注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

チェンマイのカレー専門店【パパカレー(Papa Curry)】が超絶おすすめ!

長らく続いたチェンマイ旅行ネタも、いよいよ今日がラスト。

旅行の一番の目的はサッカー観戦だったのですが、それ以上に充実した食いだおれ旅行になってしまい、結果チェンマイ旅行ネタがたくさん出来てしまいました。

さて、そんな中で大トリを飾るのは、

【パパカレー(Papa Curry)】

です!

こちらのお店は何でもタイ人シェフが作る本格的な日本風カレーが食べられるというので、チェンマイ旅行の最後の食事として選びました。

さて、いったいどんなカレーが食べられるのでしょうか・・・。

【パパカレー(Papa Curry)】への行き方

昨日までに紹介したお店は、旧市街周辺から比較的行きやすい場所にあったのですが、今回のお店はちょっと分かりづらいところにあります。

旧市街の西側にあるスアンドーク門からでも歩いて20分ちょっとあって、しかも本当にお店なんかあるの?ってところにあります。

まずスアンドーク門からステープ通りを西へ進み、途中こんな路地に入ります。

で、こちらのコンドミニアムの左側の道を進みます。

いや、絶対こんなところに店なんてないだろ。グーグルマップの位置がきっと間違ってるんだよって思いながら歩くこと3分・・・

この幟が見えてきて、グーグルマップ疑ってごめん!ってなります。

そしてこんな幟と

こんな看板が見えてホッとしたところで、

お店が出現。ということでお店の外観はこんな感じです。

もちろん地図も載せておきますね。

注文しよう!

こんなところにお客さん来るのかよっていう立地にもビックリしますが、店の中に入ってもっとびっくり。
コの字型のカウンターは全て埋まっていて、さらに順番待ちのお客さんも数名。

もう13時半過ぎですよ。

僕が店に着いた時にはここにお客さんが数名座ってました。

そして待つこと10分ちょっとでようやく僕も席に着くことができました。

こちらの奥が厨房になってます。

メニューはカウンター上部にあるこちらのみ。タイ語と英語に加え日本語表記もあります。

ドリンクのメニューもなく店員さんにも特に聞かれず、黙って水が出てきました。

そして注文を済ませ待つこと数分、ついにやってきました!

今回僕が頼んだのは、目玉焼きカレーです。値段は155バーツです。

本当はカツカレーとか、ネット上でも評価の高かったナスカレーにしようかとも思ったのですが、この前に天ざるうどん&いなり寿司を食べたばかりでしたので、出来るだけ重くないものをと選んだのがこちらでした。

それでも普通のカレーじゃつまらないと、せめてもの意地で目玉焼きカレーにしました。←なんの意地?

そして面白いのは色々な野菜の素揚げが載っていること。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーーい!

すっごく月並みな言い方なんですが、ルーがスパイスやらなんやらでめちゃくちゃ深みがある味なんですよ。
タイで食べたカレーの中で、日系タイローカル問わずして間違いなくベスト3に入る美味しさでした。

そしてタイローカルのカレー屋さんでいつも直面する、ルーがぬるい問題。

しかしこのお店についてはそんな事は全くなく、ちゃんと熱かったです。つまり完璧。

つい先ほど天ざるうどん&いなり寿司を食べたばかりなのに、まるで飲み物かのようにあっという間に完食です。

お会計は155バーツ。そうです、税・サービス料込の料金でした。

最後に・・・。

こんな辺鄙な場所でもそりゃあお客さんも来るよなあって納得するくらい、とても美味しいカレーでした。

隣に座っていたお客さんが頼んだカツカレーを見たところ、カツが分厚く美味しそうだったので、ああやっぱり無理してでもカツカレーにすればよかったと思う反面、あのカツカレーがやってきたらそのボリュームに撃沈してたかもなっていう思いもあって、とても複雑な気分でした。

ということで次は絶対カツカレーを頼みます。そうです、次チェンマイを訪れた際にはぜひともまた食べたいカレーでした。

そんなわけで、カレー好きを自称する人はアクセスが不便でも絶対に来た方がいいです。超絶おすすめってやつです。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:パパカレー(Papa Curry)
場所:14 Sirorot Rd 5, Tambon Su Thep, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50200
電話番号:082-620-4440
営業時間:火~日 11:30-18:30
定休日:月
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/papacurry/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です