。』

しか選択肢がないので、ケーキもそこそこに一旦店を出ます。そして向かい側にあるたこ焼き屋へダッシュです。

こちらがそのたこ焼き屋さん。名前は【たこわなか】だそうです。

ちなみにこちらがたこ焼きのメニュー。たこ焼きなのにカリカリベーコンとか、炙りサーモンとか、たこ焼きには普段使わないワードが出てきて、一抹の不安が。

妻から渡されたレシートを店員さんに見せて、無事たこ焼きゲットです。

そして行きと同じようにダッシュで先ほどのカフェへと急ぎます。

こちらのたこ焼き屋さんはイートインスペースがないため、その場で食べるか先ほどのカフェに持ち込んで食べるかのどちらかになります。

というわけでこちらが先ほどのたこ焼きです。

今回妻が購入したのは、全種類のコンボ16個入りで値段は275バーツでした。

ということは、先ほどのカリカリベーコンや炙りサーモンが入っているのかと思いきや、炙りサーモンは売り切れだそうで通常のたこ焼きとカリカリベーコンの2種類が入っているのだとか。

まず普通のたこ焼きとかの前に、海苔とかつお節に紛れてオレンジ色のつぶつぶが載っているのに違和感を覚えます。
そう、こちらはタイ人が大好きなエビコです。

そしてカリカリベーコンとは何ぞやと思っていたら、何とたこ焼きにベーコンが巻かれているではありませんか。
これは関西人が見たら卒倒しそうな気がします。

そしてこちらが普通のたこ焼き。エビコも載っているし、もはや何が普通かすら分かりませんけども。

そんなたこ焼きのお味ですが・・・

うーん、まあ、美味しいかなあ。

なんだろうなあ、生地の部分が硬いんですよね。銀だこみたいな外側がカリカリで中がトロっとしているのとはまた違って、全体的に弾力があるんです。カリカリとはちょっと違うかな。モチモチというのが近いかなあ。

そのカリカリ部分はベーコンが担当しているんですが、これが合うか合わないかでいうと、まあ合うかもってくらいです。

たこ焼きの新しい解釈というか、タイのたこ焼きだと思えば楽しめるかなと。

そうそう、ケーキの感想を忘れてました。ケーキは美味しかったです。どちらも。

たこ焼きとは対照的にケーキのほうが日本のスイーツに近い感じがします。

あとカフェラテも美味しかったです。

ということで、ちょっとオシャレなカフェでかわいいスイーツとかなり変化球のたこ焼きをしっかりと完食です。

と、本来はここで〆に入るわけですが、まだ紹介しなければならないものが。

そう、こちら。ここは一体なんだろうって話なんですが、さっそく中に入って行きましょう。

中に入ると謎の暖簾がかかってますが、このお店の正体は日本の観光地でよく見かけるようなお土産屋さんでした。

日本を中心に中国や韓国、そしてタイのお菓子がたくさん並んでいました。

ちなみにこのお土産屋さんの入口の隣にあるこちらの自動販売機、偽物です。
何も買えません。

あと、こちらも分かっているとは思いますが小田急バスは停まりません。吉祥寺や三鷹には行けません。
というか、新宿と見せかけて「新川宿」になってます。どこだよ新川宿って。

最後に・・・。

というわけで、ちょっといやかなり変わった日本という感じですが、これがタイ人に大うけでした。

あちこちで写真を撮るタイ人の姿を見ることができます。まあ確かに面白いし、映えスポットという感じはします。

また、たこ焼きはちょっとアレですけど、カフェのケーキやドリンクは美味しかったですよ。

というわけで、バンセンに行った際にはぜひ一度訪れてみてほしいです。色々面白いですよ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:もみじ スペシャリティコーヒー
場所:49/9 หมู่ 5 Khao Lam Rd, Mueang, Chon Buri District, Chon Buri 20130
電話番号:086-339-9545
営業時間:8:00-18:30
定休日:なし
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/momijispecialtycoffee?_rdc=1&_rdr

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です