人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

泣けるほど熱い試合!T1リーグ第23節【ポートFC対ムアントン・ユナイテッド】を観戦してきた!【タイリーグ観戦2019】

どうも、きーきあっです。

前日のカスタムズ・ユナイテッドの試合に続き、この日もサッカー観戦です。
今回は、T1(タイの1部リーグ)第23節、

【ポートFC対ムアントン・ユナイテッド】

の観戦記です。

監督が交代してから好調のタールア(ポートFCの愛称)。
先日のカップ戦準々決勝でもチェンライ・ユナイテッドに見事な勝利で勢いに乗ります。

一方ムアントン・ユナイテッドも一時は最下位になるなど絶不調でしたが、同じく監督交代後順位を上げてきました。

そしてタールアとムアントンといえば、サポーター同士が犬猿の仲でもお馴染み。
サポーター同士の暴行事件を起こし、未だに両チームの試合はアウェイチームのサポーターがスタジアムで観戦できません。

この日もムアントンのサポーターはスタジアムで応援することはできませんでしたが、いったいどんな試合だったのでしょうか?

スタジアムへGO!

この日のチケットはこの前のカップ戦を観戦した際に予め受け取っていたのですが、スタジアムでゆっくり飲みたい気分だったので、早めにスタジアムに到着しました。

こちらがチケット。最近はチケットをゲットするのにかなり並ばないと買えなくなってきていますが、シーズンチケットを持っているのでその行列に並ばずに手に入ります。←ちょっと自慢気

まだこの時点でキックオフ2時間半ですが、屋台は結構出ていましたしサポーターもかなり集まっていました。

目の前を通っただけで声をかけられるほど常連になったビール屋台でビールを飲みます。
バイクの時は断るのですが、今日はガッツリ飲む気満々です。
LEOの大瓶70バーツ(約245円)です。

まだ日が高く暑いので、屋台の中で飲ませてもらいました。常連ならではの特権。

常連というより店員に見えたのか、お客さんからティッシュやジュースの値段を聞かれます。
それをちゃんと答える僕も偉い。

途中はまるで店番みたいになっていました。

ここで大瓶2本を空けたところで、開門時間が過ぎていることに気づき慌ててスタジアムの中へ入ります。

いざ、観戦!

少し前までは開門時間はキックオフ1時間前だったのですが、最近は観客が増えたからなのか1時間半前に開門します。
何ならこの日はそれよりも前に開門していたのではというくらい、僕がスタジアムの中に入った時にはメインスタンド側はかなり埋まっていました。

さて、この日の観戦記は初の試みとして、スタメン選手を紹介しちゃいます。
今後タールアの試合を観戦する時の参考になれば幸いです。

まずはGK。36番ウォラウット選手。最近スタメン出場の機会が増えてきました。

センターバックの4番エリアス選手。196センチの長身から繰り出すヘディングシュートが魅力。
守備も安定感が出てきました。お母さんはスウェーデン人。

5番のFWスアレス選手。スペイン人です。
好不調の波が激しいですが、ライバルの外国人FWが増えたからなのか、最近は気合が入ったプレーを見せています。
すぐ傷んだフリをするのと、レフェリーや相手選手に対してカッとなるのがたまにキズ。

7番の右サイドハーフ、パコーン選手。
ここ数試合精彩を欠いたプレーが続き、サポーターとも険悪になったこともありましたが、その後は復活の兆し。
フリーキックは強力な武器です。

8番のボランチ、コ・スルギ選手。韓国人プレーヤーです。
献身的なプレーが魅力です。
球離れが良いかどうかで調子の良し悪しが分かります。
調子が良い時はポンポンとボールを裁きますが、そうじゃない時はボールの出しどころに迷って、それがリズムを崩すことも。

10番の攻撃的MF、ボーディン選手。
今シーズン最も頼れる選手。エースと呼んでもいいと思います。
ドリブルのキレとロングパスをピタッと止めるトラップはセクシーの一言に尽きます。

昨シーズンまでは無茶なドリブルを仕掛けては相手に奪われていましたが、今シーズンはなかなかボールも取られないし、パスも有効的に使うようになりプレーの幅が広がりました。
今なら自信を持ってタイ代表に送り出したい選手です。

11番のMFスマンヤー選手。
昨シーズンのリーグMVP。バンコク・ユナイテッドより今シーズンからタールアへ加入。
前監督はなかなか起用しなかったけど、新監督になってからほぼ毎回スタメンで起用。
ドリブル、パス、シュートと総合力ではチーム1の実力だと思います。

というより、タイ・リーグでプレーするタイ人選手の中では彼が一番巧いと思います。

15番の左サイドバック、シュトイブレ選手。フィリピン代表です。
タールアの左サイドバックといえば、97番のケヴィン選手という期待の若手選手がいたのですが怪我で欠場中。
その穴を埋めるべく、今シーズン途中からタールアに加入したのですが、この補強は大正解!

