注目記事:これを読んだらタイリーグを観に行きたくなる!タイリーグ観戦ガイド2022-2023(いざ!観戦編)

チャオプラヤー川沿いのタイレストラン【Steve Cafe & Cuisine】は今も変わらず人気だった!

どうも、きーきあっです。

今回紹介するのは、

【Steve Cafe & Cuisine】

です!

こちらのお店、以前訪れたことがありブログにも書いてます。その時の記事はこちら。

バンコクに住んでから、川沿いとか砂浜の上にテーブルを出すとか、ルーフトップとかいうレストランにすっかり慣れてしまったけど、どれも日本にいたらなかなか行くことができない貴重な体験なんですよね。どうも、きーきあっです。それと屋台で食べる、屋外で食べる...

その記事を読み返してみると、訪れたのは何と6年前。

当時結婚前の彼女(もちろん今の妻)が連れてきてくれたのでした。しかも訪れた時期も同じく7月末。

その後に1回くらい訪れたような気もするけど違うお店だった気もするので、とにかく久しぶり。

そして6年ぶりの今回は妻と妻の家族と一緒に訪れたのでした。

ということでさっそく紹介しちゃいます!

【Steve Cafe & Cuisine】への行き方

場所はというとテーウェー、シーアユタヤー通りから奥に入ったところにあります。
と簡単に書きましたが、お店はかなり行きづらいところにあります。

お寺の敷地内に入って、その先の細い路地を入って更に進むという、一見さんはたどり着くのが困難じゃないかって場所です。

こちらがそのお寺。

そしてチャオプラヤー川方向のこちらの路地を進んでいきます。

そうすると左手にこのような看板が見えてきます。ここまで来たらもう勝ったも同然。

この細い道の奥にお店はあります。

こちらが店の入口です。お疲れさまでした。

地図も載せておきますね。

注文しよう!

こちら店内の様子。お店は思ったよりも広く、席も多いのですがそれでもお客さんでいっぱい。

外側の席はこのようにラマ8世橋がきれいに見えます。これが夜になったらもっときれいですよ。

僕達はエアコンの効いている屋内の席を予約したので建物の中に入っていきます。

こちらが屋内の席。エアコンが効いて涼しいです。

メニューはこちらのQRコードをスキャンして見るようになっていました。

ただ、妻の家族と一緒に食事をする時は僕はいっさい注文には関知しません。
もう頼んだものを食べるのみです。

って書くと何か発言権がないように思えますが、違います。違わないかも。

でもタイ人がこういう時に何を頼むのかが楽しみなんですよね。日本人だったら注文しないというか知らないような料理を頼んだりするし。

というわけで、ここからは妻の家族が思い思いに注文した料理をご覧ください。

まずはこちら。ミヤンカムですね。ナッツや干し海老、野菜などをバイチャプルーの葉の上に載せ、くるんで食べるスナックです。

続いてはこちら。海老のすり身を春巻きの皮で巻いて揚げたもの。
甥っ子&姪っ子のために注文した料理でした。

ソフトシェルクラブを揚げたやつ。

これは何だったかな。何かのヤムです。

こちらはナマズの身を揚げレッドカレー味で炒めたものです。

こちらはプラーガポン(スズキ)を揚げたもの。大勢で食事をする時の定番料理といっても過言ではない一品です。

こちらの酸っぱ辛いタレをかけて食べます。

こちらはニンニク、サトーという独特の風味を持つ豆、そしてチャオムというハーブが入った炒め物。
料理名も「3種類の臭い具材の炒め物」みたいな感じです。

こちらはレタスのナンプラー炒め。定番料理ですが、この店はキャベツじゃなくレタスなのね。

豚バラを揚げただけのシンプルな料理。

イカのすり身の肉団子。

こちらはバイリアンというハーブと海老が入ったココナッツミルクスープです。
バイリアンに隠れていますが、大きな海老が2尾入ってました。

食べてみよう!

それでは食べてみましょう。お味のほどは・・・

美味ーーい!

どれも美味しいんですけど、1つだけ、レタスのナンプラー炒めだけは正直イマイチでした。
ナンプラーの香りがほとんどせず、最初間違えて普通のレタス炒めを頼んだのかと思ってしまったほど。

これは僕だけじゃなく、妻の家族もアレって言っていたので間違いなくちょっとアレな感じでしたね。

それ以外の料理はどれも美味しかったです。ただ、前回食べた時にはめちゃくちゃ感動した記憶があるんですよ。
でも今回は美味しいなあとは思いますが、そこまで大絶賛というところまではいかなかったです。

きっとこの6年の間に色々美味しいタイ料理を食べてハードルが上がってしまったのではないかと。
もしくは付き合ってそれほど経ってない彼女と一緒で舞い上がっていたのかも。

そんな事を思いながらも、ここまでの料理を完食です。

お会計はペットボトルの水やボウルに入ったご飯などの料金と、税7%が加算され3,023バーツ(約10,581円)でした。

大人6人と子供2人での値段なので、そんなに高くないんじゃないかと。

最後に・・・。

大絶賛とまではいかないまでも、でもどの料理も美味しかったのは間違いないです。

外国人でも食べやすい味という気もしますが、でもタイ人が食べても美味しいと思う味なのは、このお店の人気っぷりで分かります。

それに加えてチャオプラヤー川沿いでしかもラマ8世橋がすぐ近くに見えるというロケーションですから、そりゃあお客さんが大勢訪れるのも納得です。

というわけで、日本から来た友人や家族、またはタイに住んでそれほど経ってない人を連れて行くと間違いなく喜びます。

週末、特に夜はお客さんでいっぱいになること間違いなしなので、予約するのがベターです。

ということでぜひ!

以上、きーきあっがお伝えしました。
それではまたまた!

【店舗情報】
店名:Steve Cafe & Cuisine
場所:68, ซอยศรีอยุธยา 21 Thanon Si Ayutthaya, Wachira Phayaban, Dusit District, Bangkok 10300
電話番号:02-281-0915
営業時間:10:00-22:00
定休日:なし
URL:http://stevecafeandcuisine.com/dhevet/index.html
Facebook:

<広告>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です