人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

T1リーグ第9節【ポートFC対スパンブリーFC】を観戦してきた!【タイリーグ観戦2019】

どうも、きーきあっです。

2週間ぶりのタイ・リーグ観戦となりました。
今回観戦してきたのはT1リーグ第9節、

【ポートFC対スパンブリーFC】

の試合です。

首位をキープした状態でホームに戻ってきた我らがポートFC。
さて、首位に立つ勢いそのままの試合が観られたのでしょうか?

スタジアムへGO!

という事でいつものようにスタジアムへと向かいます。

この日はいつもより遅めの20時キックオフ。
バンコクは現在めちゃくちゃ暑いので、遅い時間の試合開始は大歓迎です。

いつものようにスタジアムショップでシーズンチケットを提示しチケットをゲット。

この日もたくさんの屋台が出てにぎわうPATスタジアム。

毎度のことですが地図も載せておきますね。
そして毎度のことですが、アクセスはMRTクイーンシリキット駅より徒歩7~8分ほどです。

いざ、観戦!

開門後いつものようにメインスタンドに陣取ります。

試合前、ピッチにお祈りをするオーナーのマダムペーン。

両チームの選手が入場してきました!

こちら対戦相手のスパンブリーFC。
僕自身、開幕前は上位に来るのではと予想しましたが、現時点で見事に予想は外れ低迷しています。

一方、首位の我らがタールア(ポートFCの愛称)の選手たち。
ただ、この日は怪我&出場停止などでベストメンバーは揃わず。

キャプテンでセンターバックのロチェラ選手、右サイドバックのセラノーン選手、中盤のコ・スルギ選手、パコーン選手が欠場しています。

それでも昨シーズンよりは選手層も厚くなっていて、そこまで悪くない陣容です。

試合前恒例の儀式。

同じく試合前恒例の円陣。

いつの間にか、キックオフのカウントダウンを行うようになりました。

結構入っていた印象ですが、この日の観客数は4,602名とのこと。
スタジアムのキャパからすると7割弱というところ。

もっと入っていた気がするけどなー。

首位らしくなかなか良い攻撃を見せるも、一瞬の隙をつかれカウンターからスパンブリーに先制を許してしまいます。

なんとなく昨シーズンを思い出すような展開でした。

その後タールアは反撃するも前半はそのまま0-1でリードされ終了。

後半開始早々、タールアは同点に追いつきます!
決めたのは10番のボーディン選手!

 

これでいけるかと思ったのですが・・・

またも一瞬の隙を突かれ勝ち越しを許してしまいます。
なんとなく今日の試合は守備の脆さが昨シーズンを彷彿とさせました。

しかしこのままズルズルといかないのが今シーズンのタールア。
同点に追いつきます!

決めたのはまたしても10番のボーディン選手!
1点目は頭で、そして2点目はグラウンダーを見事に合わせて決めました。

 

こうなるともうスタジアムはイケイケの雰囲気です。

そしてその熱気に押されるように決勝点が生まれます。
決めたのは23番ボスコビッチ選手!
スルーパスから抜け出し、冷静に決めてくれました!

そしてそのまま試合終了!
見事な逆転勝利で首位キープです!

試合の感想なぞ・・・

下位に低迷しているとはいえ、相手は強豪のスパンブリーFC。
そしてベストメンバーとはいえない陣容ながら、見事な逆転勝利でした。

2度もリードされながらも追いつき、そして逆転するあたりに今シーズンの強さを感じます。

この日のMVPは間違いなく10番のボーディン選手!

10番を付けているように、技術もありいい選手ではあるのですが、昨シーズンまではプレーが軽い印象がありました。

強引にドリブルで仕掛けては相手にボールを取られ、取られた後も必死でボールを追わなかったりと、個人的にはあまり評価をしていなかった選手です。

ただ、今シーズンはそんな軽いプレーが減り、凄みというか逞しさを感じるようになりました。
ちょっとボールを持ちすぎな部分はまだありますけど、それでも結果を残しているので文句は言えません。

彼の魅力はドリブルと、トラップの上手さ。
ロングパスを吸いつくようにピタッとボールを止めるトラップは鳥肌ものです。

前回のホーム戦プラチュアップFCで5-0と完勝したのもすごいですが、粘って逆転勝ちしたこの日の試合の方がチームに勢いが出るかなあと。

次節はアウェーでチャイナートFCとの試合、そしてその次はホームでバンコク・ユナイテッドとの試合があります。

特にバンコク・ユナイテッドは苦手なチームですし、優勝するためには絶対に叩いておきたい相手なので、ぜひとも頑張ってほしいです。
この試合にも勝つようなことがあれば、ACL出場権いや優勝もありえない話ではなくなってきます。

という事で、頑張れ、ポートFC!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

<広告>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です