人気記事:コロナに負けず今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2021-2022

アーリーの【Nihachi Curry Shop(にはちカレーショップ)】は日本式のカレーが食べられるお店!

どうも、きーきあっです。

アーリーといえばどんなイメージを持ちますか?

おしゃれなレストランやカフェがたくさんある街。

だいたいそんなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?

そんなアーリーですが、僕はこんなイメージを持っています。

『こじゃれたカレー屋さんがたくさんある街』

いや、本当なんですって!

アーリーには例えばこんなお店があるんです。

どうも、きーきあっです。今回紹介するのは、【I am Curry】です!名前でお分かりのとおり、カレー屋さんなんですけど、なんでもタイ人シェフが作る日本式のカレーを出すお店らしく、カレー好きとしてはチェックしておかなければ。ということで、オープン間もないお...

 

どうも、きーきあっです。今回紹介するのは、【せんりょくカレー(Senryoku curry rice เซนเรียวคุ ข้าวแกงกะหรี่จัดเต็ม)】です!実は違うお店へ行こうとしていてグーグルマップを見ていた時に、偶然このお店の名前を見つけました。名前からして当然カレー屋さん、...

 

どうも、きーきあっです。今回紹介するのは、【Kari Kare】です!そうです。タイローカルの日本式カレー屋さんです。僕はカレーが好きなので、色々なカレー屋さんを見つけては食べてみるのですが、正直当たり!という店はなかなか見つかりません。ルーの味どうこう言...

 

またこれ以外にもこじゃれた日本食レストランや居酒屋さんなんかもあって、そういったお店もカレーを出したりしているので、ある意味アーリーはカレー激戦区と言えるのではないでしょうか?

そんなアーリーでまたもカレー屋さんを見つけてしまいました。お店の名前は

【Nihachi Curry Shop(にはちカレーショップ)】

です!

店名の意味はよく分かりませんが、日本風のカレーを出すお店だというのは名前を見れば分かりますよね。

ということでさっそく紹介しちゃいます!

【Nihachi Curry Shop(にはちカレーショップ)】への行き方

場所はパホンヨーティン通りソイ8を少し歩いたところにあります。
BTSアーリー駅からだと歩いて7~8分といったところです。

お店の外観はこんな感じです。

こんな看板も出ています。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

店内は縦に細長く、9席のカウンター席のみです。

壁には「いらっしゃいませ」の文字が。

こちらには「いただきます」の文字が。まだ食べてないけど。

そして厨房には「キッチン」の文字が。でしょうね。

そしてこちらがメニューです。ここまで日本語で攻めてきているのに、メニューはタイ語と英語表記のみです。

裏面はトッピングやサイドメニューなどがあります。

注文はカウンターの上に置いてあるこちらの注文用紙でおこないます。

テーブルの上には注文用紙の他に、福神漬け、唐辛子、そして花椒。

え?カレーに花椒?しかも「花椒など」って書いてあるけど、他に何が入っているんだろうか。

ということで注文を済ませしばし待ちます。飲み物は水を注文しました。値段は18バーツ(約63円)です。

そして待つこと数分、ついにやってきました!

通常ならというか、いつもは迷わずカツカレーを注文するところですが、メニューを見て気になってしまい結局これにしました。

アジフライカレーです。値段は198バーツ(約588円)です。

大きなアジフライが2尾も!ご飯が隠れて見えないほどの大きさです。

反対側を見ると、ちゃんとご飯があります。そりゃそうですよね。

改めて別角度から。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

まず最初にどうしても言っておかなければならないことがあります。

日系じゃないタイローカルの日本風カレー(なんかややこしい書き方だな)の店でカレーを食べると、いつもルーが温いことを嘆くのですが、残念ながらこのお店も例外ではなく・・・。

このお店のルーも熱々じゃないんです。

何故だ?何故なんだ?そういうマニュアルでもあるのか?それとも温いルーの方がタイ人好みなのか?

ただ、ルーの味は間違いなく美味しいです。日本のカレーって感じです。それだけに惜しい!

一方、ルーのぬるさをカバーするかのように、アジフライは揚げたてで熱々です。
そしてこのアジフライは肉厚で美味しい!

カレーに白身魚のフライを合わせたことはありますが、アジフライは初めて食べる組み合わせです。

できればウスターソースを少しかけたいところではありますが、カレーと一緒でも悪くないです。

ご飯の量も多すぎず少なすぎずといったところで丁度よいです。僕的にはもう少し量があってもいいけど、アジフライのボリュームがあるので結果的には程よくお腹が膨れました。

ということでしっかりと完食です。

お会計は216バーツ(約756円)、税・サービス料込の料金でした。

最後に・・・。

味、値段、そしてトッピングのアジフライの味。
カレーのルーさえ熱々だったら、もう文句なしだっただけに、すごく惜しいです。

本当美味しかったんですよね。これだったらカツカレーとかハンバーグカレーも食べてみたいなって思うほどです。

なんだろうなあ。ルーを熱々にしてってお願いしたらやってくれるのかなあ。
今度試してみようかな。
ということで、今度改めて訪れ、実験してみたいと思います。

もしくはお店でそのような注文をしたことがある方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Nihachi Curry Shop(にはちカレーショップ)
場所:パホンヨーティン通りソイ8
電話番号:098-555-1505
営業時間:月~土 11:00-20:00
定休日:日
URL:https://nihachi-curry-shop.business.site/?utm_source=gmb&utm_medium=referral
Facebook:https://www.facebook.com/nihachi/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です