人気記事:コロナに負けず今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2021-2022

ジャルンクルン通りのベーカリーカフェ【Sarnies Sourdough】で朝食を!

どうも、きーきあっです。

たまには休日の朝にちょっとおしゃれなカフェで朝ご飯を食べ、優雅な1日を過ごしたい。

似合うかどうかはさておきまして、そんな事を思う日もあるわけです。

というわけで今回紹介するのは、

【Sarnies Sourdough】

です!

こちらは【Sarnies Bangkok】などを手掛けるシンガポールのカフェブランドが新しくオープンさせたベーカリーカフェです。
【Sarnies Bangkok】についてはこちらの記事をどうぞ!

どうも、きーきあっです。休日の朝、我が家ではたまにおしゃれカフェで朝ご飯を食べるというイベントがあります。決しておしゃれ夫婦を気取っているわけでも、セレブ感を出したいからでもなく、こういう時はたいがいその日の夜に1人でサッカー観戦に行くため、妻のご...

 

で、こちらはサワードウ生地のパンを出すお店だそうで。

え?サワードウって何?という僕のような方のために簡単に説明しますと・・・

サワードウ(sourdough)またはサワー種(-だね)は、小麦やライ麦の粉と水を混ぜてつくる生地に、乳酸菌と酵母を主体に複数の微生物を共培養させた伝統的なパン種。パン酵母(イースト)を純粋培養したものと同様にパンの膨張剤に用いる。乳酸菌が発酵の過程で生産する乳酸により、サワードウを使ったパン(サワードウ・ブレッド、サワーブレッド)は特有の強い酸味と風味をもつ。
(以上、Wikipediaより引用)

ですってよ。

サワードウをご存知の方も、この説明を読んでもチンプンカンプンな方も、これからお店を紹介するのでしっかりついてきてください!

【Sarnies Sourdough】への行き方

お店はジャルンクルン通りソイ42/1、シャングリラホテルへと入るソイにあります。
BTSサパーンタクシン駅から歩いて6~7分と、余裕の徒歩圏内です。

お店の外観はこんな感じです。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。1階はテーブル席と厨房、そしてパンが並ぶショーケースなんかがあります。

2階にも席があるようです。

こちらがメニューです。

メニューを開くとそこにはサワードウ生地のパンを使ったサンドウィッチなど、色々な料理が並んでいます。
メニューはタイ語と英語表記、そして写真付きです。

料理の値段はというと、普通よりちょい高めといったところ。

また、メニュー以外に入口近くにあるショーケースからパンを選ぶこともできます。

ということで注文を済ませしばし待ちます。

まず運ばれてきたのがドリンク。こちらは妻が選んだライチ味のコンブチャです。
値段は120バーツ(約420円)です。

なんかこういうオシャレなカフェでは、身体に良いからと妻はやたらコンブチャを飲みたがります。

そんな僕はアイスのカフェラテ。値段は100バーツ(約350円)です。
だいたいアイスカフェラテ率が高く、それしか知らないのかって妻に思われてそう。

そしてこちらはショーケースの中から選んだ、ベーコン&エッグクロワッサン。
値段は170バーツ(約595円)です。

断面図。当たり前ですが中にベーコンと卵が入ってます。

そしてもう1品。こちらはサーモンチャウダー・ブレッドボウルなるもの。
値段は330バーツ(約1,155円)です。

中身をくり抜いたパンを器にして、中にサーモンチャウダーを入れたという料理です。
って、説明しなくても分かりますよね。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

まずクロワッサンですが、これがサクサクとモチモチのバランスが丁度よくめちゃくちゃ美味しいです。
恐らくプレーンのクロワッサンでも十分美味しいと思うのですが、ベーコンと卵が入ることでボリュームと味の幅が広がり、これはもうたまらないです。

そしてサーモンチャウダーのやつ。

何となくイメージとしてクリーミーな優しい味を想像して一口食べたところ、思いのほか酸味が強く驚いてしまいました。
味としては文句ないのですが、でもやっぱり酸味が強い。酸っぱい。

これはどうやらサワードウのパンからくる酸味だそうですが、てっきりそういう酸っぱいスープなのかと勘違いしてしまうほど、サワードウについて無知でした。

それでもパンが美味しいことには変わりないし、最初からこういう味だと知っていればこちらも受け入れられます。

ということで妻と2人でしっかりと完食です。

お会計は税・サービス料がそれぞれ加算され、847バーツ(約2,964.5円)でした。

最後に・・・。

僕達が食べている間に、パンだけ大量に買って帰るお客さんが何人もいたけど、それも納得というくらい美味しかったです。

お値段はそこそこしますけど、でもそれだけの価値はあるんじゃないかと。

ということでパン好きはぜひ一度お試しあれ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Sarnies Sourdough
場所:55, Sub-district, 14 Charoen Krung 42/1 Alley, Khwaeng Bang Rak, Bang Rak, Bangkok 10500
電話番号:02-550-6107
営業時間:8:00-17:00
定休日:なし
URL:https://sarnies.com/
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です