積極的なオーバーラップとクロスで完全にケヴィン不在を感じさせない活躍です。

16番のボランチ、シワコーン選手。
チームの心臓、チームの要です。
小柄ですが、当たりにも強くまた時折見せるミドルシュートも強力な武器です。

チームに欠かせない存在です。タールアの選手の中で、僕の1番のお気に入りです。

34番の右サイドバック、セラノン選手。
かなり攻撃的なサイドバックです。
今シーズンの陰のMVPといってもいいくらい、攻守に活躍しています。
チームの中で一番替えの効かないポジションかもしれません。

71番のセンターバック、タナブーン選手。
スケールの大きな選手です。今シーズン途中まではT2(タイの2部リーグ)のBGパトゥムでプレーをしていましたが、タールアに移籍。移籍のニュースを聞いた時にはビックリしたくらいの大型補強でした。

怪我に悩まされていましたが、ムアントンやチェンライでもプレーし、期待された選手なので完全復活を願っています。
本職は守備的MFですが、タールアではセンターバックとして起用されることが多いです。

という事で、タールアのスタメンを紹介してみました。
あくまで僕個人の意見なので、その辺はご理解くださいませ。

さて、両チームの選手が入場してきました。

このとおり、この日もアウェイのムアントンサポーターは入場できず。

そんなムアントン・ユナイテッドの選手たち。
10番のティーラシン選手はベンチ外でした。
この前の試合もベンチ外だったので、怪我なのかな?

そしてタールアの選手たち。

オーナーのマダムペーンももちろん来ています。

試合前の円陣。

マダムペーン。大好きです。

ゴール裏のタールアサポ。

そしてバックスタンドのタールアサポ。メインスタンド側も満員どころか立ち見もいましたし、スタジアムの雰囲気は最高でした。

改めて選手だけで円陣を組み気合を入れます。

キックオフです!

試合は終始タールアのペース。前半途中で7番のパコーン選手が負傷退場し、交替で入った30番のジョシマール選手がことごとくチャンスを潰し、前半は0-0で折り返します。

それでも内容的には悪くない、いや良かったので後半に期待は持てました。

そんなサポーターの期待に応え、タールアが先制します!

決めたのは11番スマンヤー選手!右サイドを崩してスアレス選手が折り返したところを見事に決めてくれました。

これでついにタールアがリード!

その後はムアントン・ユナイテッドの猛攻もありましたが、必死で守って反対にタールアがとどめを刺します。
決めたのは30番ジョシマール選手。相手選手のパスをカットしそのまま強烈なミドルシュートを叩き込みました。

これで完全に勝負あり。ムアントンの選手は意気消沈し、スタジアムの盛り上がりは最高潮に!

そしてそのまま2-0で試合終了。ムアントン相手に見事な勝利でした。

大歓声で選手を讃えるタールアサポ。本当にすごい盛り上がりでした。

試合の感想なぞ・・・。

迂闊にも試合が終わった瞬間にウルっとしてしまうほど、胸が熱くなる試合でした。
2-0という結果はさておき、とにかく選手が戦っているのがよく伝わりました。

決して勝ったから言っているのではなく、もしこの試合の結果が負けだったとしても、僕は選手を拍手で称えていました。
いや、僕だけじゃなくてこの試合をスタジアムで観戦したサポーターは同じ気持ちだと思います。

とにかく勝ちたい、ボールを奪いたい、ゴールを決めたい、そんな思いがタールアの選手から溢れていました。
そしてその選手を後押しするサポーターの声、拍手、相手選手の反則や解せない判定に対してのブーイングと、スタジアムの雰囲気も素晴らしかったです。

このスタジアムの熱量は間違いなくリーグ1だと思います。
本当に凄いですよ!

なんかひいき目で言ってるんじゃないのって思う方、ポートFCの公式サイトでダイジェストが観られますので、ぜひとも観てみてください!

http://portfootballclub.com/category/video/

この日の試合だけではなく、先日のFA杯準々決勝でも同じように思ったので、これは監督交代がいい意味で影響しているのではないかと。

この内容、雰囲気ならブリーラムやチェンライ、バンコク・ユナイテッドとの優勝争いに加わる資格が十分あると思います。

リーグ戦は残り7試合、何としても最後までこの日のような試合を見せて欲しいです。
それだったら、もし優勝争いから脱落したとしても僕は満足し選手に拍手を送ります。

いや、この日の内容が本物なら、本当に優勝を目指せると思います。
これからがとっても楽しみです。

頑張れ、タールア!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です