注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

ターミナル21ラマ3の【自然しゃぶ(Shizen Shabu)】へ行ってきた!

どうも、きーきあっです。

少し前にオープンした商業施設、ターミナル21ラマ3に先日ようやく行ってきまして。

そうです、アソークとかパタヤにある、ターミナル21です。

我が家から割と近いところに出来たので、楽しみでしたし本当はもっと早く行きたいなって思っていたのですが、なかなかその機会もなく。

で、ようやく行けたのですが、これが思ったよりも楽しくて。例えばこんな感じに。

果たしてこの写真で楽しさが伝わったかどうかは分かりませんが、お店のラインナップもなかなか面白かったですし、今回紹介するお店以外にも食べに行ってみたいところがいくつもあったし、映画館もあったしで、今後利用機会が増えそうです。

ということで今回紹介するのは、

【自然しゃぶ(Shizen Shabu)】

です!

本当は各フロアを周って、じっくりと吟味してから食事する店を選びたかったのですが、空腹の我慢の限界を超えたらしい妻から、

「もうここでいいんじゃない!?」

という言葉が出たので、いそいそと店へと入ることになりました。

ということでさっそく紹介しちゃいます!

【自然しゃぶ(Shizen Shabu)】への行き方

お店は先ほど書いた通り、ラマ3世通りの商業施設ターミナル21の1階にあります。

こちらはBRTのジャルンラット駅から歩いて3~4分と、余裕の徒歩圏内です。ちなみにBRTは専用レーンを走るバスのような交通機関で、BTSチョンノンシー駅とタラートプルー駅の間を走ります。

お店の外観はこんな感じです。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。土曜日の昼時とはいえ、思った以上にお客さんがたくさん入ってました。

こちらがメニューです。しゃぶしゃぶやサーモンの寿司を中心としたブッフェレストランで、値段は1人599バーツ++です。

 

こちらの注文用紙に食べたいものを記入し、店員さんに渡すシステムです。

ただ、何故か野菜類のみ注文用紙にリストがなく、裏面に手書きで書いてくれと言われました。

またソフトドリンクも料金の中に含まれていますが、コーラをはじめとする炭酸系のみでした。

こちらの厨房では肉を機械でスライスする音がひっきりなしに鳴っていました。

注文を済ませまず運ばれてきたのが、こちらのタレです。

左はタイスキでお馴染みの辛いタレ、右はポン酢です。ゴマダレはないようです。

続いて運ばれてきたのはスープが入った鍋です。左は出汁の香りがするスープ、右は醤油ベースのすき焼きの割り下っぽいスープでした。

そして次々と注文した料理や食材が運ばれてきました。

こちらは醤油ダレに漬かったサーモンの刺身です。この料理、何故かタイ人の間で流行っていて、サーモン・ガオリー(韓国風サーモン)と呼ばれているのだとか。

ってか、韓国人はサーモンをこんな食べ方するのかな?

そしてこちらが牛肉。牛肉はリブアイとテンダーロインの2種類です。

黒い皿に入っているのが牛肉、白い皿が豚肉です。

一方こちらは豚肉。豚肉は全部で3種類です。

野菜盛り合わせ。カボチャやとうもろこしなど、しゃぶしゃぶに入れるっけ?という野菜が入っているのがタイ風です。

そして寿司。サーモン中心なのはやっぱりタイ人受けを狙ってかな。

寿司以外に白飯とガーリックチャーハンもあります。

例え寿司が食べ放題でも、しゃぶしゃぶや焼肉食べ放題で白飯を頼むのが、僕のポリシーです。←ポリシーってほどのものでもない

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味い!

まず大前提として、いつもこのブログでも書いてますが、食べ放題というのは値段を気にせずお腹いっぱい食べるということにお金を払っているので、肉の質についてどうこう言うのは野暮だと思っております。

こちらのお店もこの値段でこんな良い品質を!?という驚きや感動はありませんが、食べ放題ということでOKではないかと。

ちなみに牛肉よりも豚肉の方が美味しかったかな。

それと寿司についても同様です。寿司の食べ放題だったらちょっと寂しいラインナップですが、しゃぶしゃぶメインでついでに寿司も食べられるという考えだったら許容範囲かなと。

それよりも、しゃぶしゃぶでいえば僕はポン酢よりもゴマダレ派なので、ゴマダレがなかったことが残念だなって思うくらい。
まあタイスキのタレも好きなんですけどね。

あと、ソフトドリンクが炭酸系しかないのもちょっと残念。僕はともかく妻は炭酸系の飲み物が好きではなかったので、余計にそう思ってしまいました。お水かお茶系があると嬉しいなあ。

妻も僕もとにかくお腹が空いていたので、ひたすら食べることに集中し、気が付けば2人満腹になるまで食べてました。

お会計は税・サービス料がそれぞれ加算され、1,410バーツでした。

最後に・・・。

めちゃくちゃ満足度が高いってわけでもなく、かといって大きな不満があるわけでもなく、平均的な食べ放題のお店といったところです。

しゃぶしゃぶも寿司も(ただしサーモン系)食べたいという人だったら、それなりに満足するんじゃないかな。

料理のラインナップなんかを見ると、タイ人に受けるタイプのお店なのかもしれません。

個人的にはもししゃぶしゃぶまたはすき焼きが食べたい!という気分だったら、同じ料金帯であればモーパラとか秋吉を選ぶかなあ。

ただ、今回僕達が食べたコース以外に、899バーツ++というコースもあるようで、後で調べたらそちらは確かに魅力的っぽいなあと思いました。

ですので、もし次に行く機会があったら、そちらを試してみたいと思います。

こちらのお店、今回紹介した場所以外に、サイアムスクエアワンやセントラルワールド、エカマイなどにも支店があるようなので、気になる方はどうぞ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:一乐福 Happy Restaurant(ハッピーレストラン)
場所:PG95+J9G, Charoen Nakhon 15/1 Alley, Khlong Ton Sai, Khlong San, Bangkok 10600
電話番号:092-051-3600
営業時間:11:00-22:00
定休日:なし
URL:
Facebook:https://www.facebook.com/ShizenShabu/

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です