人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

タイのわんこそば!?サムヤーン・ミッドタウンの【クイッティアオルア・プラナコーン】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【クイッティアオルア・プラナコーン】

です!

こちらはアヌサワリー(ヴィクトリーモニュメント)にあるクイッティアオルアの専門店ですが、
この度サムヤーンに出店したというので行ってきました。

クイッティアオルアとは小さい丼で提供されるタイの麺で、日本でいうわんこそばみたいなものです。

さて、いったいどんなお店なのでしょうか・・・。

【クイッティアオルア・プラナコーン】への行き方

場所はサムヤーンにある商業施設【サムヤーン・ミッドタウン】の地下1階、レストラン街の一角にあります。
MRTサムヤーン駅から直結なのでアクセスも便利です。

お店の外観はこんな感じです。

お店の前にはこんな看板も出ています。
小さい丼は1杯16バーツ(約56円)、大きい丼は60バーツ(約210円)だそうです。

店内の様子

こちら店内の様子。意外と広い店内でしたがほぼ満席でした。
有名店なのは知っていましたが、人気なんですねー。

こちらは厨房。ひたすら麺を作る人たち。

こちらメニューです。タイ語と英語と中国語表記です。
写真も付いているので注文はしやすいですよ。

スープはこちらの4種類。また汁ありと汁なしを選べます。

もちろん麺の種類も選べます。
スープと麺の組み合わせで色々楽しめるのが、タイの麺料理の良いところです。

また麺以外にもルークチンなどサイドメニュー的なものも色々あります。

こちらはドリンクメニュー。

とりあえず注文を済ませしばし待ちます。
こちらは僕が注文したミルクティー。値段は28バーツ(約98円)です。
麺にミルクティーってセンスを疑いますよね。ええ、自覚はあります。

そして次に運ばれてきたのはこちら。
ムー・マナオです。茹でた豚肉をニンニクやライム、唐辛子などの調味料で和えた料理です。
値段は79バーツ(約276.5円)です。

そしてこちらはワンタンの皮を揚げたもの。
タイの麺料理にはよく入っています。

一口食べたところで妻が

「これ、頼んでないよね?」

って言いだしました。食べてから言うなって。
でも後でレシートを見たら、しっかり16バーツ(約56円)取られてました。

そしてやってきました、麺の数々!
イェンタフォー味だったり、トムヤム味だったり、また麺もセンミーやセンレックなど色々なバリエーションで注文しました。

まずは4杯注文してみましたが、全て小サイズで1杯16バーツ(約56円)です。

そして遅れてやってきたこちらは海老団子。値段は79バーツ(約276.5円)です。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーい!

まず麺ですが、安定の美味しさってところ。
特にナムトックの麺が美味しかったかな。メニューでいう「Thicken soup」ってやつです。

わんこそばよりは量が多いので、さすがに1口という訳にはいきませんが、それでも2、3口くらいで
食べ終わります。

ということでぺろりと平らげ、追加注文。

今度は6杯注文しましたが、こちらも妻と一緒にぺろりと完食です。このとおり。

僕はまだいけるなと思いましたが、妻がギブアップ宣言をしたのでここでお会計。
378バーツ(約1,323円)でした。もちろん税・サービス料込でした。

最後に・・・。

色々なところでクイッティアオルアを食べましたが、その中で特別に美味しい、ダントツに美味しいって感じではなかったですが、それでも普通に満足できるクオリティだと思います。

お店もきれいですので、そういう意味では旅行者の方でも気軽に立ち寄れるのではないでしょうか。
1杯の量が少ないので、色々な麺やスープを試してみたいという人にも向いてます。
麺好きはぜひ!

今回はサイドメニューも頼んだけど、麺だけだったら何杯くらいいけるのかなあ。
今度限界まで試してみようかな。

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:クイッティアオルア・プラナコーン
場所:サムヤーン・ミッドタウン 地下1階
電話番号:
営業時間:10:00-21:00
定休日:なし
URL:
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です