人気記事:全てのタイ・リーグファンに捧ぐ!今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2020

ヤンナワー通りの【Racharos Noodles】の和牛入りクイッティアオが美味しくておすすめ!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Racharos Noodles】

です!

こちらのお店は以前チェンマイのニマンヘミン通りにあり、なんでもミシュランガイドにも掲載されたとのこと。

そんなお店が何でこんな場所に?というくらい行きづらいところにありますが、でも頑張って行く価値のあるお店なんです。

ということでさっそく紹介しちゃいます!

【Racharos Noodles】への行き方

場所はヤンナワー通り沿い、サトゥープラディット通りとぶつかる交差点から割と近いところにあります。

って、この説明でいったいどこだよって思う人はグーグルマップを頼りにタクシーで乗りつけてください!
あ、でもそれ以外の交通手段はないかな。

お店の外観はこんな感じです。

え?本当にここ?って思ってしまう外観ですが、こちらの看板が出ているので辛うじてわかりました。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。店の中に入っても、本当に大丈夫かなっていう雰囲気でした。

僕達が訪れた時は誰もお客さんがいなかったのですが、この後立て続けに入ってきてちょっとホッとしました。

で、メニューなんですがこちらの写真を渡されただけ。
これだけでどう判断しろと?

あと詳しいことはこちらの注文用紙に書いてあるようです。ただ全てタイ語。

とりあえず、クイッティアオで具が黒豚、USビーフ、そして和牛が2種類から選べるようです。
またそれ以外にもモーファイ(鍋)やガオラオ(クイッティアオの麺抜き、つまりスープと具だけのやつ)があるみたいです。

そして待つこと数分、注文した料理が運ばれてきました!
丼が3つありますが、食べるのは妻と僕の2人です。

まずはこちら。黒豚入りクイッティアオ。値段は59バーツ(約206.5円)です。

麺はセンミーという細麺を選びました。

続いてはこちら。USビーフ入りクイッティアオ。値段は69バーツ(約241.5円)です。

麺はセンレックという米麺を選択。

そしてこちらが和牛入りクイッティアオ。和牛は2種類あるうち高い方(なんか自慢げな書き方)を選んで159バーツ(約556.5円)です。

麺はバミー(卵麺)を選びました。

そしてつい頼んでしまうのがご飯。値段は10バーツ(約35円)です。

そうそう、もう1品頼んでました。
こちらは揚げワンタンです。中身は豚挽肉です。値段は49バーツ(約171.5円)でした。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

まず和牛なんですけど、これがめちゃくちゃ美味しかったです。

もちろん高級店で出てくるような和牛をイメージされると困ってしまいますが、この手のクイッティアオに載ってる牛肉としてはかなりクオリティーが高いです。

また、黒豚やUSビーフも美味しかったですよ。これはどれを頼んでもハズレはないかな。

そしてスープ。想像していたよりも辛めの味付けなんですけど、その分ご飯がすすみます。
こんなにご飯がすすむクイッティアオはないんじゃないかってくらい、ご飯に合います。

って、普通クイッティアオと一緒にご飯は食べないですけどね。

あと、揚げワンタンは最初食べた時はまあ美味しいかなってくらいでしたが、微妙に後を引きます。
僕は嫌いじゃないです、これ。

ということで妻と2人でクイッティアオを3杯と揚げワンタン、そして僕はご飯をしっかりと完食です。

で、スープが結構辛かったので、何か甘いものはないかなと思っていたところ、ありましたよ。
それがこちら。

フォイトーンが上に載ったアイスクリーム。値段は59バーツ(約206.5円)です。

フォイトーンとは日本でいう鶏卵素麺みたいなタイのお菓子です。イメージ通り甘いです。

そして下のアイスクリームはココナッツ、抹茶、クッキー&クリームの3種類から選べるのですが、僕達はクッキー&クリームを選びました。

フォイトーンとアイスクリームの甘さが、先ほどのクイッティアオの辛いスープでヒリヒリしている口の中を癒してくれました。

で、お会計。ペットボトルの水の氷入りグラスの値段を含め、416バーツ(約1,456円)でした。
もちろん税・サービス料込です。

すっかりお腹いっぱいになって、店を後にしました。

最後に・・・。

いやー、美味しかったです!

僕はクイッティアオは好きなんですけど、もう1度食べたい!って思えるほどハマる味ってなかなかないんです。
でもここの店のクイッティアオは、また食べたいって思ってしまうくらい気に入りました。

これだけ美味しいなら、今度はモーファイも食べてみたいなと思ったりもします。

BTSやMRTの駅が近くにないのでちょっと行きづらいかもしれませんが、この辺りは大きな通りだから帰りのタクシーもすぐ拾えると思うので、ぜひ行ってみてほしいです。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Racharos Noodles
場所:629, 390 ซอย สาธุประดิษฐ์ 49 Bang Phong Phang, Yan Nawa, Bangkok 10120
電話番号:081-687-8877
営業時間:11:00-21:00
定休日:なし
URL:
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です