人気記事:今年も作りました!タイ・リーグ観戦ガイド2019

ドンムアン空港から【SPリムジン】を利用してみた!【PR記事】

どうも、きーきあっです。

日本からバンコクに到着した際に心配なのは、やはり空港からのアクセス。
特に初めてタイを訪れるなんて人には、どうやってホテルまでたどり着けば・・・なんて不安になる人もいるのでは?

幸いタイはタクシー料金が日本と比べ安く利用しやすいですが、行き先をうまく伝えられないとか、ぼったくられたらどうしようなんて不安も付きまといます。

そんな中で安心なのは、空港からホテルまで送迎してくれるサービスです!
タイでも送迎サービスをおこなっている業者が数社あります。

今回、そんな送迎サービスを利用してみませんかというオファーをいただき、ちょうど僕も旅行する機会があったので、その時に使わせていただくこととなりました。

という訳で今回紹介するのは、

【SPリムジン】

です!

分かってはいたことなんですけれども、やっぱり快適でした!

【SPリムジン】のサービスについて

まずは簡単に【SPリムジン】のサービスについて紹介します。

【SPリムジン】は送迎サービスの会社だというのはまあ当然として、空港からの行き先もバンコク市内のホテルだけでなく、パタヤやホアヒン、カンチャナブリなどバンコク周辺の観光地などを選ぶことができます。
また、5時間や10時間など時間単位で利用することも可能です。

次に送迎で利用する車ですが、全部で4種類から選ぶことができます。
車種は以下の通りです。

1.VIP

車種:メルセデスベンツ(Eクラス)
最大利用可能人数・・・3名 スーツケース・・・最大3個
車種:トヨタ アルファード
最大利用可能人数・・・4名 スーツケース・・・最大4個

2.VIPバン

車種:ヒュンダイ H1
最大利用可能人数・・・4名 スーツケース・・・最大4個

3.セダン

車種:トヨタ カムリ
最大利用可能人数・・・3名 スーツケース・・・最大3個
車種:日産 ティアナ
最大利用可能人数・・・3名 スーツケース・・・最大3個

4.バン

車種:トヨタ コミューター
最大利用可能人数・・・8名 スーツケース・・・最大8個

詳細はリンクを貼っておきますので、SPリムジンのWebサイトをご確認ください。

https://www.splimousine.com/vehicles/

また気になる値段ですが、こちらの表をご覧ください。(SPリムジンHPより引用)

セダンタイプだったら、スワンナプーム空港からバンコク市内は1,100バーツ(約3,850円)、ドンムアン空港からバンコク市内は1,400バーツ(約4,900円)です。

ちなみに空港からメータータクシーを利用した場合は、スワンナプーム空港からだとだいたい400バーツ(約1,400円)、ドンムアン空港からだとだいたい300バーツ(約1,050円)くらいだと思いますが、別途高速代や空港からの利用手数料50バーツがかかります。

それでも通常のタクシーの方が安いですが、行き先を告げたり高速道路を使うかどうか聞かれて戸惑ってしまったり、なによりぼったくられたりきちんと目的地まで連れて行ってもらえるかと心配になったりもします。
それに渋滞に巻き込まれると、メーターがどんどん上がって不安になったりすることも。

その点SPリムジンは、行き先がバンコク市内であれば高速代や利用手数料も料金に含まれていますし、事前に目的地も伝えているので安心です。

これは実際に利用した時にも感じた事でした。

また上記以外にも行き先がありますし、スワンナプーム空港やドンムアン空港以外にプーケット空港からの送迎サービスもありますので、詳細はこちらのリンクで確認してみてください。

https://www.splimousine.com/pricing-rate/

SPリムジンの利用方法

SPリムジンを利用するためには、SPリムジンのHPから予約が便利!

しかもHPから予約をすると料金が10%オフになりますので、インターネット予約がおすすめです。
予約フォームは英語表記のみですが、希望する車種や到着日、利用する便名、そして利用する場所(空港名)や行き先などの項目なので簡単です。

支払いは現金かクレジットカード、ペイパルの3種類。現金の場合のみ利用当日に支払いとなります。
予約が完了すると入力したメールアドレス宛に完了メールが届くので、利用時にそのメールを提示すればOKです。

予約フォームのリンクも貼っておきますね。

https://www.splimousine.com/booking/form/

実際に利用してみた!

という訳で、実際に利用してみました!

5月某日ジョホールバルからドンムアン空港に到着。
国際線到着口を出て右側、3番出口方面へと向かいます。

そうするとホテルなどの送迎が待機しているエリアがあるので、自分の名前が書かれた紙を持っているスタッフを探しましょう。

無事スタッフと会うことができ、車が待機している2番出口まで一緒に移動しました。

今回利用したのはこちらのセダンタイプ。トランクを開けてくれたのですが、ジョホールバルまで1泊のみの旅行だったため僕の荷物は大きめのリュックのみ。

せっかく開けてくれたのに利用せず。

そしてそのまま車に乗り込み、目的地である自宅まで出発。
行き先はもちろん、道順や高速を利用するかどうかなんて聞かれることもありません。
これはとても嬉しい!

というのも、空港からタクシーで自宅へ帰る時に、高速を利用するかどうかはもちろん、どこで降りたらいいかとか道順を教えろとかタクシーの運転手さんに聞かれることがよくあるんですよね。

旅行で疲れていたりするとそのやり取りが面倒だったり、また説明しても理解してくれなかったり(僕のタイ語力にも問題がありますけど)して、モヤっとすることがあるんですよね。

でも乗ってから自宅に到着するまでの間にそんなやり取りは全くなく、そして高速の出口や高速を降りた後の道順も完璧でした。

あとついでに言うと、到着が平日の夕方だったので思いっきり渋滞にハマったのですが、メータータクシーじゃないので渋滞でメーターがどんどん上がるという不安もないし、タイのタクシーにありがちな渋滞にハマったときに運転手さんが舌打ちするなんてことももちろんありませんでした。

という事でとっても快適に自宅へ到着。思わずチップを渡してしまいました。

まとめ

という事で実際に利用してみた感想としては、

めっちゃ快適!

この一言につきます。
体験取材だからということに関係なく、大満足でした。

もう1度おすすめポイントをまとめますと、

  • 予約制なのでタクシーを待つ行列に並ばなくて済む←これもポイント高い!
  • 行き先を予め告げているので、目的地までスムーズに着く
  • 料金も定額なので安心
  • 運転も丁寧、運転手さんも感じがいい

といったところでしょうか。

唯一のネックは通常のタクシーよりも値段が高いという事ですが、それはもう安全や快適をお金で買ったと思えば。

タクシーを待つのに並んだり、行き先を伝えても理解してもらえずイライラしたり、メーターを使ってもらえなかったりまたメーターがガンガン上がるような悪徳タクシーだったり、そんなトラブルを避けたい人は迷わず使った方がよいと思います。

タイ語が話せたり土地勘があったりするタイ在住者やリピーターはともかくとして、初めてタイを訪れる方や上記のトラブルが心配だという方は、まずは保険としてSPリムジンを利用してみるのも手だと思いますよ。

もう1度SPリムジンのHPのリンクを貼っておきますので、気になる方はこちらからどうぞ。

https://www.splimousine.com/

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です