お知らせ:ブログのリニューアルをしました。

セントラルワールドにオープンした【三巡小厨 Sergeant Kitchen】でシンガポールチキンライスを食べてきた!

どうも、きーきあっです。

2018年2月現在の話ですが、バンコクのセントラルワールドのレストランエリアが絶賛改装中です。

色々なレストランがリニューアル&ニューオープンしています。

今回紹介するのは、そんなお店の1つ、

【三巡小厨 Sergeant Kitchen】

です!



【三巡小厨 Sergeant Kitchen】への行き方

場所はバンコクの大型ショッピングモール、セントラルワールドの6Fにあります。

こちらがそのお店です。

オープンしたばかりです。

 

外から見えるこちらで、あ、チキンライスの店なんだなってわかります。

店内の様子

こちら店内の様子。僕は外(といっても屋内ですが)に一番近い2人描けの席に座りました。

奥にも席はたくさんあります。やはりオープンしたばかりとあってきれいです。

こちらがメニューです。タイ語、英語、中国語表記で写真付きです。

ノーマルなシンガポールチキンライスは78バーツ(約234円)です。

チキンは単品でもあり、サイズによって値段が異なります。またローストしたものや揚げたものもあります。

こちらはセットメニュー。おすすめマークも付いているので、単純な僕はこちらを注文しました。

こちらお2人様メニュー。

その他単品メニューもあります。

デザートメニューです。

注文はこちらの紙に数量を書いて、店員さんに渡すシステムです。

飲み物はタイミルクティーを注文しました。65バーツ(約195円)です。

そしてこちらがシンガポールチキンライスのセット。値段は115バーツ(約345円)です。

ソースは3種類。下の黒いのはどろっとした甘いタレ、左上の黄色いのはニンニクが効いたタレ、右上の赤いのは辛いタレです。

個人的にはニンニクダレが好みでした。レバ刺しが食べたくなる味です。←わかるかな

 

奥がチキン、手前は青菜をオイスターソースで味付けしたものです。

ご飯は茹でた鶏の汁で炊いた、いわゆる鶏油飯。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味い!

うん、普通に美味しいです。鶏はパサパサ感がなく、プルプルした食感がたまりません。

タレも3種類付いているので、色々なバリエーションが楽しめます。

ライスと一緒に付いてきたスープはあっさり味です。

青菜も普通に美味しかったです。

ただ全体的に量が少なめ。特にライスはもう少し量がほしいところです。何度もお替わり(というよりライスの追加注文)をしようか悩みました。

ということで、あっという間に完食です。

値段は180バーツ(約540円)。税・サービス料はかかっていませんでした。



まとめ

値段もそれほど高くない、というよりセントラルワールドに入っているレストランの中ではリーズナブルな部類に入ると思います。

味も普通に美味しいです。店員さんもキビキビしていましたし。

ただ、正直なところを言わせてもらえば、トンローやナラティワート通りにある、【文東記】の方が美味しいかな。

わざわざセントラルワールドまで足を運んで食べるほどではないと思いますが、ちょっと小腹が空いたくらいの時にはいいかなと思います。

以上、きーきあっがお伝えしました。

それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Sergeant Kitchen
場所:セントラルワールド6F
電話番号:086-308-7424
営業時間:10:00-22:00
定休日:なし
URL:
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/SergeantKitchenThailand/

<広告>









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です